読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
将来、安心して暮らせるお金の額は?
お金をためる
特集

将来、安心して暮らせるお金の額は?

老後破産、下流老人、老後は3000万円必要など、メディアにあふれる不安情報に踊らされていませんか?

 

ライフスタイルが違えば、生活に必要な資金も異なります。そこで犬耳書店では、「結局、将来いくらお金が必要なのか」がわかる記事を集めてみました。

 

闇雲に節約・貯蓄に走ってココロ貧乏になる前に、ぜひチェックしてください。

1.「老後は3000万円必要」説はナンセンス!

3000万円派を信じる方も、1500万円派で安心している方にも、こういうことを考えるときには重要な前提条件があります。

 

「物価が予想通りで安定していなくては」将来必要な金額を……
もっと立ち読みする

本の紹介

著者:佐藤治彦

発行:扶桑社

老後破産の不安を解消!人生を楽しみながらお金を貯める秘訣!お金との正しい付き合い方を斬新に提言。

2.結婚と人生に必要なお金はいくら?(カップル向け)

独身であれば趣味でも恋愛でも自己啓発活動でも、何に費やそうが基本的にその人の自由です。

 

ところが、結婚をするとそうもいきません。

 

2人で住む家、生活用品といった身近なことから、子どもだったり生命保険だったり、将来のための貯金や投資も考えるでしょう。別々に使われていた2人のお金をまとめて考えないと……
もっと立ち読みする

本の紹介

著者:野瀬大樹・野瀬裕子

発行:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

結婚するとお金の使い方が変わります。公認会計士夫婦が実際に試してきた情報を厳選。本当に信頼できるお金の使い方を紹介。

3.老後にかかる費用をシミュレーション(おひとり様向け)

シングルライフを謳歌している独身者も、老後の暮らしには不安を覚えるだろう。

 

「おひとり様」の老後生活にはいくら必要か。まずは単身高齢者の実態を見てみよう……
もっと立ち読みする

本の紹介

著者:週刊東洋経済編集部

発行:東洋経済新報社

おひとり様が老後を迎えたらどうなるのか、どう備えたらいいのか。おひとり様の将来プランについて考える!

まとめ & これもおすすめ!

老後のために現役生活をガマンする……なんてばかばかしい!若いときも老後も人生を楽しむために、「何となく不安病」を解消して、お金との付き合い方を変えましょう。

 

とはいえ、将来に備えることは必要です。ムダな苦労をしないために、カップルは人生を左右する3大支出「家・教育費・老後」に必要なお金をざっくり把握しましょう。いくら足りないかがわかれば、必要にして十分な対策を立てられます。

 

シングルライフを謳歌している独身者は、おひとり様の老後マネープランを考えましょう。『「おひとり様」で生きていく 週刊東洋経済eビジネス新書No.58』なら、自分に必要な費用や収支を簡単にシミュレーションできます。(by編集部)

 

こちらの特集もおすすめです