読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 性格 > クセのある性格 > 嫉妬深いと嫌われるかも!ヤキモチ焼きの性格を改善する方法を教えます

嫉妬深いと嫌われるかも!ヤキモチ焼きの性格を改善する方法を教えます

嫉妬深いと嫌われるかも!ヤキモチ焼きの性格を改善する方法を教えます

彼氏がほかの女性と仲良くしていると、良い気分はしないという女性は多いでしょう。嫉妬の感情は多かれ少なかれほとんどの人にあるものなので、適度な嫉妬心を持つことは決して異常ではありません。しかし、度を越した嫉妬深さは相手も自分も息苦しくなるだけなので、できるだけ嫉妬しすぎないようにすることが大切です。嫉妬が原因で2人の仲が壊れてしまうこともあるので、そうならないようにする方法を詳しく解説していきます。

嫉妬深い人がやりがちな失敗とは

嫉妬という感情は同性に対しても異性に対しても起こり得るものですが、恋愛における嫉妬とはたいていの場合異性に向けて放たれるものです。恋愛からくる嫉妬心は「大切な人を失う恐怖心」が根元にあると考えられます。そのため、彼氏の帰りが遅かったり別の女性と仲良さそうにしていたりすると、恐怖心から彼氏の気をこちら側に向けるために感情的な行動をとってしまいがちです。しかし、彼氏を責め立てるようにして帰りが遅い理由を問い詰めたり、別の女性の連絡先を削除させたりといった行動は、恋愛においてはやってはいけないことといえます。このような行動をとることで、彼氏があなたのことを惚れ直すということはほとんどありえません。むしろ、相手はプライベートでの行動が制限されるため、窮屈な感じを受けてしまいます。また、彼氏のことが気になって突然家に押しかけたり、彼氏があなたの納得する形で愛情を示すまでずっと機嫌が悪かったりしているのも嫌われる原因です。嫉妬心からくる愛情表現を、受け取る側は愛情とは感じないことが多いため、嫉妬心が湧いてきても軽率な行動は控えるようにしてください。感情的すぎたり感情を抑えることができなかったりする女性を嫌がる男性も一定数いるため、嫉妬をストレートに表現していると彼氏があなたの元から離れてしまう可能性が高くなるでしょう。

嫉妬深いと嫌われるかも!ヤキモチ焼きの性格を改善する方法を教えます

嫉妬深いかどうかの線引きはあるの?

嫉妬は昇華のさせ方によっては自己を成長させるための良いきっかけにもなります。自分より能力が高い人に対して嫉妬してしまう場合は、ただ単に妬むのではなく、その人を超えられるよう努力するチャンスでもあるからです。このように、自分の感情を抑えられたり嫉妬心を別のものに昇華させたりできる場合は、一時嫉妬心を抱いたとしても嫉妬深い性格とはいえません。嫉妬深いというのは、嫉妬心を覚えたあと努力や改善を行わず、ただひたすらそのことを根に持っている人のことを指しています。嫉妬深い人とそうでない人の違いはまさにここであり、嫉妬してしまったあとどうするかがカギとなります。恋愛における嫉妬後の努力とは自分磨きに他なりません。彼氏が他の女性と仲よさそうにしているのなら、自分と一緒にいればもっと居心地が良くなるように努力をしてみてください。最近デートの回数が減ったと感じるなら、もっと彼氏があなたとデートをしたいと思えるように女子力を上げるのも良いでしょう。もちろん、自分を犠牲にしてまで尽くす必要はありませんが、彼氏が他の女性に目移りしてしまう原因の一端はあなたにあるかもしれないので、思い当たる節があればぜひ改善を試みてください。嫉妬心を消し去る1番の方法は、彼氏があなたのことを愛していると自覚することなので、まずは自分の気持ちから変えていきましょう。

嫉妬深い性格に悩んでいるなら…試してみたい改善法

嫉妬深い性格は多くの場合マイナスに働くため、できるだけ嫉妬しないように性格を改善することは重要です。嫉妬は相手を苦しめるだけではなく、自分自身も苦しめてしまいます。双方にとって良くない結果になることが多い感情なので、次に挙げる3つのことを心に留めて実践してみてください。1つ目は、すぐに感情的な言動を行わないことです。嫉妬は感情の一種なので、普段から感情的に生きている人はいざというときに感情のコントロールができにくいと考えられます。そのため、嫉妬したときも感情的な言動をとってしまいがちです。感情とは通常、言葉に置き換えにくいものですが、怒りや悲しみ、喜びなどを感じたときは日常的になぜそう感じたのか、何がそう感じさせるのかを分析し言葉にする訓練をしてみましょう。論理的に思考することで頭が冷えるため、感情的で突飛な言動を行うことが減ります。2つ目は、自分に自信を持つことです。嫉妬心は自信のなさの裏返しといえます。恋愛の場合、自分よりも他の女性の方が魅力的だと感じると嫉妬しやすくなるので、「彼氏は私を選んだ」という自信を持つことが大切です。心の不安を消し去ることで、嫉妬の呪縛から逃れられるでしょう。そして3つ目は、相手を信じることです。心配性の人は嫉妬しやすいと考えられます。心配性とは、言いかえると他人や自分を信じていないということであり、恋愛では彼氏のことを信用していないということとイコールになります。誰もがパートナーから信用されていないと知ると不快な気持ちになるものです。心配することは相手に対する侮蔑にもなるため、あなたが選んだ彼氏は浮気をしないと信じることで嫉妬しにくくなります。

彼氏が嫉妬深い!どうすればいいの?

自分は嫉妬深い性格ではなくても、彼氏が嫉妬深いということもあるでしょう。恋愛における男性の嫉妬は独占欲の裏返しであり、彼女を束縛する傾向に走りがちなのが特徴です。男性が恋愛で嫉妬に狂うと暴力的になる恐れもあるため、女性側でも嫉妬心を煽るような言動を極力避けることが重要となります。例えば、会話の中で彼氏が知らない男性の名前を出したり、元彼の話をしたりすることはやめましょう。また、男性芸能人や漫画の男性キャラクターを褒めるのも場合によっては行わないほうが良いかもしれません。特に、彼氏とは違うタイプの芸能人やキャラクターの場合、「俺は好みのタイプじゃないのか」と思わせてしまう可能性があります。嫉妬深い男性には、たかがテレビや漫画の話だといっても通用しません。自分の彼女がきれいになったりおしゃれをしたりするのは、普通なら男性にとってうれしいことですが、「他に男ができたんじゃないか」と疑う人も中にはいます。理不尽に思えるかもしれませんが、嫉妬深い男性に対してはなるべく波風を立てないように、「あなたのためにきれいになる努力をしている」と強調する必要があります。そのほかにも、彼氏を安心させるためにメールの返信は素早く行ったり、頻繁に相手を褒めたりすることも効果的でしょう。しかし、どんなに努力をしても彼氏の嫉妬深さが直らなかったり、嫉妬のたびに攻撃的になったりする場合は、自分を守るために別れを決断するのも1つの方法です。嫉妬について詳しくなって、ストレスの少ない恋愛をしていきましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係