読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 生理中 > イライラ > 知っておきたい!生理のイライラを乗り越える方法とは

知っておきたい!生理のイライラを乗り越える方法とは

知っておきたい!生理のイライラを乗り越える方法とは

生理前や生理中の期間は女性ホルモンなどの影響によりイライラや不安を感じやすい女性も多いのではないでしょうか。排卵後から生理が始まるまでの約2週間は、PMS(月経前症候群)と呼ばれるイライラなどの症状が出やすくなります。生理のときにかぎって仕事でミスをしがちな人や、彼氏とけんかしやすい人は対処法を知ることでPMSの症状を和らげることが期待できるでしょう。今回はPMSの原因や対策法についてご紹介します。

生理中のイライラ・不安の原因は女性ホルモンのせい?

女性は生理前や生理中にかけてイライラや不安感など情緒不安定になる傾向があります。イライラや不安などの情緒不安定は女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが大きく関係しています。卵胞ホルモンには、幸福感など気持ちを明るくさせる働きがあるといわれています。卵胞ホルモン分泌のピーク時に排卵が起こると、黄体ホルモンの分泌量が急増し、卵胞ホルモンの分泌は減少していきます。生理が始まると徐々に落ち着いてきますが、それまでは卵胞ホルモンの分泌が少ないためイライラや不安な気分になりがちです。そして女性ホルモン以外にも生理中の情緒不安定になる原因はあります。例えば、生理中には子宮に鉄分が流れてしまうため不足する傾向にあります。鉄分は心を落ち着かせる作用があるセロトニンを含んでおり、イライラを軽減させるための大切な栄養素です。さらに生理前には血糖値も急激に低下する傾向にあります。これは生理前に大量に分泌されるプロゲステロンが血糖値を調整するインスリンにも作用することが原因といわれています。血糖値が急激に下がると脳内の機能が低下しイライラしやすくなるため注意が必要です。

知っておきたい!生理のイライラを乗り越える方法とは

気軽にイライラを軽減できる対策法をご紹介!

イライラや不安などを軽減するためには女性ホルモンのバランスを整えることを意識しましょう。女性ホルモンを整えるためには上質な睡眠を取ることが大切です。成長ホルモンの分泌が多くなる22時?夜中2時までには眠るように心がけましょう。またカフェインの摂りすぎにも注意が必要です。PMS期はコーヒーなどに含まれるカフェインの興奮作用によってPMSの症状が悪化することもあります。仕事中にコーヒーを飲む女性は、ハーブティーなどのノンカフェインの飲み物に変えてみると良いでしょう。さらに、アルコールもイライラの原因といわれています。アルコールは交感神経を刺激する作用があるといわれており、寝る前などに飲むと不眠などになりやすくなる傾向があります。イライラなどの症状で悩んでいる女性は、上質な睡眠を取るために生理前?生理中の飲み会のお誘いは断った方が良いかもしれません。それ以外にも、アロマオイルなどの香りでイライラを軽減させる方法もあります。イランイランやラベンダーなどの心を落ち着ける効果のあるオイルを寝る前に数滴まくらに付けて寝ると安眠効果も期待できます。

生理中はバランスの取れた食生活を意識しよう!

生理前のイライラや生理痛を軽減させるためには日々の食生活を見直してみましょう。PMSの症状を和らげるためには、鉄分・ビタミン・ミネラルなどの栄養をバランス良く摂ることが大切です。例えば、生理中には子宮に鉄分が流れてしまうため鉄分が不足する傾向があります。日頃から鉄分が多く含まれるレバーやあさり、ひじきなどを積極的に摂取するようにしましょう。また、栄養素のトータルバランスを意識することも重要になりますが、仕事などで忙しい女性の場合は朝ごはんを食べずに出勤する人も多いのではないでしょうか。そんな女性は調理せずに時短で朝ごはんを用意してみましょう。例えば、バナナと豆乳、シリアルなどを常備しておけば、朝にすぐにフルーツシリアルとして食べられます。バナナには気持ちを落ち着かせる作用があるといわれる「セロトニン」が含まれており、生理中などのイライラにも効果が期待できます。さらに、マルチビタミンやミネラルなどのサプリメントで栄養を補うこともおすすめです。

生理中のイライラは彼氏に説明して分かってもらおう

生理が近づくと彼氏と無駄なけんかをしがちな女性も少なくないでしょう。イライラをコントロールする方法を知ることも大切ですが、彼氏に事前に説明して理解してもらうこともおすすめです。そのためには自分がいつPMSになるのか、普段から基礎体温を計測しておくと便利です。情緒不安定になりがちな排卵後を正確に把握し、彼氏にPMSのことを説明しましょう。彼氏に説明することにはさまざまなメリットがあります。例えば、つらい生理痛の時期にいろいろと気遣ってくれるようになるかもしれません。また、生理が落ち着くまではデートの回数を控えることで、無駄なけんかを避けることも可能です。もし生理中のイライラが原因でけんかになった場合は彼氏と別れ話になってしまう恐れもあります。生理が落ち着いたあとに後悔しないためにも、彼氏に女性のカラダのことを伝えてみてはいかがでしょうか。そして、イライラを軽減させるためには普段とは違うデートコースを選ぶこともおすすめします。イライラしがちな人混みの多い場所は避けて、リラックスできる自然が多いスポットを選ぶことも良いでしょう。

イライラが収まらないときは早めの受診が大切

生理のイライラなどの不調によって日常生活にも影響を及ぼす際には病院に行くことも大切です。もし、食生活や規則正しい生活などのセルフケアを行っても改善しない場合には、無理をせずに早めに診察してもらうようにしましょう。生理による情緒不安定を診察できるのは、婦人科・心療内科・精神科などがあります。情緒不安定の症状が生理前のみの場合にはまずは婦人科に行くと良いでしょう。婦人科では基本的な問診以外に、必要な場合には血液検査や尿検査なども行うこともあります。診察の際に女性ホルモンのバランスを医師にチェックしてもらうためにも、普段から基礎体温の計測を行うことをおすすめします。それ以外にも、症状に応じて低用量ピルやビタミン剤、漢方薬なども処方されるケースがあります。PMSだけでなく将来の妊娠などのためにも、相談しやすい婦人科医を早めに見つけておくことも重要です。このように、生理前から生理中の女性の心やカラダにはさまざまな変化があります。知識を上手に取り入れてイライラを上手くコントロールできるようにしましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係