読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 愛・恋とは > 恋バナ > 男女でこんなに違う!盛り上がる恋バナの特徴

男女でこんなに違う!盛り上がる恋バナの特徴

男女でこんなに違う!盛り上がる恋バナの特徴

男女の仲を急接近させるための秘訣が恋バナです。恋愛観や過去の恋愛経験など、情報を交換しているうちにお互いの本音が垣間見えることもあります。気になっている異性とは、恋バナを通じて仲良くなりたいところです。 しかし、恋バナが上手く盛り上がらず、気まずい関係になってしまうパターンも少なくありません。これは、男子と女子で恋バナのときに盛り上がる内容が違うからです。そこで、男女別に恋バナの定番である内容をまとめてみました。

男子がしている恋バナはこんな内容

男性同士の恋バナの特徴として挙げられるのは、圧倒的に「お笑い」の要素が強いことです。際どいテーマや、過激な言葉が登場する恋バナも珍しくありません。普段は社会人として落ち着いて振舞っている男性も、仲間と恋バナを始めるときには中高生くらいの感覚に戻ってしまう傾向が見られます。全体的に、年齢よりも子どもっぽい話題が多くなるでしょう。

なかでも、男性が話したがるのがエッチなテーマです。「付き合っている女性とどんな行為をしている」「理想のプレイ内容」など、下ネタが次々と飛び出してみんなで大笑いするのが楽しいようです。特殊な性癖を告白した仲間がいれば、みんなの標的にされて笑いの種にされるなど、エッチな話であれば夜通し盛り上がれるグループも少なくありません。

また、合コンやデートなどの話題も大人気です。女性をもてなす立場を求められる男性からすれば、合コンの打ち合わせは大切な事前準備です。参加者同士で役割を確認するなど、会の成功のために余念がないでしょう。

ただし、こうしたエッチな話をする男性には「集団の中で真面目な話をしたくない」という心理も働いています。男性だけが集まると、自然に少年時代のような空気が生まれやすく、恋バナ以外でもくだらない内容で盛り上がってしまうものです。そんな「お笑い」のムードの中で、真面目な話をしづらいと感じる男性は多いでしょう。

そのため、人数が少なくなれば男性同士でも真面目な話が持ち上がることもあります。彼女への不満や好きな人の話、過去の恋愛で後悔している事件など、真剣な相談も出てきます。

もともと男性は、会話に「オチ」や「答え」を求めたがる人種です。真面目な恋バナが始まれば、相手の話に耳を傾けますし、話す側もしっかりと意見を吸収しようと心がけます。バカ話と真面目な話の落差が大きいのも、男性の恋バナの特徴といえるでしょう。

男女でこんなに違う!盛り上がる恋バナの特徴

女子がしている恋バナはこんな内容

女性の恋バナは、男性以上に社交的な意味合いが強まります。男性が「お笑い」感覚で恋バナを楽しんでいるとすれば、女性の恋バナは情報交換の場でもあります。そして、女性が男性の前では出さない本音も女性同士だからこそ飛び出すでしょう。

たとえば、彼氏との現状についてです。女性は男性以上に、パートナーへの不満を直接指摘しない傾向があります。そのため、女子会などで不満を告白することは、ガス抜きとしても重要な時間です。「彼氏が忙しくてかまってくれない」「彼氏からの連絡が少ない」などの不満ならかわいいもので、なかには彼氏が聞いたら卒倒してしまうような過激な不満が平然と話題に上っている状況もありえます。

彼氏との関係性もまた、女性の恋バナにおける重要なテーマです。結婚するつもりはあるか、相手に将来性を感じるかなどの話題が比較的冷静に交換されていく傾向があります。女性は男性のように無理やり「お笑い」の方向に恋バナを傾けようとせず、シビアな分析がなされる場面も少なくありません。女性は彼氏と涼しい顔で会っていても、裏では女友達の意見を聞きながら冷静に評価を下していきます。男性同士の恋バナよりも現実的な会話がなされているといえるでしょう。

女性の恋バナには、女友達の恋愛状況を知りたいという欲求も反映されます。仲間内での婚期が遅れないよう、細かい情報を知りたがるのもまた女性の特性です。とはいえ、女性も気楽な話題で盛り上がりたい願望はあります。「憧れの告白シチュエーション」や「理想の男性像」などの妄想も、女性の恋バナを彩る重大なテーマです。現実をフラットに見つめている女性だからこそ、妄想の世界にのめりこめるのでしょう。彼氏に的確な批判を送っている女性も「人気俳優やアイドル歌手と恋に落ちたら」といった、ありえないようなストーリーには興奮してしまいがちです。

男女いっしょに恋バナするときの注意点って?

男性と女性が同じ空間で恋バナをするなら、両者の違いを踏まえて話題を選ぶのがいいでしょう。

まず、NG項目でいうとエッチな話題です。同性同士でなら盛り上がりやすいテーマですが、急にエッチな話を始めると特に女性側が警戒心を強めてしまいます。結局、男性だけで盛り上がって女性が白けてしまう状況もありがちでしょう。一方で、女性特有のシビアな物言いも男性を傷つけてしまいがちです。仲良くなった異性に一対一で話すならともかく、集団のなかで恋愛観を否定される状況に男性は慣れていません。すぐには立ち直れず、会が嫌な雰囲気に包まれてしまうでしょう。おすすめの話題としては「現在」や「現実」から離れたテーマです。現在進行形で行われている恋愛や、現実の恋愛の話でなければ、少しくらいデリカシーのない発言が飛び出しても不愉快になる可能性は少ないからです。たとえば、過去の恋バナは非常に盛り上がりやすいテーマでしょう。過去のエピソードを通じて、気になる異性の恋愛観も理解できます。否定的なツッコミをぶつけても、すでに終わった恋であれば当人のダメージも大きくありません。気をつかわずにトークを楽しめます。

また「好きなタイプを芸能人に例えると?」や「結婚したい芸能人と遊びにしたい芸能人の違い」など、妄想をテーマにするのも有効です。知り合いが登場しないので、話に生々しさがなく、誰にも気兼ねせずに話せます。もしも芸能スキャンダルが好きな人がいれば、より会話は盛り上がるでしょう。その一方で、お互いの好みのタイプをきっちり聞き出せるメリットもあります。そのほか「付き合ったらどこでデートしたい?」「お金があれば恋人にどんな豪華なプレゼントを贈る?」などの「たら・れば」を持ち出すのも、誰も傷つけない話題でしょう。より突っ込んだ話を男女間でしたいなら、二人きりのデートでするのが賢明です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係