読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛の悩み > 嫌われた > 嫌われたかも…好きな人にどう思われてるかチェック

嫌われたかも…好きな人にどう思われてるかチェック

嫌われたかも…好きな人にどう思われてるかチェック

好きな人に自分のことも好きになってほしいと考えるのは当然です。しかし、人間関係は上手くいかないもので、一番好きな人に嫌われてしまうケースもあります。ショックですが、新しい恋に向かうにはいさぎよく認める努力も必要でしょう。 一方で、嫌われていると思い込んでいるだけで、実際には勘違いであるパターンもありえます。ここでは、彼の本心を知るために嫌われているレベルを知るためのチェックポイントを紹介していきます。

レベル別!嫌っている相手へのサイン

人から嫌われるにはいくつかの段階があります。彼の言動からレベルを察し、関係が修復可能か見極めましょう。

まず「嫌われているかもしれない」と疑いを持ったほうがいい彼の行動は「連絡を無視する」ことです。LINEで既読がついていたり、確認をとると「ちゃんと読んだよ」と答えたりするにもかかわらず、返信がないのは女性と関わりたくないからと考えられます。特に、重大な用件を書いているのに無視されているのは、好印象を持たれていない可能性が高いでしょう。ただし、何気ない内容に対して無視されるのは「嫌われている」と判断しづらい行動です。メッセージの内容の重さに応じて、無視される意味は強くなると考えましょう。

次に、少なくとも好意を持たれていないと予想できるのが、一緒にいるときの素っ気ない程度です。人はできる限り他人から嫌われたいとは思っていません。ふだん仲良くしていない相手でも、表面上は愛想良くして敵を作らないように心がけます。それなのに笑顔も見せず、あなたの話に適当な返事を繰り返しているのなら「この人に好かれたいとは思っていない」証拠です。性格的に無愛想な可能性もありますが、他の人に対しては明るく振舞っているのに、あなたにだけ冷たいとなれば、ますます嫌われている疑惑は強まります。

もっと嫌われているレベルが進むと、あなたと一緒にいる時間すら苦痛になります。そのレベルでは、誰かと彼が一緒にいるとき、あなたが近づいていくと立ち去ってしまうでしょう。もはや、顔を合わせるだけでも余計なストレスとなっているのです。

はっきりとした性格の男性なら、あなたに怒りを表明するケースもあります。具体的に説教されたり、きつめに注意されたりしたら相手の我慢も限界にまで達していたのだと悟りましょう。

これらの態度では、まだ相手からの意思表示が感じられます。「あなたのことが嫌いです」と態度に出すことで、いい意味ではないもののコミュニケーションは成立しています。嫌われているにせよ、相手があなたに何らかの感情を抱いているため、努力次第では関係を修復できるでしょう。

しかし、最大限に嫌いな相手に対しては、男性は無視を始めます。連絡はもちろんですが、直接話しかけても、大切な用事を伝えても反応すら見せてくれません。このレベルにまで達したら、あきらめて別の恋を探すのが得策です。

彼氏の言動から気持ちを推測し続けるのは、女性にとって辛い毎日です。そこで、どうしても相手の感情が気になる人は、直接「私のこと嫌いですか」と聞いてみましょう。はっきり「うん」と答えられる場合もあれば、「そんなことない」と言われる場合もあります。しかし、たとえ否定されてもニュアンスで気づけるものです。いつまでも悩んでいるより、彼の気持ちを知ったほうが楽になれると言えます。

嫌われたかも…好きな人にどう思われてるかチェック

こんなケースはただの勘違いかも

女性の「嫌われていたらどうしよう」という不安が、悪い妄想につながってしまうケースもあります。彼にとっては何気ない行動や、むしろ好意の表れをネガティブに解釈していると、叶う恋も叶わなくなります。彼の行動を正確に判断できるよう、意識しましょう。

まず、男性は嫌いな人間からのメッセージを無視されたり、返信を遅らしたりするのは事実です。しかし、すべての男性にあてはまる法則ではありませんし、メッセージのタイミングにもよります。たまたま忙しい時間帯にメッセージが来て返信できず、そのまま忘れてしまうパターンも考えられます。また、性格的にLINEを重要視せず生活している男性もいるでしょう。「僕、LINEをあまり見ないです」と言っている男性に関しては、メッセージのやりとりに振り回される必要性はほとんどありません。

彼からきつい言葉をかけられるのも深刻な事態とは言えないでしょう。本当に嫌われているとき、男性は会話を早く終わらせたいものです。悪口や強いツッコミを投げかけてくるなら、女性からの反応を待っている証拠です。むしろ会話を楽しんでいるわけで、嫌われている証拠とはなりません。また、他の女性には言わないような軽口を叩いてくる男性は、あなたを近しい存在だと捉えています。デリカシーを欠いた言葉に傷つくこともあるでしょうが、悪意からあなたをいじめているとも限らないのです。好きな子をからかう小さな男の子のような感覚だと受け止めておきましょう。

口論や喧嘩をして「嫌われた」と思うのも早計です。男性はどうでもいい相手と争いはしません。友人や仕事仲間でも、相手に認めている部分があるからこそ、思う存分意見を戦わせるのです。喧嘩の裏には「この人なら言葉を受け止めてくれるはず」という信頼があります。相手と喧嘩したときこそ、距離が縮まっているのだと解釈しましょう。「雨降って地固まる」ということわざのとおり、これからより絆が深まっていく可能性があります。

喧嘩よりも無視されるほうが、嫌われている可能性は高いと言えます。ただし「目が合わない」「合ってもそらされる」などの仕草を無視と考えないようにしましょう。内向的な男性は意識している異性がいると、無意識のうちに目線をそらしがちです。自分の気持ちを悟られたくなくて、過剰に相手の反応をうかがっているうち、目を合わせられなくなるのです。また、話をするとき距離を空けられるのも緊張ゆえの行為です。男性は女性よりも体が触れるスキンシップに抵抗があります。特に、気になる異性が相手だと「体が触れると不快に思われないか」と考える場合があります。距離は空いていても会話を楽しんでくれているようなら、あなたといる状況に浮き足立っていると思うのが自然でしょう。男性のシャイな行動は「嫌われているサイン」と間違いやすいので注意が必要です。

もし今現在気になる男性がいて、好意を持たれているか不安に感じているなら、これらのことを思い返してみてはいかがでしょうか。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係