読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 束縛 > 束縛 > 彼氏の束縛が大変すぎてツライ!上手に付き合っていくためのポイント解説

彼氏の束縛が大変すぎてツライ!上手に付き合っていくためのポイント解説

彼氏の束縛が大変すぎてツライ!上手に付き合っていくためのポイント解説

付き合う前まではやさしくて穏やかな人だと思っていたのに、実は嫉妬深い束縛男だった……。そんな経験をしたことはありませんか。束縛するのはあなたのことが好きな証拠ともいえなくはないですが、度を超すと大きな負担になってしまいます。束縛をする彼氏はどのような心理状況なのでしょうか。またそんな彼氏とうまくやっていくにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回は束縛彼氏との付き合い方について解説を行います。別れを決心したときの注意点についても触れていますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

あなたの彼氏は大丈夫?心身ともに疲れ果てさせる束縛彼氏の特徴とは

束縛の強い彼氏とはどのような特徴を持っているのでしょうか。最も典型的な例としては、電話やメールの返事がないときに執拗に連絡を入れてくる人です。彼氏から連絡が来ても、状況によってはすぐに反応ができませんよね。しかし、束縛の強いタイプだと、あなたが返信するまでしつこく連絡を入れ続けます。なんとか時間を作り返信しても「なんで、こんなに遅くなったの?」と文句をいう場合もあるでしょう。返信が少し遅いぐらいでネチネチと攻められると徐々に疲れが溜まり、いずれは限界を迎えてしまうかもしれません。このような行動にでる男性はスマホのチェックを勝手にする傾向も見受けられます。例えやましいことはないとしても、プライベートなLINEやSNSを全部確認されるのは精神的ストレスが大きいのではないでしょうか。束縛の強い彼氏はとにかく自分の彼女と男性が会うことを嫌がります。職場の飲み会であっても、男性が参加すると聞くと意固地に反対してくることも少なくありません。職場の飲み会はある意味、仕事の延長線上のことなのでそこに踏み込まれてしまうと、あなたの業務に支障をきたす可能性もあります。服装に関してもあれこれと口をだし、露出は完全にNGという人もいます。彼氏による過剰な束縛は肉体的にも、精神的にもあなたを疲弊させます。これらの傾向を感じたらなんらかの対策を取る必要があるでしょう。

彼氏の束縛が大変すぎてツライ!上手に付き合っていくためのポイント解説

原因は多種多様!彼氏が束縛してくる理由とは

束縛の強い彼氏はどのような心理状況なのかを考えてみましょう。束縛の強い彼氏はコンプレックスが強く、自分に自信がないタイプが多いです。他の男性の方が自分よりも優れていると感じているため、あなたが誰かに取られることを日々不安に感じています。そのため、可能な限り男性をあなたから遠ざけたいと思ってしまうのです。元々はこういう性格ではない人でも、過去に手ひどい失恋を経験したことで疑心暗鬼になっている可能性もあります。また純粋すぎたり、全てを自分の都合の良い方向に解釈したりするタイプも束縛が強くなる傾向にあります。この手の人たちは悪気はないのですが、自分を中心に世の中がまわっていると勘違いしている面があるため、あなたのことも自分の思い通りになると信じて疑いません。話が通じなかったり、急に怒り出したりするのでかなり厄介な性格といえるでしょう。単純に嫉妬心が人一倍強い人も束縛がきついです。あなたが少し男性と話すだけで不機嫌になるようであれば、嫉妬心が強すぎるといえるかもしれません。束縛が強い原因はひとつではありません。いろいろな要素が絡みあっていることもよくあるので、冷静に相手を分析することが大切です。

束縛してくる彼氏とうまく付き合っていく方法を考えてみよう!

いくら束縛が強いといっても一度は付き合うと決めた彼氏ですから、できれば仲良くしていきたい人も多いでしょう。少し面倒かもしれませんが、束縛の強い彼氏に関しては、こちらからもマメに連絡するようにしましょう。「好きだよ」と言われればあなたからも「大好き!」と返してあげてください。小まめに連絡をいれることで彼氏は安心することができます。あなたの女友達を彼氏に紹介しておくのも良いアプローチでしょう。どこかに遊びにいく際に、「この前紹介した〇〇ちゃんと遊びに行くの!」と伝えれば見知らぬ人ではない分、彼氏の束縛も緩くなることが期待できます。女友達を紹介することで彼氏に対する信頼感を示すこともできるので効果的です。彼氏に対し、あなたの予定をできるだけオープンにすることが束縛を防ぐコツです。下手に隠すと、バレたときに彼氏の猜疑心が爆発するリスクがあります。しばらく連絡を返せないと思ったら、「今から仕事だからね」、「会社の飲み会に行ってくるから」など、あらかじめこちらの予定を伝えておくようにしましょう。このように彼氏を安心させるための行動をあなたが普段から取っていれば、彼氏の束縛もそこまで強くはならないはずです。束縛されることで困っていることをストレートに相談するのも良いかもしれません。彼氏はあなたのことが好きすぎて冷静さを欠いてしまっていることもあり得ます。彼氏の不安を取り除き、信頼感のある関係を目指していきましょう。

もう我慢できない!束縛彼氏と別れるときの注意点とは

いくら心を開いても束縛がおさまらない、自分勝手なことばかりを言う。もうどうしようもないと感じたら別れを決心するのも致し方ないでしょう。彼氏から常に監視の目を向けられてしまうと、あなたの心が疲れ果ててしまいます。そのような関係は、もはや恋愛とはいえないのではないでしょうか。別れを告げるときは、中途半端にならないように、はっきりとあなたの意思を伝えてください。束縛をする彼氏はあなたに対する依存度が高いですから、相手が望みを持ってしまうような言い回しは避けなければなりません。とはいえ、感情をむき出しにして別れを告げるのはNGです。なにが理由で、どうして別れを決心したのかを冷静に話すようにしましょう。相手がストーカーになるのを防ぐためにも、しっかりと納得させるような説明をする必要があります。今までの恨みに身を任せ、怒りをぶつけてしまうと、相手も感情的になり、最悪のケースだと暴力を振るわれることもあり得ます。可能であれば、信頼できる人に別れの場に立ち会ってもらうのがおすすめです。他人が介入することで、トラブルになる可能性を減らすことができますし、第三者の意見を聞くことで彼氏が自分の行いを冷静に受け止めることができるかもしれません。ただし、立ち会ってもらう人の選定は慎重に行うようにしましょう。

彼氏の束縛が強いかどうかは付き合う前まではよくわからないものです。今回紹介したような束縛彼氏の兆候が見られたら、うまく付き合うための対策を取るようにしましょう。その束縛は自分の許容範囲なのか、それとも範囲外なのかをよく考え、付き合いつづけるかどうかを冷静に判断するようにしてください。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係