読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 不倫 > 不倫・既婚 > 背徳感にドキドキ?既婚者がパートナー以外と恋愛するのはなぜ?

背徳感にドキドキ?既婚者がパートナー以外と恋愛するのはなぜ?

背徳感にドキドキ?既婚者がパートナー以外と恋愛するのはなぜ?

既婚者との恋愛はドキドキ感があってハマってしまう人もいるかもしれません。会社の先輩や上司など素敵な既婚者がそばにいると憧れを持ってしまう人もいるでしょう。しかし、不倫には相応のリスクがあります。相手のパートナーをはじめとした家族を傷つけることも忘れてはいけません。しかし、既婚男性の方からアプローチしてくるということもよくあることです。危険な恋にハマってしまったときのリスクやアプローチされた場合の男性の心理や対処法について解説します。

既婚者が家庭の外で恋愛をしてしまう理由とは?

既婚男性が自分のパートナー以外の女性と恋愛するのは、いくつかのタイプに分かれます。ひとつは遊びとして楽しんでいるタイプです。このタイプの男性の多くが家庭は家庭で大切に考えています。そのため、バレそうになったときや恋愛の相手が本気になったら別れに持ち込もうとします。そしてもうひとつは、パートナー以外の女性を純粋に好きになってしまうタイプです。このタイプには家庭内が冷え切っているというケースもみられます。子どもの存在など何らかの事情を抱えて離婚に踏み切れない人もいるでしょう。既婚者以外の女性と恋愛する男性は遊びとして楽しめる人か、または本気で好きになってしまう人かに分かれます。しかし、中には女性にアプローチされると断れずにズルズルと恋愛関係に発展してしまう人もいます。つまり優柔不断なタイプです。面倒見の良い男性に多い傾向があり、妻という立場で考えたら非常に心配なタイプではないでしょうか。

完全に遊びで割り切っている男性の心理には、「もっといろいろなタイプの女性と付き合いたい」、「セックスを楽しめる相手が欲しい」といったものがあります。家庭を守ってくれる人はキープしているので、外では派手な女性や若い女性と恋愛を楽しみたいという感じです。純粋に好きになってしまうタイプや押しに弱い男性の場合は、パートナーに罪悪感を感じながら過ごしている人がほとんどでしょう。完全に家庭が壊れている、すでに別居しているという場合はあまり罪悪感は持たないようです。

背徳感にドキドキ?既婚者がパートナー以外と恋愛するのはなぜ?

どうする?既婚者からアプローチを受けたときの対処法

積極的にアプローチしてくる既婚男性のほとんどは遊びと考えていいでしょう。ただし、例え自分も遊びとして楽しんでみたいと思っても実際にはおすすめできません。男性は遊びのつもりでも、その背景には家庭があります。男性のパートナーに知られたときには1人の女性を大きく傷つけることになります。また、子どもがいる場合には子どもへの影響も出るということを考えておくべきです。

既婚者からアプローチをされた場合には、できるだけ2人になる機会を作らないようにしましょう。はじめは食事や飲みに誘ってくるといったことが多いようですが、友人との約束などを口実に断るのが無難です。女友達よりできれば彼と約束があるということにしましょう。仮に彼がいない場合でも、いるように見せる方が諦めてくれます。会社の旅行や飲みの席など開放的な中でアプローチされたときには軽く断って離れ、密室など2人きりになることを避けてください。会社の上司や先輩などが強引に誘ってくるようなときには、性的に興味を持たれている可能性もあります。男性の中で「誘いに乗りやすい」または「彼がいない」といった勝手なイメージを持たれているかもしれません。

純粋に好意を持ってくれていると感じる相手には、誠実に断るのが一番です。できるだけ期待を持たせる回答は避けましょう。離婚などを条件にするのもNGです。

不倫のリスクは?バレたときのデメリットは覚悟しておくべき

「婚外恋愛」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。大人の恋愛というイメージで憧れる人もいるようですが、さまざまな言葉に置き換えても不倫は不倫です。誰かが不幸になることに変わりはありません。既婚者であっても好きになってしまうことはあります。稀なケースですが、既婚者であることを知らずに好きになってしまう人もいるでしょう。

しかし、不倫にはリスクがつきものです。公になったとき、社内恋愛の場合はどちらかが異動か退職を迫られることも珍しくありません。取引先などの場合は会社間の付き合い方にまで影響することもあるのです。また、相手の家庭が壊れてしまった場合にはパートナーから慰謝料の請求もされます。法律上では、離婚しない場合でもパートナーは100万円前後の慰謝料請求が浮気相手にできます。それが原因で離婚に至ってしまった場合にはそれ以上の金額の請求もありえます。

仕事への影響や慰謝料の問題だけで測ってはいけません。既婚者が浮気をするタイミングにはパートナーの妊娠中もあります。そんなときから不倫関係に陥ってしまえば、生まれてくる子どもまで不幸になるということです。そして、それは自分にも返ってきます。女性にアプローチする既婚男性は「家庭が冷えている」、「離婚をする」といった言葉を口にする人もいます。仮に本当に離婚を考えている人でも、離婚には相当のエネルギーが必要です。簡単には解決できません。そして休日や記念日などは1人で過ごすことも多いのが現実です。

よく考えて!危険な恋愛にハマってしまわないように!

家庭を持っている男性はどこか頼れる部分も多く、憧れてしまう人は多いかもしれません。中にはパートナーや子どもとの素敵な関係を見て好きになってしまう人もいます。自分をパートナーに当てはめてしまう人もいるでしょう。しかし、既婚者との恋愛には相手の家族が関わってきます。相手の男性が離婚を条件にしてきても、危険な恋愛にはまってはいけません。離婚を約束されても、実際にはなかなか踏み切れないのが一般的です。一度家族としてつながりができてしまうと、それを解消するには相当のエネルギーを要します。相手のパートナーが他の家族と良好な関係ならなおさら離婚は簡単ではないでしょう。浮気相手からパートナーを守ろうと家族ぐるみで結束することもあります。そうなれば、仮に離婚が成立しても周囲に認めてもらうのは難しいと考えてください。

恋愛は何の秘密もなく周囲にも堂々と紹介できる相手とするのが一番幸せです。他人の目を気にして旅行やデートを重ねるといったことはドキドキするかもしれません。しかし、そんな関係を続けて気づけば結婚しないまま年齢を重ねてしまうことはよくあります。すでに既婚者との恋愛にハマっている人はパートナーを傷つける前に関係を解消しましょう。既婚者にアプローチをされた場合には、誠実に断って相手と距離を置くことが一番です。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係