読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
これならまねできる!「できる人」の仕事術
ビジネス
特集

これならまねできる!「できる人」の仕事術

凡人には凡人の戦い方がある!ダメ社員でも仕事ができるようになる方法を徹底解説。

 

まねるだけで、職場での評価が上がる「できる人に共通する成功ノウハウ」がわかります。

まねるだけで、できる人になれる10の心がけ

仕事のデキは、頭のデキと関係ない

仕事ができる・できないは、頭の良し悪しとは関係ありません。関係するのは「効率」です。

 

なぜなら、すべての仕事は(ルーティンワークであれ、クリエイティブワークであれ)、今まで経験した仕事のやり方を適用・応用してこなすものだからです。

 

では、できる人はどんなことをして仕事の効率を高めているのでしょうか?

 

できる人は「心がけ」が違う

例えば、困難な仕事を頼まれた場合。できない人は「不可能に決まっている」と、最初からあきらめモードに入ります。これでは、うまくいくわけがありません。

 

できる人は「どんなことがあってもやり抜く」と覚悟を決めて、執念でやり抜きます。ときには常識すらもくつがえします。まるでアレキサンダー大王が、解けない縄の結び目を剣で切って解いてしまったかのように。

 

また、できる人は「いかに楽をするか」を考えて仕事に取り組みます。これは手を抜くという意味ではなく、要領よく仕事をこなすという意味です。効率とは、言い換えれば、同じ結果を得るのにどれだけ楽をできるかということだからです。

 

できる人は、複雑なテクニックを駆使しているわけではなく、「心がけ」が違うだけなのです。

 

失敗したらどうするか

できる人も人間です。だから失敗することもあります。しかし失敗したときでも、できない人とは心がけが違います。

 

できない人は、失敗から立ち直れなかったり、ときに居直ったりしがちですが、できる人はどうするかというと……知りたい方は、ぜひ本記事でチェックしてください。

 

この記事には、誰でも簡単にまねできる「できる人の10の心がけ」が紹介されています。

立ち読みする

実はできる人もまねている!でも猿まねはしない

できる人は、まねながら理解する

実は、できる人も先輩のまねをしています。誰かに教わらなくても、注意深く観察し、仕事のやり方をまねるのです。しかし、猿まねとは違います。

 

できる人は単に仕事のやり方をまねるのではなく、まねながら行為の意味を考えます。「なぜこうするのか」「なぜこうなるのか」というように。

 

自分の行動と結果の因果関係を理解することで、もっといい方法を見つけ出せるようになります。

 

できる人は、反省する

できる人は、まねてうまくいかなかった点を反省します。振り返ってよく考えることで、仕事を改善していくのです。

 

さらに、まねから新しいものも生み出します。その方法は…ぜひ本記事で。

 

ワンランク上のできる人の成功法則が、手に取るようにわかります。

立ち読みする

間違ったら努力がムダに!?会社が求めるスキルと年齢

求められるスキルは、年齢によって違う

会社には、さまざまな年齢の社員がいます。

 

会社はそれぞれの社員に、年齢に応じた役割をこなすスキルを求めています。これを履き違えると、いくら仕事をしても、まったく評価されないという事態になりかねません。

 

20代は行動力

20代に求められるのは行動力です。右も左もわからないけれど、とにかく何でもやってみる。振られた仕事は絶対に断らない。

 

やり方がわからなければ、先輩に聞けばOK。30代、40代になって「わからないので、教えてください」なんて言っていたら、呆れられます。

 

がむしゃらに行動しながら経験を積む。これは若いときにしかできないこと。特権です。

 

年齢によって「できて当たり前」のことは全く違う

30代は、若いときの経験と努力で培った力を発揮させるとき。だから、30代は会社で一番利益を稼ぐ人材でなければなりません。転職組も同じです。もし結果を残せない場合は…。

 

この記事には厳しいことも書いてありますが、20代、30代、40代で、会社が考える「できて当たり前」のことは違います。

 

ダメ社員で終わるか、戦力として生き残るか。知らずに道を間違わないように、ぜひチェックしてください。

立ち読みする

これもおすすめ!

こちらの特集もおすすめです