読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 合コン > 合コン > これさえ知っておけば安心!合コンでの自己紹介で男性に好印象を残すコツ

これさえ知っておけば安心!合コンでの自己紹介で男性に好印象を残すコツ

これさえ知っておけば安心!合コンでの自己紹介で男性に好印象を残すコツ

合コンでは最初の自己紹介で与える印象が大きく、その第一印象で良いイメージを持つのかとっつきにくいと思われてしまうかが決まるといっても過言ではありません。第一印象で良い印象を残し、男性の心を掴んで見事彼氏ゲットとなるかどうかは、最初の自己紹介にかかっているともいえます。ところがこの自己紹介が苦手だという女性は多いのではないでしょうか。自己紹介で何を言えばいいのか、どんなところに気をつけると良い印象を残せるかをお伝えします。

合コンの自己紹介で話す内容が分からない

自己紹介では名前以外に何を言えばいいのかが分からなくて困ってしまう、名前だけ言って終わりになりがち、という人が多いのではないでしょうか。自己紹介で話さなくてはいけないことというのは決まっていませんが、自分についての情報を提供することで自分を知ってもらうことができますし、共通点があることが分かればそのあとの会話のタネになります。まずは名前ですが、名字だけ、名前だけよりもフルネームを伝えたほうが好印象です。そのうえで「何々と呼んでくださいね」などと付け加えると親しみやすく感じられます。自己紹介のときには名前だけでなく、趣味や出身地など、プラスアルファの情報も伝えるようにしましょう。同じ趣味を持っている人や出身の人、その出身地に行ったことがある人は、それを会話のきっかけとしてそのあとの会話につなげやすくなります。また共通する趣味があるというだけでも、話が合いそうだと感じポイントが高くなります。趣味についてあまり触れたくない人は、好きな食べ物や休日の過ごし方、職業などを伝えても良いでしょう。緊張してどうしてもあまり話せないという人は、緊張していることを口にだして伝えてしまいましょう。「何々です。合コンに参加したことがあまりなくて緊張しています。よろしくお願いします」というように自己紹介できれば、あまり話せなくても不機嫌なわけではなく緊張しているだけだと分かってもらえますし、逆にあまり遊んでいない人なんだと好印象に繋がる可能性もあります。慣れていないならと、フォローしてあげたくなる男性が出てくるかもしれません。あまり話せなくてもにこやかな表情を心がけていれば大丈夫です。

これさえ知っておけば安心!合コンでの自己紹介で男性に好印象を残すコツ

合コンの自己紹介では話し方がとても大切

合コンの自己紹介で内容と同じくらい大切なのが話し方です。敬語が使えて聞き取りやすく話せれば、きちんとした人だという印象を男性は抱き好感度アップにつながります。声を張って大きな声で話すと頑張りすぎていると思われてしまいますので、参加者に届くくらいの大きさで話しましょう。人間は緊張していると早口になりがちです。しかし早口で話されると聞き取りにくいですし、焦っている印象を与えてしまいます。ゆっくりしたスピードを心がけて話しましょう。またたまに自分のことを「私」以外の名称で呼ぶ女性がいますが、男性からは良い印象を持たれにくいことを覚えておきましょう。自宅では自分のことを名前で呼ぶ女性も、合コンの場では「私」に切り替えることをおすすめします。合コンではお酒も入りますので、ついうっかり自分のことを名前で呼んでしまったということがないように、普段から「私」で話すようにするのがベストです。話すときに笑顔を心がけることも忘れてはいけません。もし会場が賑やかすぎて端の席の人まで声が届かなくても、目を合わせてにっこり笑いかければ大丈夫です。自己紹介中も、ひとりひとりと順番に視線を合わせながら笑いかけると、話しかけやすそうだ、親しみやすい人だなと感じるため、印象が良くなります。

恋愛対象外になってしまう自己紹介とは

自己紹介で成功する人もいれば、失敗してしまう人もいます。合コンで注意したい自己紹介の例として、頑張って自分のことをアピールしすぎてしまうという失敗があります。自分のことを知ってほしい、良い印象を抱いてほしいというのは当然なのですがやり過ぎは禁物です。自己紹介にかける時間が他の人と比べて長すぎたり、自分の得意なことをしゃべりすぎたりしないように注意しましょう。また合コンで男性から不評なのは、上から目線で偉そうな自己紹介です。もし男性のメンツをみて期待外れだと思っても、笑顔で接してせめて一緒にいる時間を楽しむようにしましょう。また自分にはそんなつもりは全くないのに上から目線だと思われていたということがないように、常に笑顔で親しみを込めて話すように心がけることも大切です。過去の失敗例を思い出したときに、自己アピールしすぎてしまった、上から目線だと思われたなどの心当たりがある女性は、口数を少なめにして笑顔を心がけると良いかもしれません。控えめな女性が好きだという男性は少なくありませんので、今までとは違ったタイプの男性からお声がかかる可能性があります。

合コンで大事なのは親しみが感じられる自己紹介

合コンでは自己紹介で第一印象が決まりますが、自己紹介だけで合コンが終わるわけではありません。そのあとのトークタイムのほうが時間が長いので、トークタイムも自己紹介と同じくらい大切です。男性が「この女性は話しかけやすそうだ」、「この女性とこんな話題で話してみたいな」という印象を持っているところからトークタイムがスタートすると、そのあとの時間を楽しく過ごすことができます。そのためには親しみやすさが感じられる自己紹介ができることが大切です。しかし親しみやすさを目指して奇抜なことを言ってしまうと、ネタにされていじられるだけで終わってしまいがちです。とても盛り上がったのに恋愛対象として見てもらえなかった、という事態になる可能性もありますので、奇をてらう必要はありません。笑顔で、男性が共通点を感じられるような話題を散らした自己紹介ができることのほうが重要です。「趣味は読書でミステリーが好きです。最近誰々さんの本にはまっています」や「映画が好きなので休日は映画を見に行くことが多いです。アクションが好きで、最近見た作品の中でおもしろかったのは何々でした」というように自己紹介をすると、「趣味は読書です」、「映画です」だけよりもその先の会話に広げやすくなります。合コンに行く前に自己紹介の予行演習をして、自分の自己紹介が男性からみたときに親しみやすいかどうかを客観的に考えてみると良いでしょう。合コンでの自己紹介は、短くなりすぎても良くないですし、頑張りすぎても逆効果です。男性が興味を感じてくれそうな自分の情報を笑顔で伝え、自己紹介のあとの楽しい会話に繋げましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係