読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 結婚 > 結婚のメリット > 結婚って意味があるの?そんな疑問を持つアナタにメリットを解説します

結婚って意味があるの?そんな疑問を持つアナタにメリットを解説します

結婚って意味があるの?そんな疑問を持つアナタにメリットを解説します

結婚をすすめるような発言を聞くたびに「結婚って本当にいいの?」と疑問を持っていませんか。確かに一人暮らしが充実している人や仕事が楽しい人にとって結婚は窮屈に見えるかもしれません。もちろん、どんな相手と結婚するかで大きく変わります。不便に感じる部分もあるでしょう。しかし、全体的に見ると結婚にはメリットもたくさんあります。既婚者だから分かる結婚のメリットや、どんな相手を選ぶことが幸せにつながるかを解説します。

一番のメリットはコレ!時間を共有できる相手がいる

結婚の一番のメリットは、一生を通して時間を共有できる相手がいるということです。一人暮らしが長い人や実家での暮らしが楽しいという人にとっては、環境を変えることに抵抗を感じる人もいます。そのため、つい結婚を先延ばしにする人も見られます。しかし、結婚には一人暮らしや実家暮らしとは違う良さがあります。そのひとつが寝食を共にできる相手がいるということです。一緒に食事をしたり会話をしたりということだけではなく、配偶者がいれば嬉しいことも辛いことも分かち合えます。長い人生の中には心が折れそうなことも時にはあります。そんな時に温かく迎えてくれる人がいるのは本当に安心します。どんな時でも、お互いの誕生日や結婚記念日を一緒に祝えるのも配偶者です。仕事での失敗やトラブルで辛いことがあった時も一番の理解者としてそばにいてくれます。違う環境で育った他人同士ですから、結婚当初はささいなケンカをする夫婦もいます。しかし、多くの夫婦は譲り合ったり理解し合ったりしながら、一緒に過ごすことに楽しみを覚えていくのです。そして相手に合わせることで自分が成長できます。親や兄弟とは一生一緒にいることはなかなかできません。ずっと長い時間を共有するのが結婚相手です。共通の趣味を持った相手と結婚すれば、一生一緒に楽しめます。1人ではできなかった趣味でも、配偶者と一緒に始める人も少なくはありません。夫婦だけで暮らすのも楽しいことですが、子どもを産み育てるのも大きな喜びではないでしょうか。親になり、子どものことで協力し合うことで、また成長できるのです。

結婚って意味があるの?そんな疑問を持つアナタにメリットを解説します

親戚づきあいは面倒?でも家族が増えるとこんなメリットが!

結婚をすると、配偶者の家族も自分の家族になります。家族が増えるのは嬉しいことではないでしょうか。家族や親族が多いと、意外なところで助けられることもたくさん出てきます。配偶者や自分が入院したり、何か困ったりした時に助けてもらえるのは心強いことです。結婚記念日や子どもの誕生日に節句、進学など、家族の記念日を一緒に祝ってもらえます。自分が生まれ育った家庭とは異なる環境に仲間入りするのは、慣れるまで大変な面もあります。しかし、家族として同じ悩みを共有して協力し合うことで、視野や考え方が広がります。また、自分の家庭にはなかったことを結婚相手の家族や家で体験することもできます。例えば、一人っ子で兄弟が欲しいと感じていたなら、配偶者の兄弟が自分の兄弟になるということです。家業を手伝ったり継いだりすることで、夢だった仕事を実現できることもあります。結婚相手の両親や兄弟と仲良しという人は多く、一緒にショッピングや旅行に行くのも楽しいことです。

こんなメリットも!税金など優遇されることがいろいろ

結婚で税金などが優遇されるものがあります。妻の収入に応じて控除される「配偶者控除」がそのひとつです。2017年に一部改正がされましたが、妻の年収が123万円以下の場合は控除の対象になります。結婚を機に仕事をセーブしたいという女性にとって「配偶者控除」は嬉しい制度ではないでしょうか。税金の他にも、個人で加入していた生命保険を夫婦型に変えることで掛け金が下がるものもあります。民間の保険には夫婦で加入できる保険がいろいろ出ているのです。自動車保険の中にも、一緒に加入することで割引になるものが出ています。特にクレジット会社と提携する命保険の中には安い掛け金が設定されているものがたくさんあります。自分が利用しているカードの中にないかチェックしてみましょう。携帯電話のプランにも家族通話がお得になるものや、割引など利用できるものは意外と多いので、知らないと損をします。結婚すると家賃などの生活費の負担割合が下がるのも、大きなメリットです。実家暮らしをしている人はあまり関係ないかもしれませんが、一人暮らしをしている女性なら負担が軽くなります。夫が全面的に生活費を出してくれる場合なら、その分、預金や他のことに充てられます。夫の方には配偶者手当や住居手当など新たな手当がつく可能性も出てきます。そうなれば、ますます生活には余裕が出るでしょう。

探せばメリットはたくさん!幸せな結婚をするポイントは?

結婚と恋愛の一番の違い、それは相手の家族とも関わることです。女性は家事の負担が加わると考える人もいるかもしれませんが、それは結婚する相手によります。中には、家事に協力的な男性もいますし、妻の仕事や友人との付き合いに理解のある男性もたくさんいます。妻に理解のある男性を配偶者に選べば、仕事や友人との付き合いなど、独身の頃と変わらない生活を続けることは可能です。ただし、結婚を決める前に相手の両親や家族に会っておくことをおすすめします。結婚を考える男性は、自分の家族に会わせてくれるのが一般的です。話が出たら、ぜひ会わせてもらいましょう。両親の夫婦関係は、彼の結婚観に反映されやすいからです。父親が母親を大切に扱っている家庭で育った人は、家庭を持つと同じような夫婦関係を築こうとします。彼にとってそれが当たり前の家庭だからです。両親の夫婦仲が良く、明るい家庭であればまず心配は要りません。両親の夫婦仲が悪い、または両親と彼の関係がうまくいっていない場合には、結婚後もトラブルが考えられます。息子が大切な人を連れてくるのに両親のどちらかが同席しない場合も、考えた方がいいかもしれません。彼から両親のことや家族の関係について聞いておくのも良いでしょう。何より一番は実際に会ってみることです。仲の良い両親は、結婚後も子育ての協力など何かと力になってくれることが期待できます。幸せな結婚のポイントはまず本人同士の相性、そして次に相手の家族です。結婚はできるだけ自分にとって幸せな条件を探し、決める前にいろいろな角度から見てメリットが感じられる相手を選ぶようにしましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係