読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > デート > デートの会話 > ドキドキの初デート!食事のときに気をつけたいこと4選

ドキドキの初デート!食事のときに気をつけたいこと4選

ドキドキの初デート!食事のときに気をつけたいこと4選

初デートのときは誰しもドキドキして落ち着かないもの。髪型をどうしようか、どんな服を着ていこうかと、考えることは盛りだくさんです。でも、大切なのは身支度ばかりではありません。実は、見た目以上に男性が気にするのが女性の立ち振舞いなのです。中でもその人の人となりが分かりやすいのが食事のマナー。2人で向かい合わせに座ることの多いデートの食事シーンでは、女性のマナーやしぐさが気になるという男性も多いでしょう。そこで、初デートで最低限押さえておいた方がよい食事のときの注意点を4つご紹介します。

親しき仲にも礼儀あり!?食事のマナーに気をつけよう

食事のマナーの中で一番嫌われるのが「音を立てて食べる」ことです。子どもの頃のしつけにもよりますが、食事中の音を気にする人はかなり多いもの。もちろん、食事の音といっても、ラーメンや蕎麦をすする音のことではありません。クチャクチャと食べ物を噛む音です。中でも噛んでいるときに口を開けてしまう癖がある場合は、音を立ててしまいがちです。口の中に食べ物が入っているときには口を閉じるように気をつけましょう。そして、次に大切なのが、彼との食事に集中することです。彼を目の前にして、スマホで他の人とメッセージをやり取りしたりしないように注意しましょう。特にやましい相手でなかったとしても、目の前で自分を無視して他の人とやりとりしているのを見るのはあまりよい気がしないものです。スマホをチェックしないと不安になるという人もいるかもしれませんが、せめてデートの間だけは我慢しましょう。また、SNSに食事の画像を必ずアップする習慣がある場合にスマホでいちいち撮影するという行為も、相手によってはあまり歓迎されない可能性があります。お店によっては撮影禁止のところもあるので、そんなところで注意を受けてしまっては、せっかくのデートが台無しです。せめて最初のデートでは、相手を不快にさせないようにスマホはバッグの中にしまっておいた方が無難でしょう。

ドキドキの初デート!食事のときに気をつけたいこと4選

素直な気持ちを伝えて彼を安心させよう!

初デートでは彼もかなりドキドキしています。女性の何気ない発言やちょっとした表情をいちいち気にしては「つまらなくないかな」、「楽しんでくれてるかな」と不安になっているのです。その緊張が伝わってくると、つられて緊張してしまうこともあるでしょう。2人で緊張していては、楽しいはずのデートも楽しめなくなってしまいます。そんなときは、少し頑張って彼の緊張をほぐしてあげましょう。その方法は簡単。彼が嬉しいと思うようなポジティブな言葉をかけるだけでよいのです。例えば、「今日のデートはとても楽しい!」や「ここの料理、おいしいね!」など、自分がデートを楽しんでいることを素直に伝えてみましょう。このとき、心にもないような大げさすぎる褒め言葉は白々しく感じられてしまう可能性が高いので避けた方がよいですね。あくまでも自分が今思っていることをポジティブに伝えることが大切です。また、言葉にしなくても気持ちは伝わっているはずと思いがちですが、初デートではお互いのことがあまり分かっていないので、そこまで察することができる男性は少ないです。やはり、はっきりと言葉で伝えるコミュニケーションが大切となります。

ポジティブな言葉をかけることで、きっと彼も嬉しい気持ちになって笑顔になりますし、その笑顔を見て自分も同じように嬉しくなります。その結果、2人の雰囲気が和やかになり、デートをより楽しい印象にすることができるのです。

無理に話題を振る必要なし!食事中の会話のヒント

彼との元々の関係にもよりますが、付き合いたての頃は共通の話題が少ないもの。なかなか話題が見つからずに、無言になってしまうと少し焦りますよね。でも、それは彼も同じこと。焦って無理やり話題を振ろうとすると、おかしなことを言ってしまうこともあります。言わなくてよいことを言ってしまって、彼を傷つけたり、怒らせてしまったりしては本末転倒です。話すことが見つからないのであれば、無理に話題をひねり出したりせずに、彼が何か言ってくれるのを待ちましょう。また、話す口と食べる口は同じなので、食事中は食べることに集中する時間があっても問題ありません。食べながら無理に話すと、ツバや食べ物が飛んでしまうこともあって、マナーの悪い女性だと思われかねないからです。注意散漫になって、食べ物をこぼしてしまってもよい印象は与えられないでしょう。たとえ無言であっても笑顔を心がけ、美味しそうに食事をしていれば、それを見て彼も幸せな気持ちになるはずです。緊張していてうまく笑顔を作れない場合には、口角を少し上げることを意識すれば、それだけでも相手からは笑顔になっているように見えます。ただ、あまりにも沈黙が長く続く場合には、やはり気まずく感じてしまうこともあります。そんなときにはとりあえず目の前の料理を話題にしてみるといいでしょう。料理に使われている食材が好きか嫌いかといった質問をしてみるとそこから話が広がることもあります。

実は一番の山場!?初デートのおごられ方

初デートのときには彼が食事の支払いをしてくれることも多いでしょう。食事が終わった後にトイレなどに行くようにすると、その間に支払いを済ませてくれるケースもあります。ただ、彼があまり慣れていないとそこまでスマートな振る舞いは期待しない方がよいですね。また、普通は男性がごちそうしてくれるものだからといって、最初から「おごってもらって当然」という態度をとってしまうのは、あまり相手によい印象を与えません。一番よいのは、帰り際にお財布を出して支払う素振りをすること。彼がサッと全額出したり、「今日はごちそうするよ」と言ってくれたりしたときには、素直にお財布をしまいましょう。間違っても、自分で食べた分は自分で出すなどとしつこく言ってはいけません。大好きな彼の顔を立てて、可愛くおごられるのが理想的です。

食事のマナーには性格や好みなど、いろいろなものが表れやすいものです。お付き合いしている相手とは必然的に食事をする機会が多くなるので、気持ちよく食事ができない相手とは長続きしにくいでしょう。そうはいっても、食事の癖などは自分では気づきにくいもので、簡単に直せるものではありません。せめて最低限のマナーを守って、彼に最初のデートから幻滅されたりしないように注意しましょう。大切なのは自分が食事を楽しむことと、ごちそうしてもらった場合には相手にしっかりとお礼を言うことではないでしょうか。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係