読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 好きなタイプ・嫌いなタイプ > 好き嫌いタイプ(男女共通 > モテ期か勘違いか?思わせぶりな行動をする男性心理の真実

モテ期か勘違いか?思わせぶりな行動をする男性心理の真実

モテ期か勘違いか?思わせぶりな行動をする男性心理の真実

魅力的な男性から優しくされると、多くの女子がときめいてしまうでしょう。しかし一方で、男性からは何の思い入れもない行動だった可能性もあります。モテ期が到来したのか、ただの勘違いなのか、女子の心を惑わせる男性にはやきもきするしかありません。そして、どうして思わせぶりな行動をとるのか疑問で仕方なくなるでしょう。男性心理を正しく理解すると、これ以上男性に振り回されません。ここでは、思わせぶりな男性の心理について解説します。

どうして男性は思わせぶりな行動をとるのか?

女性からすると「私に好意があるかも」と思えるような行動を男性がとっても、次の瞬間にはいつも通りの態度に戻っている場合があります。思わせぶりな男性の行動にはいくつかの理由が存在します。

まず、男性側が一瞬盛り上がってしまい、すぐ冷静になったときです。夜道で2人きりになるなどのロマンチックなシチュエーションでは、女性だけでなく男性も心が高ぶりやすいのです。そして雰囲気に流されて大胆な行動に出てしまうこともありえます。しかし、すぐ冷静になって「本気で好きになっていない女性にこんなことをしてはいけない」と自粛してしまい、結果的に女性を戸惑わせるのです。

単純に男性が優しく紳士的な性格だというパターンもあります。その場合、女性が信じられないような思いやりを見せても、男性にとっては当たり前の対応をしているに過ぎません。しかし、他に同じような行動をとってくれる男性がいなかったため、女性は「私のことを好きに違いない」と思い込んでしまうのです。

あるいは、誰にでも大胆な行動をとれる「軽い」男性なのかもしれません。いわゆる恋多き男性であり、少し好感を持った女性であれば「とりあえず」アプローチをかけてきます。しかし、相手ほどには恋愛を軽く考えていない女性は、男性の行動にパニックを起こすのです。女性は男性の真意を見抜き、勘違いから暴走しないようにしましょう。

モテ期か勘違いか?思わせぶりな行動をする男性心理の真実

女性が悩みがちな男性の行動いろいろ

職場の男性からされてときめいてしまう行動は、「仕事を手伝ってくれる」でしょう。もちろん、同僚に仕事を手伝ってもらえるのは珍しい行為ではありません。しかし、深夜まで残業に付き合ってくれたり、他の同僚ではなく自分だけ手伝ってくれたりするなら、悩ましい思わせぶりな行動だといえます。特に見返りを求めているような素振りもないなら、ますます男性の真意が気になってしまうでしょう。

団体でいるときと2人きりでいるときでギャップがある人も女性を戸惑わせます。第三者がいるときはお調子者なのに、あなたにだけは真剣な話をしてくるのは信頼の表れでしょう。しかし、その信頼は友人としてなのか、好意によるものなのかと考え始めると、終わりのないモヤモヤが広がっていきます。

スキンシップが多い男性も女性には気になる存在です。魅力的な男性から、移動で急ぐときに手を握ってきたり、雑談中に肩を叩かれたりすると悪い気はしないでしょう。「そもそも、男性は女性よりもスキンシップを好まないのではないだろうか。それなのに私には」と思考が止まらなくなり、相手の真意を知りたくなります。

シンプルに「好き」「かわいい」を連発してくる男性も思わせぶりです。それだけのことを言っておいて、ふだんは何事もなかったかのように接してくるとどう対応していいのか分かりません。特に好きでもなかった相手でも、意識せざるを得なくなってしまうでしょう。

こんなシチュエーションは勘違いの可能性大!

思わせぶりな行動全てに男性は意識を働かせているわけではありません。中には女性が想像をふくらませて勘違いしているケースも存在します。早まった対応をして失敗しないためにも、勘違いしやすい状況を把握しておきましょう。

たとえば、男性との物理的な距離が近い場合です。一般的に、男性は会話中、女性ほど相手との距離を縮めないといわれています。そのため、距離が近い男性は女性に好意を抱いていると解釈する人もいるでしょう。しかし、女性との接し方に慣れている人は距離を平気で近づけてくることもあります。また、会場がうるさくて耳を近づけたかっただけかもしれません。物理的距離だけでは心の距離を測れないのです。

日常的に目が合うのも勘違いの確率が高いシチュエーションです。仕事中や飲み会で特定の男性と目線が合うなら、ドキドキするのは当然でしょう。しかし、相手と目が合うのはあなたが「見られている」からではなく、あなたが「見ている」からともいえるのです。自分が気になっている男性をチラチラ見ているだけなのを「相手と目が合った」と勘違いしないようにしましょう。

性格や容姿を褒められたり、強く肯定の言葉をかけてもらえたりするのもうれしい出来事ですが、恋愛感情が介入しているとは限りません。正直に本音を口にできる男性は、褒め言葉もストレートにぶつけてきます。ただし、言葉以上の意味がないために深読みして「この人、私が好きなんだ」と思わないほうが無難です。

脈があるかは慎重に見極める

男性の思わせぶりな言動に振り回される女性は2種類います。まず、相手の言動を都合よく解釈し、先走ってしまう早とちりタイプです。たとえば、「君の今の髪型が好きだ」と言われただけでも「好き」という言葉だけを拡大させ、「私たちは両思いなんだ」とまで考え、男性に接してしまう女性です。もちろん、男性にはその気がないのでアプローチは上手くいきません。じっくり仲良くなれば可能性があった恋さえ、棒に振ってしまいます。

次に、自己評価が低く、男性の優しさを素直に受け入れられないタイプです。男性からすればはっきりとアプローチをかけているつもりでも、女性には劣等感のフィルターがかかっているので「私なんか好いてもらえるわけがない」とネガティブに解釈してしまいます。その結果、男性への期待とネガティブ思考がせめぎあい、相手の言動にまっすぐ反応できなくなるのです。

思わせぶりな男性の真意を見抜くためには、とにかく慎重になることです。楽観的にも悲観的にもならず、冷静に男性の言葉を受け止めましょう。そして、他の女性にも同じことをしていないか、ふだんの言動は信用できるかなどの色々なポイントから本気度を確かめます。そして、本気だと確信できた人だけに真面目な対応を見せるようにするのです。思わせぶりな言動にこめられた男性心理を理解できれば、傷つく恋愛をする確率は大幅に下がるでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係