読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 性格 > クセのある性格 > キザな男性ってどうなの?ロマンチックな恋に憧れる女性の心理は?

キザな男性ってどうなの?ロマンチックな恋に憧れる女性の心理は?

キザな男性ってどうなの?ロマンチックな恋に憧れる女性の心理は?

キザな男性はなんとなく苦手という女性がいる一方で、キザなところが好きという女性もいます。キザな男性が好きな女性の心理とはどのようなものでしょうか。また、キュンとするセリフや理想のデートについても気になります。そこで、キザな男性が好きな女性の心理について解説します。キザな男性に見られる行動や、アリと感じる胸キュンなデートについても考えてみたいと思います。これをきっかけに、キザな男性を見直してみてはどうでしょうか。

そもそもキザの定義とは?

そもそもキザとはどのようなタイプでどのような行動のことを言うのでしょうか。キザとは漢字で書くと「気障」という字をあてます。気取った言い方や態度のことで、気に障るという意味を含んでいます。そのため、あまり好意的な意味合いで使われる言葉ではありません。

キザとは男性に対して使う言葉です。一般的にはあまり言わないような大げさな表現で女性を褒めたり、ロマンチックなシチュエーションを好んだりする男性に対してキザという言い方をします。ナルシストと近いイメージを持っている人もいますが、厳密に言うと違います。キザはあくまで女性に対しての発言や行動のことです。ナルシストは自分のことが大好きな男性のことで、自己陶酔している人を指します。行動や発言というより自分の外見的な部分に陶酔している傾向があります。しかし、キザな上に自己愛であるナルシストな男性も存在していないわけではありません。自分の外見に酔い、さらに女性への大げさでロマンチック過ぎる言動が揃うと、さすがに引いてしまう女性は多いようです。

キザな男性の中には、キザな行動がギャグのようになると逆に好感を持たれるというケースも見られます。また、ほどよいキザならロマンチックでいいという女性も存在しています。キザとは、節度を考えて行動すれば女性の心を十分掴むことができると言えるでしょう。

キザな男性ってどうなの?ロマンチックな恋に憧れる女性の心理は?

キザな男性にありがちな行動とは?

キザな男性の多くは、チャンスさえあれば女性を褒めてくれます。そう書いてしまうと素敵な人という印象を持つかもしれません。しかし、そう思ってしまうのはやや間違いです。キザな男性が使う褒め言葉は大げさなものが多いという特徴があります。女性を花に例えるといったことは珍しくありません。例えば「君はバラのようだ」といった表現を平気で使います。花以外にもさまざまな美しいものや象徴的なものに女性を例えてきます。「太陽のような君にいつも照らされていたい」といった言い方もキザな男性にとっては普通のことです。

もちろん、言葉だけではありません。デートの待ち合わせには花束を抱えてさっそうと現れるということもします。誕生日や記念日でもないのに、彼女の好きなものを見つけると贈りたくなってしまうのはキザな男性の特徴ではないでしょうか。キザな男性は過剰と思えるような褒め言葉や行動は多いですが、全体的に女性に対してマメであると思います。大げさな言い方が苦手な人にとっては「気取ったイヤな人」と映るかもしれません。しかし、自分をオーバーなくらい褒めてくれることに喜びを感じる人にとっては嬉しい存在でもあります。そのため、はじめはキザが苦手と感じていた女性でも、キザな言葉や行動で口説かれているうちに好きになってしまうケースは珍しいことではありません。

ドラマみたい?キザ男子好きな女子の心理は?

それでは、キザな男性が好きという女性の心理に迫ってみましょう。単純にタイプというよりすでに気になっているという場合は、キザな男性の世界にハマってしまったことが考えられます。日常的にキザな言葉や行動で褒められているうちに、相手を恋愛の対象として意識してしまうケースです。もしかしたらはじめは「なんだかわざとらしい」「鼻につく」などと思っていたかもしれません。しかし、次第にキザな言葉がないと寂しいと感じてしまったら、完全にキザな男性の術にハマってしまったと言えるでしょう。

ただ、キザな男性の厄介なところは恋愛感情のない女性にも褒める人がいることです。身近にキザな男性がいて、日常的にロマンチック過ぎる言葉や態度をとってきたら、自分に対して恋愛感情を持っているのか社交辞令なのかを早めに見極めてください。

また、自分に向けられた言葉や態度ではなく他の女性に向けられたものでも、見ているだけでキザな男性が好きになってしまう女性もいます。その場合はもともとロマンチックな恋愛に憧れている人が多いようです。毎日のように愛情表現をしてくれるだけでなく、優しい言葉で褒めてくれることに喜びを感じるのでしょう。ドラマみたいな恋愛に憧れを抱いているのかもしれません。キザな男性が苦手な人もいますが、照れずに愛情表現をしてくれるのは幸せなことです。もしもアプローチされて気になり始めているのなら、彼の気持ちに応えてみるのもいいと思います。予想以上に素敵な恋愛ができるかもしれません。

胸キュン?こんなキザなデートはアリかも

キザな発言や行動は周囲の人は引くかもしれませんが、2人の世界でなら関係ないでしょう。思いきりロマンチックなデートを楽しんでしまえばいいのです。例えば、自分の誕生日に彼がホテルの部屋を予約してくれた場合なら、部屋中をバラで埋めてくれるなんてこともあります。乾杯したシャンパンのグラスの中にはプレゼントのリングが入っているかもしれません。そればかりか、迎えの車はリムジンも考えられます。食事の後はヘリをチャーターして夜景を見ながら甘い言葉をささやくキザな男性が隣に座っています。「君の瞳はどんな美しい夜景よりも輝いているよ」なんて言葉がデートの間ずっと聞けるでしょう。

または、こんなデートも考えられます。寒い冬の日に待ち合わせ場所で待っていると、少し遅れて彼がやってきます。本当なら怒りたいところですが、彼は後ろから抱きしめるように何かかけてくれます。それは前から欲しかったブランドのマフラーです。驚いていると「君に会えることを考えていたらドキドキして遅れてしまったんだ。ごめんね。大切な天使を待たせてしまったお詫びに君に似合うプレゼントを選んできたよ」というキザな彼に、きっとメロメロになってしまいます。

キザな男性とのデートは周囲には鼻につくかもしれませんが、彼の世界にハマってしまった女子にとっては幸せでロマンチックな恋愛と言えるでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係