読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 恋愛マニュアル・ハウツー・コツ > 食事 > デートなのに割り勘?おごらない男性に隠れた心理とは

デートなのに割り勘?おごらない男性に隠れた心理とは

デートなのに割り勘?おごらない男性に隠れた心理とは

「デートといえば男性が全部払うもの」という常識は通用しなくなりつつあります。デートでも女性に割り勘を求めてくる男性は多く、しかも百円単位まできっちりと計算してくるケースも珍しくありません。そんなとき、女性は「私のことを好きじゃないのか」と不安になってしまうでしょう。しかし、割り勘の裏には男性ならではの心理が働いているのです。ここでは、デートで割り勘にしてくる男性の思考パターンを深く考察してみましょう。

割り勘にする男性はどんな意見を持っているか

デートで割り勘にする男性には、さまざまな意見があります。単純に「金欠である」「お金がもったいない」という人もいますが、2人の関係性を考えて割り勘にしている男性も少なくありません。たとえば、「給料に大差がないのに男性がおごるのはおかしい」という考え方があります。一見すると、ケチととらえられかねない意見ですが、よく考えると正論です。また、男性の中に「おごる」行為に対し、少しでも疑問ができた時点で会計がストレスになる可能性もあるでしょう。こうした男性の不満はどんなときに爆発するか分かりません。「納得できないことはやらない」のは、ある意味で恋愛関係を保つための秘訣だといえます。

「女性と対等の関係でいたい」という男性もいます。デート代を一方的に負担し続けると、少なからず男女のパワーバランスが男性に傾いていきます。男性にばかり主導権を持たれるのが嫌な女性もいるでしょうが、それは男性にしてもあてはまります。いつまでも仲良く気楽な関係でいたいのに、男性の立場が強くなるのは居心地悪く感じてしまうでしょう。そこで、ふだんから貸し借りの関係を作らず、気をつかわなくても済むように割り勘を意識しているのです。

中には、大切なデートの際には支払いを持ってくれる男性もいますし、割り勘といっても決して金銭面だけを気にした行動ではありません。割り勘にされているというだけで、女性は男性の愛情を疑わなくてもいいでしょう。

デートなのに割り勘?おごらない男性に隠れた心理とは

男性から「割り勘でもいい?」と聞かれたときの反応

男性から「割り勘でもいい?」と聞かれた場合には、素直に受け入れるのが得策です。女性の心の中では「どうして?」と不満を感じている場合もあるでしょう。しかし、そんな態度を露骨に出してしまうと、男性からは「面倒な女性」だと思われてしまいがちです。そもそも、デートに向かう時点で割り勘だと決め付けずに、自分でもお金を用意しておくようにしましょう。

しかし、男性心理とは難しいもので、「割り勘でいい?」と聞いたとき、女性から「もちろん」などと答えられても傷ついてしまう人がいます。まるで女性から「どうせおごるだけの経済力はないでしょう」と言われているように受け取り、プライドにヒビが入ってしまうのです。手間ではありますが、割り勘の確認をしてきた男性には「二つ返事」をするのではなく、冷静なトーンで了承するのがおすすめです。

ただし、毎回割り勘の提案を受け入れる必要はありません。たとえば、付き合う前に気のない相手と食事に行った場合です。割り勘を了解することで、相手から「誘いやすい相手」だと勘違いされるリスクがあります。あえて不満な返事を見せると、遠回しに次のデートの拒絶ができます。

また、男性が「ここはおごる」と言っているときは割り勘にしなくて大丈夫です。男性には女性に「いい所」を見せたい瞬間があります。男性のプライドが会計で満たされるのであれば、素直にお礼を言って男性におごらせてあげるのが得策です。

「おごってもらって当然」の態度は損をする!

女性の中には「デートではおごってもらって当然」という考え方の女性もいます。また、「男性がおごってくれるときの頼もしさが好き」という女性も少なくありません。こうした女性は、デート代を全額支払うことに不満を感じない男性と付き合えば長続きする可能性もあります。

しかし、全ての男性に対し「おごってもらって当然」の態度を貫くのはデメリットのほうが大きいでしょう。決してケチな男性でなくても、女性の印象を悪くしてしまうリスクがあります。

理由としてはまず、相手への感謝の念が薄れがちだからです。「おごってもらって当然」と考える女性は、会計時にもお礼するのを忘れてしまいがちです。あるいは、お礼が雑になって男性をムッとさせてしまうでしょう。何気ない態度が男性に勘付かれて、「嫌な人だな」と思われるかもしれません。

次に、男性のストレスを蓄積させてしまう点です。最初の会計時には何も思っていなくても、おごるパターンが続くうち、ストレスに変わる男性は少なくありません。そして、他の場面でも「いつも僕に支払わせているくせにそんなことを言うのか」と怒りの原因を生み出してしまいます。

男性が自ら払ってくれる場合でも、女性から「割り勘にする?」と提案したほうが無難でしょう。男性に無理をさせないよう、データ代の分担については慎重になる必要があります。

「割り勘」だけに注目しないで男性を判断する

もし割り勘を提案してくる男性がどうしても許せないのであれば、最初からそんなタイプの男性と付き合わないのがおすすめです。しかし、割り勘だけに注目して男性を判断してしまうと、痛い目をみるケースもあります。「おごってくれる男性は良い人」という考え方にも穴があると心得ておきましょう。

たとえば、頑なに割り勘を拒否する男性には、自己陶酔の念が働いていることもありえます。ナルシストな男性は傷つきやすく、自分勝手な側面も持っているので決して「良い相手」とは言い切れません。

また、デート代を支払うことで主導権を手に入れ、女性を束縛したい男性もいます。こうした男性は喧嘩をしたときなどに恩着せがましく「いつも俺が支払っているだろう」と避難してくる可能性があります。おごってくれる男性が女性のためを思っているとは限らないのです。

きっちりと割り勘をしてくる男性はケチで神経質に見える場合もありますし、細かい単位まで計算しているのが気に入らないならはっきりと注意してもいいでしょう。しかし、その行為の影には往々にして「いつまでも仲良くしていたいから」だとか「デートをストレスに変えたくないから」といったポジティブな想いが隠されています。男性の真意を見極め、割り勘だけにこだわらない関係性を築ければ、幸せな恋愛を送れるでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係