読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 友情 > 男女の友情 > 男女の友情は永遠のテーマ!成立するケースについて考えてみよう

男女の友情は永遠のテーマ!成立するケースについて考えてみよう

男女の友情は永遠のテーマ!成立するケースについて考えてみよう

男女間での友情は成立するのかという問題は永遠のテーマと言っても過言ではないでしょう。成立すると考える人もいれば、無理という人もいます。男女間の友情についての考え方は、男性の場合と女性の場合では温度差があるかもしれません。ここでは成立する派と成立しない派の意見をそれぞれ紹介し、男女間の友情を維持する上で気をつけたいことについて解説します。大切にしたい男友達がすでにいる場合には、どんな付き合い方をすべきか考えてみましょう。

男女間の友情は成立する派の意見は?

男女間の友情は成立すると考えている男性に多いのが「彼女として付き合う女性と仲間として一緒に遊ぶ女性は別」という意見です。付き合う対象として好きになる女性は、一緒に暮らすことや将来結婚することまで視野に入れていることもあります。一緒にいて落ち着く相手であったり守ってあげたいと感じたりする女性が対象になりやすいといえます。一方、仲間として仲良くなる女性に求めるのは一緒にいて楽しい、気が合うといった意見が多くみられます。女友達は遊び仲間としては楽しいものの、2人で過ごすには落ち着いた女性がいいという意見もあります。

友情が成立すると考えている男性の多くは、女友達と2人で過ごすという概念がないのが特徴です。他の仲間を含めた複数人で遊ぶことを前提にしています。実際に女友達が何人かいる男性でも、2人で出かけたり食事したりといった機会は持たないようです。女友達に会うのは数人の仲間で遊ぶ場合に限定し、友達2人で出かける際は男同士という線引きをしている傾向はあるかもしれません。男女間の友情が成立すると考えている男性は、異性と同性では付き合い方を分けているといってもいいでしょう。あくまでも一線を超えないような心がまえはしているという印象を受けます。

男女の友情は永遠のテーマ!成立するケースについて考えてみよう

男女間での友情は成立しない派の意見とは?

一方、男女の友情が成立しないと考えている男性の場合は、成立する派とは違う目線で女友達を見ています。彼女ではないが、自分の好みの女性でなければ友達にはなれないという考え方です。つまり、基本的には恋愛感情を持つ可能性があるといえるでしょう。中には、好きにならないように気持ちをセーブしているという男性もいます。このように考えている男性の場合は、すでに友達になっている女性の中に恋愛感情を持っている人がいるのかもしれません。告白したら関係が壊れてしまうことを恐れて、気持ちを抑えているのではないでしょうか。また、成立しない派の男性の中には女友達と2人で行動する人も多く、場合によっては一線を超えてしまう可能性にも触れています。女性側にまったくその気がない場合は、男友達と2人きりになることは避けるべきかもしれません。もちろん、そうならないように気持ちを抑えている男性がほとんどです。

「友情は成立しない」と考えている男性の場合は、彼女候補のような感覚で女友達を見ている可能性も考えられます。2人でいることに照れが見られたり、2人というシチュエーションで誘ってくることが多かったりする男友達は女性として意識しているのではないでしょうか。もちろんすべての人に当てはまることではありませんが、異性を感じているから「友情は成立しない」と考えているのだと思います。

男女の友情を維持するために気をつけたいこと

男性の中でも意見が分かれていることに驚いてしまう女性は多いかもしれません。男性には「彼女と友達はまったく別のもの」という人と「友達でも異性として意識している」という2つのタイプがあることが分かります。男女間の友情を維持するには、自分の友達がこのどちらに属するのかをまず見極めることが必要といえるでしょう。

成立する派の「彼女と友達はまったく別のもの」というタイプの男性なら、特に注意することはないかもしれません。女性から好きになってしまったら別ですが、少なくとも男性から恋愛感情を持たれる可能性は低いからです。いつも複数人の仲間の1人として遊んでいるだけなら、そのまま楽しい仲間の1人として関係は維持できると思います。

しかし、考えなければいけないのは成立しない派の男性です。特に2人で出かける機会が多いなら、少し自粛した方がいいかもしれません。単純に同性と変わらないくらい意識していない可能性も考えられますが、感じ方には個人差があります。男性によっては、女性として好意を持っていて誘ってくることもあるかもしれません。異性として考えられない男友達と2人きりになる機会は、できるだけ避けるべきでしょう。もちろん、だからといっていきなりあからさまに避けるのはNGです。場合によってはせっかくの友情を壊してしまいます。以前に比べて誘いが頻繁になってきたようなら、2回に1回は断るか他の友達を交えていくなど工夫をしましょう。避けるということではありません。傷つけないように自然にすることが大切です。

彼ができたらときの男友達との付き合い方は?

彼ができたときは、実は一番男友達の気持ちが分かるときです。女性の場合は男友達との友情がこのまま続くと考えがちですが、離れてしまう男友達が出てきます。その場合は恋愛感情を抱いていた可能性があるので、そっとしておいてあげましょう。ただし、彼に気づかってくれているケースもあります。

彼ができたら、彼のためにも男友達を紹介しておくことをおすすめしますが、彼のタイプによって判断してください。嫉妬しやすい彼の場合は紹介しない方がいいかもしれません。実際には女友達と会っているのに余計な詮索をされてしまうこともあります。常に何人かの仲良しグループで集まっているような関係であれば、彼ができたことを話して友達は友達で大切にすべきです。2人で会うことが多かった男友達の場合は、少し距離を置く方が彼にとっても友達にとっても大切な気づかいではないでしょうか。

本当に良い男友達なら彼ができたことを喜び、その上で彼に気づかって誘いを遠慮してくれることはよくあります。男友達が気づかってくれているようなら無理にこちらから誘うことはせず、時々大勢で一緒に遊ぶ程度にとどめておきましょう。彼と友達の気が合い、仲良しになれるということも稀にみられます。男友達は2人で会っているか仲間で遊んでいるか、普段の遊び方でタイプが分かれます。彼ができたときには相手の反応をうかがい、それに応じて会い方を変えるなどして適度な距離感を保つことが、良い付き合い方ではないでしょうか。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係