読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 別れ > 別れの予感 > 別れの予感を感じたら!あなたはどうする?

別れの予感を感じたら!あなたはどうする?

別れの予感を感じたら!あなたはどうする?

まだ別れてはいないけど、相手の気持ちが冷めてしまって終わりが近いという恋愛をしている人は意外と多いのではないでしょうか。もしくは自分の方が冷めてしまって、これ以上関係を続ける自信がないということもあるかもしれません。別れの予感を覚えるのはどのようなことがきっかけになるのでしょうか。男女それぞれの気持ちが離れるパターンや別れを予感した際に、それを食い止める方法などを紹介していきます。別れのサインを見逃さないようにしましょう。

彼氏の気持ちが離れたと感じるサインとは

今までラブラブだった彼氏が冷たくなったと感じるのはどのような時でしょうか。連絡がこちらからばかりで彼氏からほとんど無くなってきた場合、その恋愛はイエローカードといえるかもしれません。男性のタイプによっては頻繁に連絡をしない人もいますが、恋愛当初を思い出してみてください。その時は熱心に連絡してきていたのだとしたら彼氏はマンネリに陥っている可能性があります。誕生日やクリスマスが近づいてきても何もアクションを起こさないようだとその恋愛は終焉に近づいているといえるのではないでしょうか。マンネリは色々な態度に現れます。例えば、以前はこちらのくだらない冗談に対しても笑っていてくれた彼氏がスルーしだしたら要注意です。あなたのことが好きでたまらない頃はそういうところも可愛いと思っていてくれたはずが、今はそうではないのでしょう。自分のことを大事にしてくれているかどうかは物事を事前報告するか事後報告するかでもある程度判断できます。「会社辞めたから」「転勤決まったから」といったような重要なことを事故報告でいわれたら、あなたの存在が彼氏の中で小さくなっている可能性が高いです。

別れの予感を感じたら!あなたはどうする?

彼氏はもういらない?自分の気持ちが離れていく原因とは

逆に自分の気持ちが彼氏から離れつつあると感じるのはどのような時でしょうか。付き合っていても楽しくない、相手に魅力を感じないという状況になればその恋愛を継続するのは難しいでしょう。彼氏からキスをされてもなにも思わない、むしろ苦痛を覚えたとしたら心が完全に離れてしまっています。男性は同じルーティンに安心感を覚える人が比較的多いですが、女性は同じパターンだと飽きてしまうことが大半ではないでしょうか。ちょっとしたサプライズを常に求めているところがありますので、同じことの繰り返しだとマンネリ化を招くことになります。一緒にいるのに寂しさを感じさせるような男性の場合も女性の心は離れやすいです。相談事をほどんど聞かなかったり、メールの返信がそっけなかったりすると女性は孤独な気持ちになります。男性のことが好きだとしても、別れを徐々に考えるようになるでしょう。また精神的に充実し、なにか目標に向かって頑張っている時は彼氏の存在が必要なくなるパターンもあります。

焦らないで!別れを予感したら一度冷静になろう

彼氏が自分に対しての興味を失っていると確信したら、どのような行動を取るべきでしょうか。まず焦りは禁物です。彼氏が自分から離れてしまう不安から彼氏に対する依存をより高めてしまう人がいますが、逆効果になることが多いです。男性は「追うのは好きだが追われるのは苦手」という傾向があるため、こちらから追うような態度を取れば、ますます引かれるリスクがあります。ここは冷静になって彼氏との距離を置くのがよいかもしれません。趣味に没頭したり、友達と遊びにいったりするなど気分転換をしましょう。自分磨きに精を出すのも悪くないアイディアです。どんな方法でも良いので自立心を持つことを目指してみてください。自立心をしっかり持った女性は男性にとって魅力的に見えます。逆にあなた自身が彼との別れを望んだらどのような行動を取るべきでしょうか。彼氏はあなたにとって本当に必要がない存在なのかどうかをあらためて考えてみてください。付き合い始めたころのドキドキ感はなくなっても精神的支柱としてあなたをサポートしてくれているとはいえませんか。もしそうであれば形は以前とは違うにしろ、それも立派な恋愛関係といえるのではないでしょうか。

タイプ別にご紹介!別れを食い止める方法3選

とにかく別れを食い止めたい、冷静になんてなれないと考えるなら、リスクをかけて相手の気持ちを揺さぶる行動にでるのも仕方がありません。彼氏のタイプ別にその方法をご紹介していきます。

・押しに弱いタイプ

少し気が弱い彼氏であれば、ちょっと強引なアプロ―チをしかけてみましょう。「あなたのことが世界一好き!」とぶちまけてみたり、「悪い所は直すからもう少し一緒にいよう!」など懇願してみたりするのもよいかもしれません。口だけでなく、悪いところを具体的言ってもらって改善する意思を示せば彼氏もあなたを見直す可能性があります。

・甘えん坊タイプ

あなたの方が年上で彼氏が甘えてくる性格だったなら「もう別れようか」とあっさり切り出してみてはいかがでしょうか。今まで甘えさせてくれた彼女にいきなりそういわれると彼氏の気持ちに変化が生まれることも多いようです。「私よりいい女なんていないよ。別れたら後悔するよ?」と頼りがいをアピールしてみても良いです。ジタバタと懇願するよりも、凛とした態度を崩さないようにしましょう。

・年上タイプ

逆にあなたが年下で彼氏が年上なら「嫌だ、別れたくない!」とひたすら駄々をこね、涙を流してみる方法もあります。ダメな女を演じることで「俺がいなければこの女は生きていけない」と思わせることに一縷の望みをたくしましょう。

別れのサインが見えたら、対応を考えて

どんなに調子のよい恋でも3年経つと倦怠期に入るといわれています。脳内物質ドーパミンは恋に落ちた瞬間は大量に分泌されますが、3年も経つとその活動には陰りがみえてきます。その影響もあってか、付き合いが長くなればなるほど喧嘩をしてしまったり、連絡する頻度が減ったり不安になることが増えていくのでしょう。別れのサインを感じた時、それを見逃さないようにしてください。別れのサインを放置すれば、その恋愛は終わりを迎えます。このまま終わってしまっても良いのか、それとも食い止めるためにアクションを起こした方が良いのかをよく考えてみましょう。自分の気持ちと真正面から向き合い、冷静な判断を下すようにしてください。倦怠期を乗り越えていくことで、好きだった相手がかけがいのないパートナーへと変化することを忘れないようにしましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係