読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 告白 > 告白の場所 > どんな場所がいい?彼にOKと言わせる告白の仕方

どんな場所がいい?彼にOKと言わせる告白の仕方

どんな場所がいい?彼にOKと言わせる告白の仕方

恋の告白というと男性から女性にするものというイメージが強いですが、女性のほうからアタックするのももちろんOKです。しかも、一説には男性から女性に告白するよりも、その逆パターンのほうが成功率は高いといわれています。しかし、その確率をさらに高めるためには、なんといっても雰囲気のよい場所を選ぶことが大切です。そこで、女性から告白するのにふさわしい場所と避けたほうがよい場所について説明をしていきます。ぜひ参考にしてください。

成功確率をアップさせる告白の場所とは

まずは男女に関係なく、成功の確率が上昇しそうな場所を考えてみましょう。その場合、筆頭に挙がるのはやはり、美しい夜景が見える場所ではないでしょうか。かなりベタではありますが、雰囲気という点においてこれ勝るシチュエーションはなかなかありません。ふたりを包み込み、幻想的な雰囲気に彼の気分も昂ぶっているはずですから、それが最高潮に達したタイミングを見計らって告白をすれば成功確率もかなり高くなるはずです。

また、告白するのであれば人に見られる可能性があるオープンな場所よりも、ふたりだけになれる閉鎖空間のほうがよいでしょう。ふたりだけの空間が恋愛ムードを高め、告白するのにふさわしい雰囲気を作り上げてくれます。社会人なら、個室のあるレストランやバーなどが有力候補となります。一緒に食事をして相手も楽しい時間を過ごしているようであれば、その流れで告白するのがよいでしょう。

また、少し視点を変えて考えると、赤やオレンジが多く使われている場所を探して告白の舞台として利用するという手もあります。なぜなら、それらの色は興奮色であり、ロマンスをイメージする色でもあるため、そのなかにいる人は知らず知らずのあいだに気分が高揚していくからです。普段から色々な場所の色使いをチェックしておき、理想的な所があれば告白の場に使ってみるのもよいでしょう。

さらに、告白の舞台を選ぶには時間帯や季節も大切になってきます。時間帯に関しては、やはり夕方から夜にかけてのタイミングがベストでしょう。ロマンチックな雰囲気になりやすいというのもありますが、人は睡眠の時間に近づくとぼんやりとして判断力が鈍くなるものです。そこで雰囲気を高められれば、考える前にムードに流されてOKをもらいやすいというわけです。一方、告白に適した季節はずばり秋です。人間には他の動物と違ってはっきりとした発情期はありませんが、ホルモンの働きが活発な季節とそうでない季節は存在します。そして、恋愛系のホルモンが最も活性化するのが秋だといわれています。したがって、少しでも成功確率を上げたいのであれば、秋の夜にムードのある場所で告白をするのがベストということになります。

どんな場所がいい?彼にOKと言わせる告白の仕方

女子から告白するときにおすすめの場所

次に、女性が告白するのにふさわしい場所について検討していきます。ただ、そうは言っても、基本的には男女どちらが告白するにしても理想の場所が大きく変わるわけではありません。実際のところ、男性は女性以上にロマンチックなシチュエーションに憧れているものなので、女性側から見ていいなと思う場所であれば大外れすることはないでしょう。しかし、あえて女性の強みを生かしたいのであれば、いくつかのパターンが考えられます。

たとえば、彼が電車通勤であれば最寄りの駅で待ち伏せをして想いを告げるなどというのはどうでしょうか。男性がすれば完全なストーカーですが、女性が行うことでロマンチックな告白へと変換することが可能です。少々人を選ぶ告白方法ではありますが、そういうシチュエーションに憧れている男子が相手の場合、破壊力は抜群です。

もう少しオーソドックスな方法がよいというのであれば、恋愛映画に誘って、映画を観終わったあとに告白という手もあります。映画を観た直後は男性も主人公に感情移入している状態なので、そのタイミングで告白すると雰囲気につられてイエスと答える可能性も高くなります。前もって、彼の好みの映画を調べ、感情移入しやすい作品をチョイスするとさらに効果的です。

また、デートをして食事のあとに告白というのもシンプルですが、女性にとって成功率の高い方法だと言えます。彼は美味しいものを食べて幸せな気分になっているので、それが消えないうちに告白をしてしまえば、あっさりとOKがもらえる可能性も高いというわけです。

ほかには、遊園地にデートに行って観覧車のなかで告白というのも有力な手段です。観覧車のなかは完全な密室状態であり、途中で逃げ出すことができません。そのため、断りづらくてノーとはなかなか言えないものです。少々卑怯な気はしますが、どうしてもOKをもらいたい場合は試してみてはいかがでしょうか。

最後に、ふたりの関係がかなり親密になっている場合は、彼の部屋で告白するのもありです。人目が気にならないのでじっくり話を聞いてもらえますし、彼のほうも慎重に考えてから答えを出せます。それに、もし断った場合、彼女が泣きながら部屋から飛び出していくというシチュエーションもありうるわけです。それが頭を横切るとストレートには断りづらく、言葉を選んでくれる可能性が高いというのもひそかなおすすめポイントです。

告白場所にNGな要素って?

おすすめの告白場所がある一方で、これは避けたほうがよいという場所やシチュエーションもあります。たとえば、直接顔を合わせず、LINEで告白するパターンです。アガリ症の人なら緊張しなくてよいと思うかもしれませんが、相手からは本気だと思われず、冗談として受け取られてしまう可能性があります。そう考えると、最低でも声の調子で真剣度のわかる電話で告白するか、できれば直接会って想いを告げたいところです。

また、外で告白する場合は居酒屋のような人の多い場所はNGです。大声で話さないと会話ができないというのでは告白どころではありません。一方、耳が痛くなるような静寂のなかで告白というのも考えものです。自分の声が周囲に響き渡るので、ふたりの他に誰もいないとしても緊張度はMAXになってしまい、伝えたいことが十分に言えなくなってしまう可能性があります。

最後に、おすすめの場所にも挙げた観覧車ですが、きっぱりと断られた場合は自分も気まずい空気に耐えなければならないので、それは嫌だというのであれば避けたほうが無難でしょう。

いずれにしても、場所やシチュエーションは告白の成否を左右しかねない重要な要素です。自分の場合はどれを選択するのが正解かをじっくりと考え、恋が実るように努力していきましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係