読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛の悩み > 恋愛の不安・さみしい > 彼女だからかまってほしい!女子が上手にアピールする方法

彼女だからかまってほしい!女子が上手にアピールする方法

彼女だからかまってほしい!女子が上手にアピールする方法

彼氏からもっと連絡が欲しかったり、デートをしたいと思ったりしている女性は少なくないでしょう。また、一緒にいるときでも彼氏の反応に物足りなさを覚える女性もいます。彼氏にかまってほしい女性の悩みは、いかに「ウザい」と思われず彼氏に相手してもらえるかどうかだといえます。彼氏の負担にならずかまってもらうには、女性ならではのテクニックも必要です。ここでは、彼氏にかまってほしい女性の役に立つ情報をまとめてみました。

かまってほしい女子の心理

彼氏への「かまってアピール」がエスカレートしないためには、なぜかまってほしくなるのか自分の心理を理解しましょう。

彼氏にかまってほしい理由はさまざまです。まず、不安に陥りやすい女性は常に彼氏からの愛情確認を求めがちです。こうした女性は会えない時間が長くなると落ち着かなくなりますし、会っているときですら彼氏が別のことを考えているのではないかと勘ぐってしまいます。そのため、彼氏にかまってもらい、気持ちが離れていないと信じたいのです。

プライドが高い女性もまた、彼氏にかまってほしがる傾向が現れます。一部のプライドが高い女性は彼氏に相手にされていない自分を認められません。自己評価が高いために、自分以外のことにかまけている彼氏を受け入れられないのです。そのため、彼氏に「かまってアピール」をし、自分の価値を確認しようとします。

精神的に子どもである女性も「かまってアピール」に走る頻度が高くなります。子どもが保護者にわがままを通そうとダダをこねるように、彼氏にもかまってもらいたいと願います。彼氏を大切で頼れる存在だと認識しているからこそ、つい要求がエスカレートしてしまうのです。

精神的に不安定だったり、悩んでいたりする女性も一時的に「かまってアピール」を見せることがあります。つらい時期には愛する人の支えが欲しいものです。仕事や人間関係に疲れきっているからこそ、シェルターのように彼氏の愛へと逃げ込みたくなるのでしょう。ふだんは凛々しく振舞っている女性ほど、ストレスが溜まれば彼氏に甘えてしまうこともあります。他の人には見せられない弱さを彼氏に励ましてほしいからです。

彼氏にかまってほしい理由は元々の性格もあれば、話を聞いてほしい事情が存在するケースもあります。自分の心を正確に知らなければ「かまってほしい」願望は底なしに膨れ上がり、暴走してしまう可能性もあるでしょう。

彼女だからかまってほしい!女子が上手にアピールする方法

かまってほしい女子が試したいテク

彼氏にかまってほしいときは、ストレートに「かまって」とアピールするのもアリです。すでにお互いの性格を知り尽くし、関係性が確立しているカップルなら、彼氏もすんなりと受け入れてくれるでしょう。しかし、彼氏の仕事が忙しかったり、機嫌が悪かったりする状況での「かまってアピール」は喧嘩の原因になりかねません。ときには、彼氏に直接伝えなくても、向こうからかまいたくなるようなテクニックを駆使してみましょう。

まず、SNSを利用してみるのがおすすめです。ツイッターやフェイスブックなどで、彼氏とつながっている女性はさりげなく「かまってほしい」ニュアンスを投稿に忍ばせてみましょう。はっきりと「彼氏がかまってくれない」と書くのではなく「最近暇だな」や「なんか寂しい」と言い換えてみるのがコツです。彼氏が投稿を読めば自らを反省し、連絡をくれる可能性が出てきます。

LINEやメールを使う方法もあります。いつもよりも少し、彼氏がドキッとするような内容を含めてみると、さりげなく「かまってアピール」を行えます。「好き」とあえて伝えてみたり、優しい言葉をかけたりしてあげると、彼氏もあなたへの愛情を再確認し、時間を割いてくれることもありえるでしょう。

ただ「自分にかまって」とアピールするのではなく、彼氏に「かまってみる」発想の転換も大切です。つまり、彼氏の興味を引く話題を自分から振ってみるのです。一緒にいるのにゲームばかりしている彼氏には「私にもやらせて」と言ってみましょう。彼氏が好きな歌手について「今度新曲が出るね」と振るのもアリです。好きな分野であれば彼氏も饒舌になりやすいうえ、彼女と話ができる時間も新鮮に感じてくれるでしょう。

上手な「かまってアピール」では、自分の想いを押し付けるだけではなく、相手の気持ちも想像する努力が必要です。ウザがられずに、しっかりとかまってもらう目的を果たしましょう。

かまってほしい女子は甘え?ウザいと思われるライン

上手に彼氏からかまってもらえる女性がいる一方で「かまってアピール」が功を奏さず「ウザい」と思われる女性もいます。両者のあいだには微妙なようでいて、決定的なラインが引かれていると言えます。

「ウザい」と思われる女性には、根本的にネガティブな言動が見え隠れします。「こんなに落ち込んでいるからかまってほしい」、あるいは「あなたのせいでこんなに傷ついているからどうにかしてほしい」という発想が根底にあると考えられます。しかし、これらの重い思考回路は男性の負担になり、ますます距離を置かれてしまうかもしれません。「かまってアピール」はポジティブな言葉で行うようにしましょう。

特に男性を引かせてしまうのは、目の前で泣かれる行為です。愛情ゆえにかまってもらえない状態が泣くほどつらいのは分かりますが、男性からは「ウザい」と認定される可能性は高いと言えます。今後に尾を引くと関係にも悪影響を与えるので、涙は厳禁だと心得ておきましょう。

自分語りが多いのも「ウザい」女性の特徴です。職場で成果を出した話や、女友達よりも優れているポイントを誇示し続けると、男性も疲れてしまうでしょう。いいことがあって褒めてもらいたいと思うのは自然な心理ですが、あまりにも自分の話ばかりしていると男性を飽きさせます。かまってほしいときは、相手も一緒に楽しめる話題を選ぶようにしましょう。

かまってほしい気持ちが募っても、避けたいのはLINEやメールの連投、あるいは頻繁すぎる電話です。一方通行なコミュニケーションは、男性からすると「ウザい」を越えて恐怖に変わる可能性さえあります。男性がかまってくれないのは仕事など、大切な用事に追われている場合もあり、そんなときに彼女から膨大なメッセージが来たらうんざりしてしまうでしょう。かまってもらうにはタイミングも重要であり、相手が忙しいときはそっと我慢する努力も必要です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係