読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 名言・言葉 > 失恋の名言 > いつまでもこんな気持ちじゃいられない!辛い失恋を乗り越える名言集!

いつまでもこんな気持ちじゃいられない!辛い失恋を乗り越える名言集!

いつまでもこんな気持ちじゃいられない!辛い失恋を乗り越える名言集!

失恋した後は、ふとした瞬間に彼のことを思い出したり、急に寂しい気持ちが込み上げてきたり、辛い気持ちになってしまうものです。だからといって、いつまでも辛い気持ちを引きずるのは、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。そこで、明るい未来に一歩でも近づけるように心が前向きになる名言をまとめてみました。片思いが実らなかった時や付き合っていた彼に振られた時など、状況別の名言を集めてみたので参考にしてみてください。

恋が実らなかった…片思いの彼に失恋した時の名言

告白をしたけれど彼には好きな人がいた、想いを告げる前に彼女ができてしまったなど、片思いで終わってしまう恋は少なくありません。そんな切ない失恋を経験した人に贈る名言です。

「失敗しなくちゃ、成功はしないわよ」(ココ・シャネル)

今回の恋は上手くいかなかったかもしれませんが、その経験を次の恋に活かせば成功へ近づくことができるはずです。

「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである」(テニスン)

恋する気持ちは実際に恋をした人にしかわかりません。そう考えれば、例え片思いだったとしても、誰かを好きになるという素敵な経験ができたと前向きに考えることができます。

「枯れない花はないが、咲かない花はある」(西尾維新)

どんな花も必ず枯れる時がきますが、咲かずに終わってしまう花もあります。恋愛も同じと考えると、今回の恋はたまたま咲かない花だったと考えることができるのではないでしょうか。

「失恋すると、5年後に素晴らしいことが起こります。エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、葉巻をくゆらせながら『ずいぶん長いこと会わなかったね』なんて言ったりするの」(フィリス・バテレ)

今はカッコ良くて素敵に見える彼でも、ずっと今のままとは限りません。数年後、偶然会った時には、本当に大好きだった彼なのか疑ってしまう姿になっていることがあります。逆に、失恋をきっかけに自分磨きをしていけば、いつか偶然再会した時「あの時振らなければよかった!」と後悔させることも出来るのです。悲しんでいる時間を自分磨きの時間に切り替えてみるのはいかがでしょうか。

いつまでもこんな気持ちじゃいられない!辛い失恋を乗り越える名言集!

このまま続くと思っていたのに…付き合っていた彼から振られた時の名言

自分は別れるつもりがないのに、彼から一方的に別れを告げられてしまうのは辛いものです。辛い気持ちを少しでも明るくしてくれる名言を集めました。

「これだけは覚えておいてくれ。すべてを失ったと思える瞬間さえも、君の未来は続いているという事を」(ボブ・ディラン)

大好きな彼が自分から離れてしまうと、すべてを失った気分になってしまうのではないでしょうか。彼の存在がなくなったからといって、すべてをなくしたわけではありません。これから訪れる未来のことを考えてみてください。

「あなたを捨てた男のためなんかに泣いていては駄目。次の男があなたを笑顔にする恋かもしれないでしょ」(メイ・ウエスト)

振られてしまったショックは計り知れないものです。だからといって、いつまでも彼のことを思って泣いていては、新しい恋のチャンスを逃してしまう可能性があります。次の恋の相手は笑顔にしてくれると信じて気持ちを切り替えましょう。

「愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない」(ココ・シャネル)

突然の別れを受け入れられず、何とか繋ぎとめようと彼にすがってしまう人もいるかもしれません。でも、それでは重い女と煙たがられ、嫌な女として彼の記憶に残ってしまいます。別れ際の印象を良くすれば、きっといい思い出として彼の記憶に残るはずです。

「失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる」(ウルスラ・アンドロス)

人は悲しみを乗り越えて強くなっていくという説があります。今は辛くても、この悲しみが免疫になると信じましょう。

楽しい思い出がありすぎて…昔の恋が忘れられない時の名言

時間が経てば忘れられると思っていた恋なのに、いつまでも忘れられずに次に進めないという人も少なくないのではないでしょうか。前に進めず辛い思いをしている人に贈る名言です。

「愛の最も悲しいことは、愛が永遠に続かないことだけでなく、失恋がすぐに忘れられること」(ウィリアム・フォークナー)

昔の恋を忘れられないということは、それだけ素晴らしい経験だったということができます。忘れられないことを悪いことと考えずに、良い方に捉えてみてはいかがでしょうか。

「いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ」(オプラ・ウィンフリー)

昔の恋を引きずっていると、このまま忘れることはできないんじゃないかと不安になります。無理に忘れようとしなくても、前に進むべき時が来たなら自然と前を向けるようになるでしょう。

「思い出が悲しいのではない。思い出を美化するから、悲しいのだ」(秋元康)

別れた直後は嫌な部分がたくさんあったはずなのに、時間が経つと良い思い出ばかり思い出すという人は少なくないはずです。それは、彼との思い出を美化しているという可能性があります。

「何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが、突然どうでもいいことに思えてくるのです」(アイリス・マードック)

今は彼のことが忘れられない日が続いているとしても、ふとした瞬間に気持ちが変わることがあります。もしかすると、ほんの些細なことがきっかけで突然吹っ切れるかもしれません。

考え方が変わるかも!?偉大な名言

最後は、考え方や気持ちを切り替えられるような名言を集めてみました。

「この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる」(山本周五郎)

生きていく上で経験することは、どんな出来事も無駄ではないということです。辛い出来事があるからこそ、嬉しいことがあった時に喜びが増します。辛い経験が自分を成長させてくれることもあるでしょう。失恋で感じた辛い気持ちも無駄ではないと思える日がきっとくるはずです。

「なんだって起きるがよい、時はどんな荒れた日でも過ぎていくものだから痛みを知らないものだけが、他人の傷を見て笑うんだ」(ウィリアム・シェイクスピア)

傷みを経験したことがない人は、人の傷みもわかりません。でも、辛い経験を乗り越えた人は、人の痛みがわかるので寄り添うことができるようになります。

「その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ」(ココ・シャネル)

運命の出会いはいつ訪れるかわかりません。終わった恋のことばかり考えるより、いつ新しい出会いがあってもいいように準備をはじめましょう。

「確実に幸福な人となるただ一つの道は、人を愛することだ」(トルストイ)

幸福になるなら誰かを愛することが必要なようです。どんな状況であれ失恋は辛く悲しいものですが、失恋を経験することによって分かることもあるのではないでしょうか。また、辛い思いをした分、人に優しくできるようになるはずです。どんな状況でも失恋は辛く悲しいものですが、失恋も貴重な経験と考えて次の恋では幸せを掴みましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係