読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 彼氏 > 彼氏が好き > 彼氏への依存をやめたい…今日からできる対処法

彼氏への依存をやめたい…今日からできる対処法

彼氏への依存をやめたい…今日からできる対処法

大好きな男性と両思いになり、交際がスタートしたならできるだけ一緒にいたいと考えるのは自然な心理です。しかし、なかには一緒にいたい気持ちが強くなりすぎて、彼氏に重いと思われてしまう女性もいます。いわゆる彼氏への依存体質は男性から距離を置かれがちですし、恋愛を生活の中心にして他のことがおざなりになるので女性自身にとっても健全ではありません。ここでは、彼氏依存になる女性の特徴と対策について細かく考えていきましょう。

重い女になってない?彼氏への依存度チェック

「自分に限って彼氏依存になるわけない」と思っている女性ほど、行動に無自覚なケースがあります。彼氏依存に陥る女性の特徴をはっきりと理解し、自分にあてはめて考えてみましょう。

まず、彼氏依存の女性は「会えない」状況を極端に嫌います。もちろん、恋人同士の会えない期間が続くのはさびしい状況ですが、依存体質の女性はわずかな期間でもデートの約束が決まらないと精神が不安定になります。さびしさを紛らわすために彼氏へ何度もメールを送ったり「どうして会ってくれないのか」と怒ったりするパターンも珍しくありません。彼氏依存の女性は生活の最優先事項が恋愛であるため、男性にも同じ感覚を求める傾向が見られます。しかし、仕事や友達付き合いなどやるべきことが多い男性は女性の感覚についていけず、愛情が重荷に変わっていきます。女性の束縛を強く感じるようになり、息苦しく窮屈な毎日が続きがちです。

また、自分の意見を持たないのも彼氏依存の女性の特徴でしょう。健全な恋愛ではお互いの長所を認め、短所を克服し人間的に成長していきます。しかし、彼氏依存の女性は彼氏の意見を絶対視しているために自分の長所を捨ててでも、彼氏に合わせて行動するようになります。彼氏もまた、女性の従順さに甘えて過ごしているうちに、わがままを言うようになり、最終的にお互いの人間的成長が止まってしまう場合さえありえます。趣味やファッションを彼氏に言われるがまま変化させている女性は、依存症にはまっていないか振り返ってみましょう。元々の習慣と、交際が始まってからの習慣にギャップが大きい女性ほど、依存体質が強いと考えられます。

一方、嫉妬心も彼氏依存に顕著な特徴です。恋愛において、パートナーが他の異性と仲良くしていると、ヤキモチを焼くのは珍しくありません。しかし、依存体質の女性は気に留める必要もない小さな言動に嫉妬心を覚えがちです。職場や近所の女性にも嫉妬し、彼氏がテレビタレントを褒めているだけでも機嫌が悪くなるなら依存症が現れていると考えましょう。また、探らなくてもいい浮気の証拠を積極的に探してしまうのも、彼氏依存ならではの行動です。関係性が順調に保たれている時期でも「彼氏が浮気するのではないか」と考え、身辺を探るようになります。スマホやカバンをこっそりとのぞくようになったら、依存症が進行していると言えるでしょう。たとえ決定的な証拠が出なくても、状況をこじつけて彼氏に迫るように、うんざりされることになりかねません。「こう考えればすべてが繋がる」と女性が妄想にとらわれやすい時期には、依存症にどっぷりと浸かっていると考えていいでしょう。

あまりにも依存症が露骨に出るようになると、彼氏のストレスになり、別れを切り出されることもあります。依存症は自覚した時点から、克服するように努める意識が肝心です。

彼氏への依存をやめたい…今日からできる対処法

彼氏に依存してしまう理由と対処法

依存症を克服するための最初のステップとして、自分を冷静に見られるようになりましょう。依存症がピークになると、平常時の自分では考えられないような暴走を行ってしまう場合があります。とはいっても、頭のなかが彼氏一色になっている状態では、暴走を暴走とも思っていません。女性にとっては普通の愛情行為を示しているつもりが、第三者から見ると異常に映っているケースもしばしばです。まずは、自分の行動を一つひとつ思い出し、紙に書くなどして客観的に分析しましょう。穏やかな気持ちで行動を振り返ったとき、ショックや恥ずかしさを感じるようなら、我を忘れていた時期があったと素直に認められます。

ここで、過剰に反省する必要はありません。自己嫌悪に陥り、心の空白を拡大させると彼氏依存は収まるどころか、逆にエスカレートするおそれも出てきます。「こんなにも自分は大変なのにどうして彼氏は分かってくれないのだろう」と彼氏に怒りを感じてしまう人もいるでしょう。たとえ彼氏依存に陥ったとしても、それがあなたの本性とは断定できません。少し取り乱していた時期があった程度に考え、前向きに直していきましょう。

彼氏依存を克服する思考回路では「彼氏への感謝」が大切です。彼氏依存は彼氏への愛情にとらわれているようで、自己愛の裏返しであるパターンも多いのです。「大好きな自分」がさびしさを感じている現状が許せず、彼氏に負の感情を抱き、執着してしまう悪循環が考えられます。そこで、一緒にいてくれる彼氏をリスペクトし、行動の一つひとつを感謝してみましょう。相手を労わる気持ちが生まれると、彼氏の自主性も尊重できるようになります。彼氏には彼氏の生活と人間関係があると理解し、離れている時間も耐えられるでしょう。

それでも、依存体質の女性にはすぐ孤独が襲ってくるものです。こうした孤独は心がけだけで乗り越えられるとは限りません。孤独を埋めるために、彼氏以外の興味の対象を見つけておきましょう。趣味を作るのも、友だち付き合いを深めるのも得策です。俳優やアイドルなど、異性の有名人に愛情を注げば、彼氏に向けるパワーを分散できます。熱中できる何かを確保すると、自然に彼氏のことを考える時間が減り、依存から解放されます。

生活を見直すのも依存克服方法の一つです。依存が激しくなった女性は、生活の一部を犠牲にして彼氏への時間を捻出しがちです。自分が犠牲にしてきたものを知ったとき、行いの重大さに気づいて我に返る可能性もあります。仕事に穴を空けていたり、友だちをないがしろにしたりして彼氏に依存していた人は、人生の喜びをすり減らしているとも言えます。彼氏との時間を大切ですが、人生には他にも素敵なことややるべきことがあふれています。彼氏依存を克服する行為は、人生をより豊かに、生きやすいものに変えてくれるでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係