読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 愛・恋とは > きっかけ > 男性心理をつかもう!男性が「この女性と付き合いたい」と感じる瞬間とは?

男性心理をつかもう!男性が「この女性と付き合いたい」と感じる瞬間とは?

男性心理をつかもう!男性が「この女性と付き合いたい」と感じる瞬間とは?

容姿にも性格にも自信があるのに、なぜか男性から「付き合いたい」と思ってもらえない女性がいます。実は、女として魅力的であることと「付き合いたい」女性になることは必ずしも一致しません。男性心理は複雑であり、ただ美しいだけでは「彼女にしたい」と思ってもらえないのです。逆を言えば、男性心理を理解できれば自分に自信がなかった人でも意中の男性と付き合える可能性はあります。ここでは、「男性に付き合いたいと思わせる」テクニックを解説します。

男性が「付き合いたい」と思う瞬間の例

まず、男性が女性に対して「付き合いたい」と思う瞬間を知っておく必要があるでしょう。まず、二人きりになったときの空気で男性は女性の魅力を認める傾向があります。ふだんは友人や同僚の一人として接していた女性が、一対一で話している瞬間、急に女性らしく見えてくるのです。そんなとき、男性は相手を「もしも彼女にしたら」と意識し始めるでしょう。

女性の意外な面を目撃したときも「付き合いたい」と思う男性は多いです。たとえば、気の強い女性が料理をするなどの家庭的な面をのぞかせたり、キャリアウーマンが少女趣味を持っていたりと、想像しにくい本性をのぞかせると男性は恋愛感情を抱きやすくなります。逆に、完璧すぎて隙がない女性は人間として魅力的でも「付き合いたい」という発想は抱かれにくいでしょう。

スキンシップの方法も大切です。男性は女性と違って、友人とボディータッチを交わす習性がほとんどありません。そのため、異性からボディタッチされると「この子と付き合えるんじゃないのか」と意識し始めがちです。飲み会で隣になったときなどに、さりげなく肩を叩かれただけでも女性を好きになってしまう男性はいます。女性からすれば何とも思っていないアクションも深読みして「彼女にしたい」と考え出すのです。

男性が女性と「付き合いたい」と思う瞬間には、女性が無意識に行っているものも少なくありません。男性受けのいい仕草を意図的に行えるようになると、恋を成就できる確率は高まります。

男性心理をつかもう!男性が「この女性と付き合いたい」と感じる瞬間とは?

「付き合いたい」女性と「付き合わなくていい」女性は何が違う?

「可愛い女性」「セクシーな女性」は魅力的な存在ですが、魅力があれば確実に男性が「付き合いたい」と思うとは限りません。あくまで男性に響く魅力をアピールして「付き合いたい」と思わせましょう。

たとえば、ボディータッチが男性に効果的だと知った後でも、誰とでも触れ合うのはおすすめしません。あまりにもスキンシップが過剰になると、鈍感な男性でも「この女性は自分のことが好きなんだろう」と悟ります。恋愛において、一方の想いが強すぎると、思われる側に主導権が移るケースは珍しくありません。男性は相手を「都合のいい女性」と感じ、不真面目な接し方をしようと試みる可能性があります。もしくは、誠実な男性ならば「誰にでもこういうことをしているんじゃないか」と疑い、気持ちが冷めてしまうリスクもあるでしょう。

男性が「付き合いたい」と思うのは「相手が自分を好きなんじゃないか」と確信が持てない相手に対してです。確信こそないものの一緒にいて楽しいという絶妙なバランスが、男性の恋心を駆り立てるのです。

また、「この女性の側には自分がいたい」と庇護欲をそそられる相手も恋愛対象になります。仕事ができたり、リーダーシップがとれたりする女性は人間として魅力的ですが、男性には「自分がいなくても大丈夫」ととらえられかねません。好きな男性の前では素直に弱さを見せられる女性のほうが、「強い女性」よりも彼女にしたいと思ってもらえる存在なのです。

「付き合いたい」と思わせるためのテクニック

男性心理をくすぐり、「付き合いたい」と思わせるためのテクニックとして「特別感」が挙げられます。「こんな態度を見せるのは自分だけではないか」と男性が感じるようになったら、女性を意識して恋愛に発展しやすくなります。たとえば、集団の中でも意中の男性の発言には大笑いしたり、強く反応したりしてみましょう。誕生日などのイベントには「おめでとう」と声をかけるなど、他の男性にはしていない行動を見せていきます。コツは、露骨に「好き」と伝わらない程度にとどめておくことです。「好かれているかもしれない」というドキドキ感が、男性があなたについて考える時間を増やし、恋愛の芽を育みます。

メールやLINEも好きな男性には積極的に送ってみましょう。内容は特に意味がなくて大丈夫です。むしろ、「意味がなくていいから好きな人とつながりたい」という気持ちが伝われば、男性はあなたを異性として意識し始めます。ただし、LINEでやりとりをする習慣が無い男性には「重い」と思われるリスクもあるので、相手は選びましょう。

悩み事相談を持ちかけてみるのも、おすすめのテクニックです。男性は女性に頼られるとプライドが満たされ、庇護欲をかきたてられます。「この女性のために力をつくしたい」と自然に思ってくれることでしょう。そのうえで「こんな相談ができるのはあなただけです」と伝えれば、高確率で男性はときめきます。そのまま男性側が「付き合いたい」という思いに発展するのも十分可能でしょう。

男性心理をつかんで彼女になろう

自分に自信がない女性は「好きな人に振り向いてもらえない」と自暴自棄になりがちです。そんなコンプレックスを抱えながら挑む恋愛はつらく、悲しい結果になってしまうでしょう。しかし、「女性が思う魅力的な女性」と「男性が付き合いたい女性」は別物なのです。男性心理を踏まえて的確なアプローチを行えば、自分に自信がない女性でもライバルから飛びぬけて、彼氏をつかまえられる可能性はあります。

そのためには、恋愛の主語を「自分」から「男性」に変えてみましょう。自分に自信がある女性は「自分から動けば自然と男性の気持ちはつかめるだろう」と過信している場合があります。しかし、アプローチが男性心理に沿った内容でなければ男性の心は射止められません。「こんなとき、あの人ならどう思うだろう」と考えてから行動すると、男性がときめくアプローチができるでしょう。

男性が女性と「付き合いたい」と思うとき、その感情には「一緒にいて楽」「話が合う」などの思いも含まれています。完璧な女性と付き合うことは、緊張して苦しいと感じている男性も少なくありません。隙のない女性に生まれ変わるのは難しい努力ですが、意中の男性だけに好かれる努力ならば実現しやすいでしょう。男性の望む言葉や行動を研究し、「魅力的な女性」よりも「付き合いたい女性」を目指すのが恋愛成就の近道です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係