読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
ジャンルから探す

山田朱織
やまだしゅおり

「医学から正しい睡眠姿勢を追究するマクラ・エバンジェリスト」

<職業>

16号整形外科院長|医学博士|整形外科医|株式会社山田朱織枕研究所 代表取締役社長|マクラ・エバンジェリスト

<生年月日>

<出身地>

<自己紹介>

「医学から正しい睡眠姿勢を追究するマクラ・エバンジェリスト」 1989年東京女子医大卒業。

2000年より昭和大学第1解剖にて嗅覚の脳高次機能のMRI研究。同大学位取得。

2002年より整形外科の診察として特殊外来「枕外来」の開設。

2003年医学博士取得。

東京女子医科大学病院整形外科教室、附属第2病院(現、東京女子医科大学東医療センター)、亀田総合病院(千葉県鴨川市)成瀬整形外科、(東京都町田市)を経て現職。

同2003年に睡眠姿勢の研究およびオーダーメイド枕の整形外科枕開発のため山田朱織枕研究所設立。その後2014年にはオーダーメイドベッドのMAKURAinBEDの販売を開始。同時に、大学工学部、医学部と共同研究し、頚椎疾患、姿勢異常(円背)、関節リウマチ、睡眠時無呼吸症候群など特殊疾患の睡眠姿勢、枕、睡眠の基礎・臨床研究を行ってきた。全国の整形外科医とは共同研究ネットワーク“睡眠姿勢研究会”を立ち上げて活動中。

著書に、『枕を変えると健康になる!』(あさ出版)など多数。

日本整形外科学会専門医/日本脊椎脊髄病学会会員/日本腰痛学会会員/東日本整形災害外科学会会員/日本睡眠学会会員/元昭和大学医学部第1解剖学兼任講師/元東京女子医科大学日暮里クリニック性差外来非常勤講師/元日本アロマセラピー学会理事

【研究経歴】
(1)股関節疾患のMRI画像診断を用いた定量的解析研究(H9-H11)
(2)摂食調節のニューロンネットワークに関する機能形態学的研究(H11-H15)
(3)Functional MRIを用いた, 匂い刺激に対するラット脳応答部位の研究(H12-H15)
(4)脊椎疾患に対する枕調節の臨床研究およびMRI画像診断研究(H15-H21)
(5)寝返り動作のモーションキャプチャによる最適枕高の解析研究(H21-H23)
(6)人の至適睡眠姿勢のX-P、MRIおよび動作解析(H23-26)

【主要論文、研究発表】
(1)山田朱織、古府照男、勝呂徹:頚椎病変を有する関節リウマチに対する睡眠中の枕調節法.東日本整形災害外科学会誌 18:460−465. 2006
(2)山田朱織、山口泰成、勝呂徹:円背者における枕の高さ調節による睡眠・頚椎症状改善の評価 東日本整形災害外科学会誌 18:466−471. 2006.
(3)山田朱織、勝呂徹:枕調節による肩こり治療.リウマチ科.38(1):64−70,2007.
(4)山田朱織、勝呂徹、星徹ほか“枕調節の意義を寝返りの4D解析から考える ―仮想体軸の可視化―”、第83回日本整形外科学会学術総会発表(2010.5.)
(5)石澤利晃、関口暁宣、山田朱織、星徹ほか、“枕高さ調整のための寝返り動作解析”、計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演(2010.12.)
(6)山田朱織,勝呂徹:枕調節による肩こり治療.リウマチ科.38(1):64−70,2007.
(7)山田朱織, 勝呂徹:肩こりと枕 Modern Physician Vol.30 No.2 2010-2
(8)山田朱織, 勝呂徹: 肩こり・痛みの予防治療のための寝具指導 実践肩こり・痛みの診かた治しかた 9:133-141,2008
(9)山田朱織 頸の姿勢異常と枕 脊椎脊髄21(21):1233-1240, 2008
(10)山田朱織 整形外科臨床における枕調節の意義 臨床整形外科 Vol.46 No.9,852-858,2011
(11)山田朱織,星徹:臥位姿勢における矢状面脊椎骨盤アライメント Journal of Spine Research Vol.5 No.6,944-950,2014

※このページは「山田朱織枕研究所 https://makura.co.jp/ 」の情報を元に犬耳書店編集部が作成しました。

<これまでのキャリア>

♥ スタッフのおすすめ ♥

犬耳書店では、著者のプロフィールは読者に情報の信頼性をお伝えするために欠かせないと考えています。もし当ページの記載に誤りがある場合、または何か問題がございましたらご連絡ください。お問い合わせはこちらからお願いいたします。

<キーワード>

著書