読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 告白 > 女から告白 > 失敗したくない!女性から告白するときの注意点

失敗したくない!女性から告白するときの注意点

失敗したくない!女性から告白するときの注意点

好きな相手に告白するのは大変に勇気がいることです。しかし、草食系男子に代表されるような積極性に欠ける男性も多いため、女性側から告白するタイミングも少なくないでしょう。男性は女性から告白されたらどう思うのか、またどんなセリフで告白されたいのか。このあたりのことを知っておくと、告白の成功率が上がりそうですよね。女性から告白する際の注意点についても解説しますので、なかなか自分から告白できなくて悩んでいる女性は参考にしてみてください。

男性はどう思う?女性からの告白

女性からの告白について男性が考えることはさまざまです。女性側から積極的にアプローチするかどうかは、相手の性格を見極めてからのほうが良いでしょう。引っ込み思案でおとなしい草食系男子であれば、こちらから動くのは悪くない選択です。その手の男性は自分から女性にアプローチするのが苦手なため、女性からの告白を歓迎する傾向にあります。あなたに対して特別に好意を持っていなかったとしても、告白を機に意識しはじめる可能性は十分にあります。このようなタイプが相手なら、女性からアクションを起こしていきましょう。男性のなかには、自分の好みであれば、いきなりの告白でもあっさり付き合う人もいます。容姿に自信がある女性であれば、こういうタイプの男性と付き合うのは難しくないかもしれませんが、恋愛は外見がすべてではありません。外見だけを判断基準に告白をOKする人は、恋愛経験が乏しい場合があるので、もう少し大人な男性を探したほうが良いかもしれませんね。女性からの告白をあまり歓迎しない男性もなかにはいます。自分からガンガンアプローチをかけたい肉食系男子や「おしとやかな女性」が好きな男性は、女性側からアグレッシブに来られるのは若干苦手でしょう。このようなタイプを好きになってしまったら、自分から告白するのではなく、まずは仲良くなることを目指すのが無難です。相手に告白させるように仕向けてみましょう。一般的には、女性からの告白を受けて不快感を覚える男性は非常に少ないはずです。告白しても上手くいかないときもありますが、男性は告白してきた相手を無下に断るのが苦手です。告白を機に、あなたのことを真剣に考えるきっかけにはなるでしょう。女性から告白なんて変かなと思う必要は全くありません。女性から告白しないと実らない恋もなかにはあります。

失敗したくない!女性から告白するときの注意点

女性からの告白はこんなセリフが効果的

女性から男性に告白するときに、どのような言葉を用いるのが良いのでしょうか。シンプルに「好きです!」と直球勝負するのも良いですが、ここでは男心をくすぐる告白方法を検討してみましょう。

・「あなたとずっと一緒にいれたらいいな」

このセリフは相手があまりに鈍感な場合、告白と気づかれない危険性がありますが、だいたいの男性ならすぐに気がついてくれるでしょう。ストレートな言葉ではないので、相手は一瞬「え?」と思うかもしれませんが、それが告白の言葉だと気が付いたとき、驚きと喜びを感じることでしょう。ちょっと一歩引いた奥ゆかしさも、男心をキュンとさせる要素です。相手の反応がいまいちの場合は、うやむやにすることもできるので、なかなか勇気がでない女性にもおすすめのセリフです。

・「好きになっちゃった、ごめんね」

このセリフは言い方によってニュアンスが異なってくるでしょう。深刻な感じで言った場合は、とても真剣な告白となります。今まで自分のことでずっと悩んでくれていたのかなと男性側は考えてくれるでしょう。逆にかわいく笑顔で言った場合は、小悪魔的な告白となります。甘え上手な女性であれば、こちらの方向性で使うのが効果的かもしれません。年上や年齢がそう遠くない男性に使うとより良いでしょう。自分のキャラクターはどちらに適しているか、また相手の男性はどのような性格かを考慮してどちらのニュアンスにするか決めるのがおすすめです。

・「バカ!なんで好きってわからないのよ!」

俗にいうツンデレな告白方法です。いつもは普通にしている女性がこのセリフを言ってしまうと、高飛車で自分勝手な女性だったのかと思われてしまうので注意してください。逆にそのギャップが有効な場合もありえますが、そのリスクは大きいでしょう。このセリフで告白するなら、可能な限り普段からツンツンするようにしておくのがおすすめです。告白のときはできるだけ恥ずかしそうに、語尾は小さめになるように心がけてください。堂々と大声で言い切ってしまうと、ただ怒鳴っているだけに聞こえてしまいかねません。ハイレベルなテクニックを要する告白方法ですが、このようなタイプが好きな男性は多いと考えてください。

ここに注意!女性から告白するときのポイント

告白する前には男性側に対してしっかりと前ふりをしておきましょう。できれば友達以上恋人未満の関係は築いておきたいところです。相手が全く意識していない状態で告白をしてしまうと、驚きのあまり正常に反応できないこともありえます。また、残念ながら告白に失敗したとしても、大きく取り乱さないように心の準備はしておくべきでしょう。振られたからといって急に態度を変えて冷たくなったりすると、あなたのイメージが悪くなってしまうかもしれません。告白に失敗してつらいとしても、それでも可能な限り普通に接するようにするのが大人の女性ではないでしょうか。

告白には勇気を要するのでお酒の力を借りるのも一つの方法です。お酒を飲むことで、気が大きくなり大胆になれることもあるでしょう。相手も酔っぱらった勢いで告白にOKしてくれることもあります。しかし、飲みの場のことなので、すべてを鵜呑みにすることはできません。また、飲み過ぎて醜態をさらしてしまえば「だらしない女性だな」と思われ、その瞬間に恋が終了してしまうリスクもあるでしょう。

また、注意したいのが告白する場所。できるだけ二人きりの場所を選ぶようにしてください。会社のオフィスで告白すると、仕事とプライベートを分けられない女性だと思われる可能性があるので避けたほうが良いでしょう。告白する際に色々と悩み過ぎて行動ができなくなってしまう人もいるかもしれません。そんなときは、小細工なしで「好きなので付き合ってくれませんか」と言ってしまうのもOKでしょう。婉曲な表現で告白しても通用しない男性もいます。シンプルな言葉こそが男性のハートを射止めるのに効果的だと言えるでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係