読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛の悩み > 嫌われた > 好きな人に嫌われたかも?嫌われる女性の特徴とは

好きな人に嫌われたかも?嫌われる女性の特徴とは

好きな人に嫌われたかも?嫌われる女性の特徴とは

愛情を感じている男性から嫌われるという事態は女性にとって非常におそろしいことです。もし、彼が自分を避けているような態度をとったときは、誰しも大きなショックを受けてしまうでしょう。しかし、男性はどのようなタイプの女性を嫌うものでしょうか。非常に気になるところです。そこで、一般的に男性から嫌われやすい女性の特徴を紹介するとともに、もし好きな彼に嫌われてしまったときの挽回法についても説明をしていきます。ぜひ、参考にしてみてください。

好きな人に避けられてる?嫌われる女性の特徴

男性に嫌われやすい女性の特徴と言えば、その筆頭にくるのはわがままです。自己主張が強すぎて何でも自分の意見を押し通そうとする女性は男性にとって非常に疲れる存在です。最初はそのわがままがかわいいと思ってくれる男性もいるかもしれませんが、それも延々と続くといずれは包容力の限界に達してしまいます。少なくとも、好きな相手に嫌われたくないと思っているのであれば、自分のわがままで他人を振り回すのは控えたほうがよいでしょう。

次に、無自覚な言動で好きな相手に嫌われる結果になりがちなのが、他人の悪口です。女性同士が集まって世間話をすると、共通の知人の悪口大会になっていたなんてことがよくあります。しかし、そうしたネガティブな話題ばかり口にする女性を好ましく思わない男性は少なくありません。好きな人がいる前で、いつもの女子会のノリで他人の悪口を言いまくったら、彼が引いてしまったということは大いに考えられます。

また、好きな人の前ではかわいい自分を演じたいという気持ちはよく分かりますが、それも程度問題です。過剰演技で俗にいうぶりっ子状態になっては目も当てられません。相手はあなたに好意を抱くどころかドン引き状態になる可能性が大です。あくまでも自然体のなかで自分を磨くように心がけましょう。さらに、そういう意味では、人によって態度を変えるのも嫌われる元です。いくら好きな男性の前で良い人を演じても、他の人に対してぞんざいな態度を取っていたのでは信用できない相手だと思われてしまいます。

ほかには、向上心がないというのもどちらかと言えば、マイナスポイントです。将来に対して夢も希望もなく、何の努力もしない女性というのはどうしても魅力に欠けてしまいます。特に、自分の怠惰を棚に上げて不満や愚痴ばかりを口にするようになっては最悪です。逆に、何か目標があり、それに向かって前向きに努力している女性は輝いて見えるものです。

好きな人に嫌われたかも?嫌われる女性の特徴とは

好きな人に嫌われてしまったときの挽回法

もし、好きな人に嫌われたときは、その原因を自分でじっくり考えることが大切です。それが分からないまま行動を起こしても良い結果は生まれません。まず考えるべき点はいつ彼の態度が変わったかです。そして、それを起点にして嫌われた原因を特定するのです。何気ない言動が彼にとっては嫌悪すべき行為だったという場合があります。態度が変わった前に何があったかをじっくり思い出してみましょう。特に、彼が冗談っぽく拒絶の態度を見せていた場合は、それが本音だった可能性があります。たとえば、知り合いのいる場で彼をからかったなどといったケースです。彼はその場の雰囲気を壊さないために笑顔で対応したものの、実はその行為が心底嫌だったという可能性があります。とにかく、小さなサインであっても見逃さず、しっかり思い出すことが原因特定のためには重要です。

しかし、それでも分からないというのであれば、次に頼るべきは彼との共通の友人や知人です。自分では気がつかなくても、周囲は何かを感じているケースがあります。その際、何らかの指摘を受ければ「そんなはずはない」とか「そんなことぐらいで」とか否定をするのではなく、素直に受け止める姿勢が大切です。他人は客観的な視点で見ているので、彼らの意見は意外と的を射ている場合が多いものです。もし、プライドや見栄でそれらの意見が受け止められないというのであれば、そのプライドや見栄こそが彼に嫌われる原因である可能性があります。どんなに嫌な現実であってもそれを正面から受け止めることが関係修復の第一歩なのです。

嫌われた原因がわかったあとは当然、それを改善していく必要があります。ただ、改善するといっても人間の行動や性格は一朝一夕で直るようなものではありません。方法としては他人にアドバイスをもらうとか、インターネットで調べて参考にするなど色々ありますが、いずれにしても地道な努力が必要です。とにかく焦りは禁物であり、その場しのぎに表面的な部分を取り繕っても、おそらく根本的な解決にはならないでしょう。即効性は求めずに「時間がかかっても絶対に嫌われた原因を直してみせる」といった強い気持ちを持つことが大切です。

地道な努力の結果、自分の悪い癖を直せたと思ったなら彼にアプローチをしてみましょう。このときに、成長した自分をアピールしようとするあまり、極端に積極的な態度になるのはNGです。しつこいと思われて、余計に嫌われる可能性があります。あくまでもそれとなく交流をするなかで成長した自分を徐々に認識してもらうのが賢明なやり方です。

好きな人と仲直りできるテクニック

好きな人に嫌われ、仲直りしたいと思っているのなら率直に謝罪するのが一番です。そして、以後は同じ過ちを繰り返さないように気を付けることです。そこで「そのぐらいで怒るなんて」と意地になったり「どうせ一時的なことだ」と軽く考えたりしていると時間だけが過ぎていき、ますます関係修復が難しくなってしまいます。そのうえ、悪い印象を放置しておくと、彼の頭のなかでそのイメージが徐々に膨れ上がり、ますますあなたのことを嫌いになってしまう可能性さえあります。逆に、自分が悪いと思ったときに率直に謝罪すれば印象が良くなることはあっても悪くなることはないでしょう。

次に、彼に対するあなたのアプローチがくどすぎたせいで、彼から疎まれてしまったという場合があります。そんなときはあえて彼から距離を置いてみるのもひとつの手です。人は猛烈アタックから急に距離を開けられると、そのギャップが非常に気になるものです。そのうえで、相手が自分のことを気にしているなと思えば再び距離をつめてみましょう。この距離感の駆け引きは相手から好意を引き出すテクニックとして使えると同時に、自分の気持ちを抑えて相手との正しい距離感を保つ訓練としても有効です。

さらに、彼が自分にとって大切な存在である事実を思い切って告げることも関係修復に一役買う場合があります。といっても、恋の告白をしろというわけではありません。自分の未熟さを反省していて、彼のおかげでその至らなさに気づくことができたと告げるのです。そうすれば、彼も悪い気はしないでしょう。このときに、変に格好つけようだとか、異性として気を惹きたいなどとは考えないようにしましょう。率直に感謝の念を述べ、そのうえで成長した自分を見せれば、彼の見る目も変わってくるはずです。

いずれにせよ、大切なのはどんなときでも自分で自分を嫌いにならないことです。自己嫌悪に陥ってしまうと、前を向いて進むことができなくなってしまいます。そうなると、好きな人の気持ちもどんどん離れていってしまいます。「悪かった点は素直に反省」「自分を磨き続ける」という2点を常に実行することで自分を好きで居続けられ、そのうえで彼との関係をどう築いていくかを素直に考えられるはずです。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係