読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛の悩み > 恋愛するのが不安・怖い > 幸せな恋愛のはずなのに…不安な気持ちの解消方法

幸せな恋愛のはずなのに…不安な気持ちの解消方法

幸せな恋愛のはずなのに…不安な気持ちの解消方法

恋愛をしているときというのは「精神的に落ち着く」「満たされた気持ちになる」「幸せである」などといった気持ちがイメージされやすいものです。しかし、こういった感情はすべての女性に当てはまるものではありません。恋愛中であるにもかかわらず、漠然とした不安を抱えている女性はたくさんいます。そこで今回は、恋愛中に感じる不安な気持ちの原因と解消法を中心にご紹介します。併せて、不安な気持ちを彼氏へ上手く伝える方法についても解説していきます。

どんな人が恋愛に不安を抱いてしまうのか

恋愛に不安を抱いてしまう女性には、ある共通した傾向があると考えられます。まず、彼氏から電話やメールなどの連絡がないと、不安な気持ちになってしまったり、時には「もう嫌われてしまったのではないか」と感じてしまったりするということが挙げられます。付き合い始めたばかりの頃は、お互い連絡を取り合うのが楽しくて「できるだけ一緒に過ごす」など、面と向かって会う努力をする人はたくさんいます。これはある意味自然なことと言えるでしょう。しかし、こういった付き合いというのは、長くは続かない場合もあります。20代~30代というのはお互い仕事が忙しく、また友人と遊んだり食事を楽しんだりして過ごす時間についてもとても楽しいと感じるものです。もちろん信頼関係で結ばれた恋人と過ごせる恋愛も楽しく、有意義であることに変わりはありません。しかし、20代~30代の自分の視野や可能性を広げていける年代のときに、恋愛にばかり傾倒してしまうのはとてももったいないことであると言えるのではないでしょうか。自分にも日常の生活があるように、彼氏にも仕事やプライベートをはじめとする、ごく普通の生活があります。時には仕事で忙しく、連絡が取れないこともあります。「彼氏からの返信が遅い」「なかなか電話がつながらない」などと過剰に心配をしてしまう人は、恋愛中に不安を抱え込みやすいと言えるでしょう。

また、誕生日やクリスマスなど、恋人同士が過ごすことが暗黙のルールとなっているようなイベントは、年に数回あります。そういったイベントを彼氏と一緒に過ごすことができないことで、不安を感じる女性もいるのではないでしょうか。しかし、イベントの日が平日であると仕事が忙しく、一緒に過ごしたくても過ごすことができないといった可能性が考えられます。彼氏と会うことができないからといって勝手に不安になることは避けたいものです。たとえイベントであっても仕事であるならばやむを得ないと割り切ることも大切です。

さらに、過去の辛い恋愛や経験にとらわれるあまり、漠然とした不安を感じている女性も少なくありません。過去に恋人から過剰に束縛されていたり、依存し合うような恋愛関係であったりする場合には、恋愛そのものに不安を抱えている場合があります。過去の恋愛がトラウマになっているような女性については、付き合い始めて周囲から見れば幸せな状況であったとしても、いつまでも不安が解消できないといったことは考えられます。

恋愛に不安を感じてしまう理由については人それぞれです。「自分だけが不安なのだ」「悪いのは自分だ」などと考えて、自分を追い込み過ぎてしまうのは得策ではありません。不安の解消方法を知っておき、より良い恋人関係を築くことができるようにシフトチェンジすることが大切です。

幸せな恋愛のはずなのに…不安な気持ちの解消方法

恋愛の不安は彼氏にどう伝えるべき?

幸せな恋愛のはずなのに不安を感じているときは、彼氏に正直に伝えてみるのも良いでしょう。彼氏に不安を打ち明けるときは、伝え方にも気を付けることがポイントです。

まず「不安である」という状況を、一度冷静になってみて、客観的に考えてみましょう。女性は男性と比較してみると感情的になりやすいといった傾向があります。感情的になって彼氏を責めてしまうようなことだけは回避すべきです。感情的になってしまうと、論理的に物事を考えることができなくなってしまう可能性が大いにあります。そうなると、伝えたいことの本質が彼氏に上手く伝わらず、わだかまりだけが残ってしまうといった事態を招いてしまいます。恋人に不安な感情を伝えるときのポイントとしては、主語を「私」として伝えるように気を付けましょう。

また「不安な気持ちがおさまらない」というときには、仲の良い友人に相談に乗ってもらうこともおすすめです。彼氏に不安であることを伝える前に、第三者となる友人であれば、しっかりと状況を聞いたうえで、冷静な判断ができる場合があります。たとえば「不安な気持ちが妄想によるものか」また「不安が事実に基づくものか」ということは、当事者ではなかなか分かりづらいものです。そういったときに友人などに状況を説明すると、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。今一度冷静になることで、自分が置かれている状況について把握することは不安解消にもつながるでしょう。

そして、彼氏に不安な気持ちを伝えるときには「なぜ不安を感じているのか」という理由について伝えるとともに「今後、自分はどうしたいのか」といった希望も伝えることをおすすめします。不安を伝えるときには、気を付けなければ不平不満ばかりを言葉にしてしまうことになり兼ねません。そうなってしまうと、彼氏も「何に対して不安を感じているのか」ということを見極めにくくなります。また、感情的にならずに「自分が相手にされるとうれしいこと」「相手にされたら悲しいこと」などを具体的に伝えることも大切です。

さらに、伝えにくいことかもしれませんが、過去のつらい恋愛経験が不安の原因となっているのであれば、それを正直に彼氏に伝えてみることもおすすめです。過去のトラウマが不安の原因となっているのであれば、何度恋愛を繰り返してもマイナスに考えてしまう癖がついてしまっているのかもしれません。恋愛の主体はあくまでも自分自身であるということを忘れずに、自分が自然体で「楽である」と感じることができる恋愛関係を築いていくことをおすすめします。自然体で向き合うことができない恋人同士というのは、付き合っていくうえで無理が生じたり、トラブルが絶えなかったりするものです。相手の意志を尊重しながら、自分が伝えたい感情もしっかりと伝えていくことが、不安を解消するためには欠かせないと言えます。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係