読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
ジャンルから探す

加藤俊徳
かとうとしのり

「体を鍛えるように、脳を鍛え育てる医師」

<職業>

医師|医学博士|株式会社「脳の学校」代表|加藤プラチナクリニック院長|昭和大学客員教授

<生年月日>

<出身地>

新潟県

<自己紹介>

「体を鍛えるように、脳を鍛え育てる医師」 発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニングの提唱者。

14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。

1991年、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測法fNIRSを発見。

1992年、MRI脳白質活動画像法を発表し、ローターバー博士(2003年ノーベル医学生理学賞受賞者)に認められ、その後、脳個性の可視化に成功し「脳の枝ぶりMRI画像法」として実用化。胎児から超高齢者まで1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。

1995年から2001年まで米国ミネソタ大学MR研究センターでアルツハイマー病や脳画像の研究に従事。ADHDなど発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで、脳研究に従事。脳酸素交換波動方程式によるCOE計測法を開発。

2006年、株式会社「脳の学校」を創業し、ビジネス脳力診断SRI法や脳トレシステムを開発。

2013年、加藤プラチナクリニックを開設し、発達障害や認知症などの脳が成長する予防医療を実践。

2017年、脳トレロボアプリ「Pepperブレイン」として、脳番地トレーニングがロボットに搭載。

著書に35万部を越えるベストセラーベストセラー『脳の強化書』シリーズ(あさ出版)、『脳が知っている怒らないコツ』(かんき出版)、『めんどくさいがなくなる脳』(SB Creative)、『発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング』(秀和システム)、『見るだけで記憶力が上がる本』(宝島社)、など多数。

※このページは「脳の学校 https://www.nonogakko.com/ 」の情報を元に犬耳書店編集部が作成しました。

<これまでのキャリア>

♥ スタッフのおすすめ ♥

犬耳書店では、著者のプロフィールは読者に情報の信頼性をお伝えするために欠かせないと考えています。もし当ページの記載に誤りがある場合、または何か問題がございましたらご連絡ください。お問い合わせはこちらからお願いいたします。

<キーワード>

著書