読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > タイプ別 > ~女子 > 年上女性の魅力って何?年下くんの視点から考える恋愛対象の年上女性とは

年上女性の魅力って何?年下くんの視点から考える恋愛対象の年上女性とは

年上女性の魅力って何?年下くんの視点から考える恋愛対象の年上女性とは

男性が皆若い女性を好きだと考えるのは、間違った認識といえるでしょう。「ひとつ上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」ともいわれているように、昔から年上の女性は年下の男性にとってパートナーとしては最適だと考えられているからです。しかし、年下男性にとって年上女性なら誰でも良いというわけではありません。好かれる年上女性と避けられる年上女性がいます。年下の男性に好かれる年上女性とは一体どのようなものなのかを見ていきましょう。

年上女性をかわいいと思うときってどんなとき?

一般的に男性が女性をかわいいと思うときは、女性の笑顔だったりあどけない仕草だったりします。年下男性が年上女性をかわいいと思う瞬間もこれらの要素が含まれますが、それ以外にも、年上女性という肩書きとのギャップにかわいさを見出すことがあります。性別に関係なく年が自分より上というだけで、私たちは相手に対して落ち着いていたり大人っぽさがあったりすると思い込んでしまいます。しかし、実際には年をとっていても焦るときには冷静ではいられなくなります。年下男性は年上女性が仕事中ミスをしたときなどに、落ち込んだり何とかしようと頑張ったりする姿にかわいさを感じます。「完ぺきではない」という認識を年上女性に対して行うことによって、親近感が湧くからです。また、年上女性が見せる素直な言動に対しても、かわいいと思うことは多いです。例えば、一緒に食事をしたときに料理をおいしく食べることや、映画を見終わった後夢中になって映画の感想をしゃべることなどは、年下男性の心に響いてきます。「案外子供っぽいところもある」というギャップが、かわいさを感じさせるからです。年上女性が年下男性からかわいいと思われるためには、このギャップを存分に生かす必要があります。

年上女性の魅力って何?年下くんの視点から考える恋愛対象の年上女性とは

年下くんが引いてしまう!恋愛対象外になる年上女性の行動とは

逆に、年下男性が「勘弁して!」と感じる恋愛対象外の年上女性の言動には、一体どのようなものがあるのでしょうか。ことさら自分は年上であるという発言をするのは、年下男性的にはNGとなります。「もう年だから腰が痛くて」などのおばさん発言は、年下男性を引かせてしまう原因となります。発言だけではなく服装や身だしなみなどもきちんとしておくと、年下男性は年齢差を気にせずに接してくれることでしょう。ただし、過剰な若作りはNGです。あくまでナチュラルに年齢を感じさせないようにすることがポイントなので、年増の若作りと思われないように気をつけてください。自分の方が年上だからといって、積極的に年下男性におごってあげる必要もありません。年下といっても男性なので、女性に対しておごりたい気持ちはあります。おごりに対して抵抗感のない男性は、おごりが目当てなので年上女性に対して興味がない可能性が高いです。率先しておごるのではなく、相手の出方を見て割り勘にするかごちそうになるか、たまにはおごるのかを決めましょう。年下男性はおごられっぱなしだと女性よりも下だという格付けを自分の中でしてしまい、男性としてのプライドが傷つくと感じることがあるので注意が必要です。また、説教をするのも年下男性を引かせてしまう行動なので注意しましょう。説教をするとポジションが母親のようになってしまい、1人の女性として見ることができなくなってしまう恐れがあります。説教ではなくアドバイスをすることを心がけることで、母親から1人の女性へとポジションを変えることができるでしょう。

年下くんから意識されたい!どんな年上女性になればいい?

年下男性から好かれる年上女性には、いくつかの共通点があります。まず挙げられるのが放っておけないタイプです。少しドジで隙がある女性が、年下男性からの好感度が上昇します。完ぺきムードやできる女オーラを放ってしまうと、年上というだけで年下男性にとっては通常よりも強く感じられてしまいます。ミスもするし、ドジも踏むという人間らしさを隠さずに見せることで、年下男性の気になる女性になれる確率は高まります。また、叱咤激励をバランスよく行うことも大切です。年下女性は年上の男性に対して激励ができても、叱咤をすることはあまりできません。しかし、年上女性は年下男性に対して気を引き締めるための一言をいうことが可能です。たいていの場合、年下男性に対しては寛容でいることが重要ですが、たまにピシッと一言喝を入れることができれば、年下男性は自分のことを認めてくれていると感じることができます。喝を入れた後はフォローもきちんとして、バランスを保つこともしてください。くれぐれもくだくだと説教をしたり、ねちねちと嫌味をいったりすることのないようにしましょう。年上女性は無理に年下女性的な役割を演じるのではなく、年上だからこそできることをすることで、年下男性にとっての気になる存在に昇格することができるでしょう。また、年下男性から意識されたいのなら、変に高いプライドを持たないことも重要です。自分にできないことは人を頼ったり、自分のミスが原因で周りに迷惑をかけたらきちんと謝ったりすることは、人として大切なことです。一番悪いのはプライドの拠り所が年齢だけという場合です。「私の方が年上なのだから偉い」というオーラを醸し出していれば、年下男性どころか誰も近づいてきてはくれません。恋愛対象となるためにはまず、人としてどうかがポイントとなります。人間的に嫌いという人に対しては、恋愛対象として意識する存在になることはまずありえません。年下男性から意識されるためにはまず、人間的に魅力がある女性になることを目指しましょう。

年下くんを振り向かせたいなら自分を変えてみよう

気になる年下の男性がいたとして、なかなか相手から意識してもらえないのなら、まずは自分に変に彼より年上だという意識がなかったかどうかを振り返ってみてください。年下の男性とは自分の年齢を感じさせずに付き合うことで、相手もあなたを女性として見やすくなります。基本的に恋愛には細かな年齢は関係なく、人として魅力的かどうかが基準になります。相手が年上の女性だろうと、恋をしたら気持ちを止めることはできません。自分の中に相手や自分の年齢にこだわっていた部分があればそれを見直し、人として魅力的に成長していきましょう。相手の考え方を変えることは難しいですが、自分を変えることはそれほど難しくはないので、年下男性との距離を縮めたいのなら少しずつ自分を変えていくことが大切です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係