読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 愛・恋とは > きっかけ > 初めが肝心!付き合いたてのカップルが破局しないためのポイント

初めが肝心!付き合いたてのカップルが破局しないためのポイント

初めが肝心!付き合いたてのカップルが破局しないためのポイント

念願が叶い、好きな人とカップルになれると幸せな気持ちになりますよね。しかし、付き合いたての頃は、お互いをまだよく知らない状態です。そのため、些細なことがきっかけで、気持ちにすれ違いが起きてしまうやすい時期ともいえます。こうした悲しい事態を引き起こさないためには、いくつかのポイントを意識しておくことが肝心です。ここでは、付き合いたてのカップルが破局しないように注意するべき点や、関係を長続きさせるためのコツをご紹介します。

付き合ってすぐはここに注目!注意すべきポイントとは

付き合って間もない頃は、お互いに気持ちが盛り上がっている時期です。しかし、その熱が冷めるペースはそれぞれ異なるはずです。一方の気持ちが落ち着いた頃に、もう一方の熱が冷めていないと、関係に温度差を感じてしまうケースがあります。温度差が激しすぎる場合は距離感がうまくつかみにくくなったり、居心地が悪くなったりする原因になります。それから付き合ってすぐの時は、恋愛ありきの生活になってしまいがちです。毎日のように会いに行ったり、連絡をしていたりする場合は注意しましょう。仕事やプライベートの都合を考慮しないと、相手の負担になってしまう場合があります。好きという気持ちだけで行動することは避けて、適度な距離感を保つことが大切です。また、付き合ってすぐの段階で結婚の話をすることは、避けた方が無難でしょう。特に結婚適齢期の女性は、交際の延長線上に結婚を意識しがちです。もちろん交際期間が長くなれば、結婚の意思を確認することは大切なことです。しかし、付き合って間もない状態で、すぐに結婚話を切り出すと彼に「重い女性」と認識されてしまう恐れがあるので注意しましょう。

初めが肝心!付き合いたてのカップルが破局しないためのポイント

彼を不安にさせてしまう!気をつけたいポイント

好きという気持ちが強いほど相手の言動に振り回され、不安になることも多いでしょう。付き合って間もない頃は特に関係が不安定な状態であり、「相手を心から信頼できない」と感じる人もいるかもしれません。特に男性は女性に比べると、感情をストレートに表現することが苦手な傾向にあります。そのため、女性に対して不安を感じていても、うまく説明できないと悩みを抱えている男性も多いでしょう。こうした不安は早期に解消しておかないと、後々強い不信感が生まれたり、ケンカに発展するきっかけになったりします。本来なら話し合いを行うことがベストですが、男性が不安を口にすることはハードルが高いことかもしれません。そこでおすすめの解決法として挙げられるのが、「彼を不安にさせない」ように女性が注意するという方法です。気をつけておくべき言動を知っておくことで、彼を不安にさせる要素を効率的に取り除くことができるでしょう。まず「長時間連絡が取れない」状態は、なるべく作らないことが肝心です。何日も連絡が取れないと、彼氏は「今なにをしているのかな?」と不安になってしまいます。彼氏を心配させないためにも、連絡はすぐに折り返すように意識しましょう。特にデートの約束を決める連絡は、早期に返事をすることがポイントです。いつまでも連絡が取れないと、彼をやきもきさせてしまう原因になります。次に「交友関係が派手」な女性も、彼を不安にさせやすいので注意が必要です。特に束縛心が強い男性の場合、派手な交友関係は「他の男性に言い寄られてしまうかもしれない」と不安を感じやすくなります。なかでもSNS上にイベントやパーティーの写真を多くあげている人は、注意しましょう。異性と親しげに映っている写真は、男性の嫉妬心や不安をかき立てやすい要素です。こうした写真はSNS上にあげずに、仲間内だけで楽しむなどの工夫を行うことがおすすめです。

良い関係を長続きさせるためのコツは?

せっかく両思いになれたのだから、良い関係を築いて「ずっと一緒にいたい」と願うカップルも多いはず。良い関係を長続きさせるには、いくつかのコツがあります。付き合いを続けるうえでは、「2人のルールを決めておく」ことも重要なポイントです。例えば、異性と出かける時には必ず報告をする、デートをする場所や食事の内容は交代で決めるなど、小さなことで構いません。決めたルールをしっかり守ることで、信頼関係を築いていけるはずです。それから「相手に合わせすぎない」ことも重要になります。付き合いたての頃は相手に嫌われることを恐れて、不満や本音を飲み込んでしまいがちです。しかしそれでは、いつまで経ってもありのままの自分を受け入れてもらうことができません。特に女性はその場のムードを壊したくないと考え、不満をため込みやすい傾向にあります。相手の意見を尊重することは、良好な関係を築くうえで重要です。ただ、大好きな人とずっと一緒にいたいなら、時には勇気を出して、本音をぶつけてみることも大切です。あまりにも自分の意見を出さないと、男性側も本心が見えずに「何を考えているのかわからない」と疑心暗鬼になってしまうかもしれません。意見が衝突すると相手にどう思われるのか、誰しも不安になるものです。こうした意見のすりあわせは、より深い絆を生むために欠かすことのできない行程です。良い関係を長続きさせるには、衝突を恐れずに相手と向き合う勇気を持つことが、重要になるでしょう。それから「ありがとう」と「ごめんなさい」の気持ちを、意識的に口にすることも大切です。親しい関係になると甘えが生じ、感謝や謝罪の言葉を忘れてしまいがちです。良い関係を築くには、感謝と謝罪は欠かすことのできないポイント。親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、深い関係である恋人同士こそ「ありがとう」と「ごめんなさい」はしっかり伝え合うことが肝心です。

無理をしないことがキーポイント!2人のペースをつくっていこう

付き合いたての頃は、何かと相手のペースを優先しがちです。しかし、無理をして相手に合わせていても、次第に疲れや窮屈さを感じるようになります。良い関係を築くには、自然体の自分をさらけ出すことが肝心です。良い部分だけではなく、悪い部分もお互いに見せ合うことで、より深く相手を知り、関係を深めていけるでしょう。それから2人にとってバランスの良いペースをつくることもポイントです。恋人とはいえ、もともとは他人同士であり、考え方やライフスタイルが違って当然です。お互いを思いやる気持ちを忘れずに、徐々に2人のペースをつかむことで自然と関係を長続きさせやすくなるはずです。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係