読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛の悩み > 恋愛わからない > 好きって何だろう?見極めポイントを知って自分の気持ちを整理しよう

好きって何だろう?見極めポイントを知って自分の気持ちを整理しよう

好きって何だろう?見極めポイントを知って自分の気持ちを整理しよう

社会に出てたくさんの人と出会う中で、好きという感情がふと分からなくなる人も多いのではでしょうか。特に結婚適齢期になると相手の社会的地位など、さまざまな要素が頭をかすめて「好き」という基準が複雑化しがちです。そのため、気になる異性や付き合っている彼氏がいるものの、相手に対する気持ちが「LOVE」と「LIKE」のどちらなのか判断がつかないと悩む女性もいるかもしれません。気持ちに迷いがあるときは、一度立ち止まって考えを整理してみましょう。ここでは、相手を異性として好きなのか判断するためのチェックポイントをご紹介します。

好きの種類は2パターン!LOVEとLIKEの違いは何?

好きという感情には「LOVE」と「LIKE」の2種類があります。この2つはどのように違うのかを説明できる人は意外に少ないかもしれません。人の気持ちは目に見えないものです。そのため、気になる異性への気持ちが「LOVE」と「LIKE」のどちらなのか、判断が難しい場合もあるでしょう。しかし、2つの感情は同じように見えて、明確な違いがあります。まず「LOVE」は、相手を他の異性に取られたくない、その人がいない人生は考えられないなど、独占欲や依存心から発生する感情です。また、相手のために尽くしたいという自己犠牲を感じる場合もあります。つまり相手を独り占めしたい、または相手を自分の人生の一部として認識している場合は、「LOVE」の感情である可能性が高いでしょう。一方で、「LIKE」は相手を尊敬していたり、一緒にいて楽しかったりするなど、相性の良さや居心地の良い相手に対して持つ感情です。そのため、自分に似た感性を持つ人に対し「LIKE」の感情を持つ場合が多いでしょう。この2つの感情を見極めるポイントは「相手を特別」だと感じたり、相手にも「自分を特別視」してほしいと感じたりするかどうかが、キーポイントになります。恋をすると相手の姿を見るだけで気持ちが高ぶったり、しばらく会えないと気持ちが落ち込んだりするなど、大きく感情のメーターが上下しやすい傾向にあります。相手の一挙一動が気になったり、相手に良い印象を持たれたいという感情が強かったりする場合は「LIKE」ではなく「LOVE」に気持ちが大きく傾いている証拠でしょう。

好きって何だろう?見極めポイントを知って自分の気持ちを整理しよう

本当に好きなの?彼への気持ちがわからないときの対処法

新しい恋を始めるときはもちろん、現在付き合っている彼を本当に好きかわからなくなったという悩みは多いものです。恋心は熱しやすく冷めやすいものです。付き合った当初は燃え上がっていた気持ちも、いつしか時間の経過とともにマンネリ化してしまうケースは少なくありません。そのため、付き合う中で好きという気持ちに疑問が生じ、新しい恋に気持ちが揺れ動いてしまうこともあるでしょう。恋の迷いを払拭するには、1つの質問に素直な気持ちで答えてみることがおすすめです。その質問とは「相手が窮地に立たされたときに自分はどうするか」というものです。特に彼が失業してしまったり、大きな病気を患ってしまったりする場合をリアルに想像してみてください。このようなトラブルが発生したときに、自分がどのような行動を取るかイメージすることで、彼への気持ちを再確認できるはずです。答えが「経済的にも精神的にも支えになりたい」というものなら、彼への愛が強い状態でしょう。逆に「収入面や体調が不安なので別れたい」と答えた場合は、損得勘定で彼を好きだと考えている場合があります。人それぞれ恋愛に対する考え方は異なるので、これが絶対という答えはありません。しかし、「相手をずっと側で支えていきたいか」というポイントをじっくり考えてみることで、自分の本当の気持ちに気がつきやすくなるはずです。

好きな人ができない!焦らずじっくり相手を探そう

友人たちに恋人ができたり、街でカップルを見かけたりすると「私も恋をしなきゃ」と気持ちが焦りがちです。しかし、無理に好きな人を探そうとしても、うまくいかない場合が多いもの。寂しさや一時の感情に流されずに、心から好きだと思える男性をじっくり探すことが肝心です。それから好きな人ができないからといって、気持ちのない異性と深い関係を持つことは、避けた方が良いでしょう。気持ちのない相手と関係を持っても、相手と自分が傷つく結果を生んでしまいます。好きな人ができないとネガティブに考えるのではなく、「これから素敵な出会いが待っている」とポジティブに捉えることが、良い恋愛をするためのコツです。いつか素敵な男性と巡りあうことを信じて、その日のためにしっかり自分磨きをしておきましょう。外見を磨くことはもちろん内面まで美しい女性を目指すと、恋のチャンスを引き寄せやすくなるはずです。そして注意したいのが、好きな人が「できない」のではなく、無意識に「作らない」ようにしている人が多いということです。過去の恋愛を引きずっていたり、自分に自信が持てなかったりするなど、恋愛に消極的になってしまう理由はさまざまです。しかし、好きな人を作りたいのなら、積極的に自分から出会いを見つける努力も必要です。例えば、出会いが少ない環境なら趣味のイベントやサークルに参加して、異性と話すきっかけを作りましょう。自分に自信がない場合は、美容院やコスメカウンターに出向き、プロの視点からアドバイスを受けることも良い方法です。まずは外見を変えてみることで、自分に自信を持ちやすくなるかもしれません。このように、勇気を出して積極的に活動することで、素敵な出会いが見つけやすくなるはずです。

彼への気持ちはLOVEとLIKEのどちら?慎重に見極めることが肝心

好きという気持ちには「LOVE」と「LIKE」の2種類があります。しかし、今までは確実に相手への感情を「LIKE」だと思っていたのに、突然「LOVE」の感情に変化するというケースもあります。人の気持ちは時間とともに、常に変化していくものです。そのため、ふとしたきっかけで相手への感情が激しく揺れ動き、自分の気持ちがわからなくなることもあるでしょう。このような感情の変化に戸惑いを感じた場合は、まずは気持ちを落ち着けて、自分の素直な気持ちに耳を傾けてみることが大切です。頭のなかがうまく整理できないという場合は、誰かに相談してみることもひとつの方法です。人の意見を聞くことで、悩みを解決する糸口を見つけられるかもしれません。それから、悩んでいることを紙に書き出すことも、おすすめの方法です。悩みを実際に書き出すことで気持ちの整理がしやすくなります。安易な気持ちで関係を持ち、後から「好きじゃないのかも」と後悔をしないためにも、相手への感情が「LOVE」と「LIKE」のどちらなのか、関係を発展させる前にじっくり見極めておくことが重要です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係