読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
『「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則』
イチオシ本

このままじゃ終われないあなたへ、未来のあなたを変える、根性不要の三日坊主防止テクを贈ります。

ポイント
  1. チェック 習慣が続かないのは、あなたのせいではない
  2. チェック 大切なのは意志より“逆転”の発想
  3. チェック 根拠のあるやり方なら、楽に続く

『「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則』

立ち読みする

習慣が続かないのは、あなたのせいではない

ダイエット、勉強、英会話、トレーニング……いつも三日坊主に終わるのは、<あなたの意志が弱いからではない(中略)やり方が間違いだったのです>。医学博士である著者は、断言しています。

 

だからこの本には「ガマンして3週間続ければ、習慣になる」なんて根性論はありません。書かれているのは、あなたの「やり方」を正しく変えるための“逆転”発想です。

大切なのは意志より“逆転”の発想

何が“逆転”かというと、例えば、早起きが苦手な著者は、「早く起きる」ことではなく、「早く寝る」発想に切り替えたら、すぐに早起きできたそうです。

 

「は? そんなの当たり前じゃん!」と激しく突っ込みたくなりますが、これだけで「読む価値ないんじゃね?」的な判断を下すのはもったいない!

 

著者が早起きに成功したのは、医学博士としてのアタマを使い、世間の常識にとらわれない発想で、実効性のあるやり方を見つけたからなのです。

根拠のあるやり方なら、楽に続く

具体的なやり方の詳細は本で読んでいただくとして、ダイエットは1日3食の常識をくつがえして「お腹が空いたら食べていい」と言い、勉強やトレーニングは「時間をかけなくていい」と言います。

 

単なるへそ曲がりではありません。それぞれにはちゃんとした理由があり、そこから導き出されたやり方は超具体的で、すぐできるものばかりです。

 

「今度こそダイエットするぞ!」「資格を取るぞ!」「貯金するぞ!」など、習慣で身につけたいことはなんでもOK。未来の自分を変えたいあなたへ、力強くおすすめします。
立ち読みする

著者:森田敏宏(もりた・としひろ)プロフィール

東京大学医学部卒 医学博士。

 

「地道な努力と独自の工夫」を継続して、地方の新設校から初めて最難関の東京大学理科三類に合格。東大病院では2008年まで心臓カテーテル手術のチーフを務め、年間50例程度だった手術件数を、やはり「地道な努力と独自の工夫」を継続して、年間600例に、10年間で10倍以上に増やす。

 

また次世代リハビリとして加圧トレーニングを東大に導入。「加圧ブーム」の影の仕掛け人でもある。現在は加圧トレーニングによる脳の活性化を研究中。

 

30代前半までは、ストレス、肥満、寝不足、関節痛などに苦しんでいたが、「逆転の発想」を取り入れることでことごとく克服。ダイエット、早起き、マラソン、語学学習など「良い習慣」を次々と獲得し、継続している。

 

現在は、東大病院特任研究員と加圧国際大学教授を兼任し、「健康を目指すのに遅すぎることはない」をモットーに、多くのクライアントや患者さんの習慣改善に取り組んでいる。

 

主な著書に、『東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。

 

※プロフィールは本書出版時のものです。

これもおすすめ!

こちらの特集もおすすめです