読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 遠距離恋愛 > 遠距離恋愛 > 遠距離恋愛が長続きするカップルが大切にしていること

遠距離恋愛が長続きするカップルが大切にしていること

遠距離恋愛が長続きするカップルが大切にしていること

「遠距離恋愛」と聞くと、辛い、楽しくない、長続きしないなどの距離に対するマイナスなイメージがつきまといます。実際、遠距離恋愛は好きな人に会いたい時に会えないので、辛いことが多いのは事実です。しかし、距離が離れていても、ちょっとした心掛けや思いやり次第で大切な人との心の距離はぐっと近くなり、強固な関係性を保つことができるのです。そこで今回は、遠距離恋愛が長続きするカップルの特徴や大切にすべきことは何なのか、詳しくご紹介していきます。

遠距離恋愛では何を心掛ければ良い?

遠距離恋愛で大切にしたいことは、何と言ってもお互いへの「信頼」です。「信頼」は基本中の基本でありながら、関係性を保つ最大の理由になります。相手への信頼があれば、距離があっても自分に自信を持って生活できますし、遠距離恋愛を乗り越える強さに変わります。相手への信頼が持てず、浮気や今後のことを心配したり、いつも寂しい思いに駆られていたりすると、二人の関係性どころか自分自身の精神状態さえも苦しくなります。寂しいのは相手も同じですから、疑いをかけたり悲観したりせず、相手が「自分を信頼してくれている」と実感してくれるよう、離れていても信じる気持ちは忘れないでください。そして、あなた自身も恋人から信頼してもらえるような行動をとるよう心掛けましょう。「信頼」以外で大切なことは、一人の時間をできる限り楽しく過ごすことです。友達との外出や、趣味への没頭、料理教室等で他の人と交流するなど、楽しいことはたくさんあります。良い意味で恋人のことを忘れるくらいその時間を楽しむと心にゆとりが持てますし、そのエピソードを恋人に伝えて楽しさを共有することで、離れていても会話が弾みます。

遠距離恋愛が長続きするカップルが大切にしていること

遠距離恋愛では避けるべき行い

遠距離恋愛をする上で気を付けてほしいことが、勝手な憶測を相手に押し付けないことです。遠距離だと相手が今何をしているのか、どこにいるのか、誰と居るのかは連絡を取らなければ分かりません。そのため、不安な気持ちに駆られ、「私のこと本当に好き?」と何度も問い詰めたくなる時があるかと思いますが、これは基本的に逆効果です。マイナスな感情ばかりをぶつけていると相手は嫌気がさしてしまいますし、もっと明るい人と付き合いたいと思ってしまうかもしれません。相手の好意を確認するために聞いた質問が、二人の心の距離を離してしまう事態になれば本末転倒です。感情のままに相手を責めたり疑いを掛けたりすることはやめましょう。一旦冷静になり、気分転換を図ること、そして、自分のペースを押し付けないことが大切です。電話や返信の連絡をせがんだり、会う日程や場所を自分の希望通りにしたりすることは相手の負担になり、相手からは気持ちや状況を尊重されていないと思われてしまいます。そのため、それぞれの置かれた状況や生活スタイルを尊重し、意見が偏らないよう配慮しましょう。

遠距離恋愛では、連絡のルールを決めない方が効果的

電話以外の連絡手段だとメールやLINEが挙げられますが、会う頻度が少ない遠距離恋愛ではどのくらいの頻度で連絡を取るのが良いのか悩んでしまいます。だからこそ、どちらから連絡を取るか、1日当たりあるいは週当たり何回連絡を取ろうとルールを決めるカップルもいることでしょう。しかし、あえて連絡においてはルールを決めない方が、良好な関係を保つ上では効果的です。ルールを決めてしまうと最初は続いたとしても、段々面倒になったり義務感が生じてしまったりすることもあります。そうなると文章に感情を込めることができず、味気ない受け答えをしてケンカや気持ちのズレが起きます。お互い働いていると、忙しさや予定が異なりますので、決めた通りの頻度で連絡ができなかったり、連絡が来なかったりすることは往々にしてあるでしょう。そのため、メールやLINEのやり取りは、時間に余裕がある時あるいは気が向いた時に行う方が、お互いを締め付けず、心地良い距離感を維持できます。そして、内容も無理に面白い内容や楽しいものにする必要はありません。見たものや食べたもの、その日起きた出来事などを気軽にシェアする方がお互い新鮮で、「次は一緒に行こう」などと今後の予定も湧いてくるでしょう。

久し振りの再会は、とびきり楽しい時間に

遠距離のカップルにとって、再会ほど嬉しいことはありません。何を着ていくか、髪型はどうするか、女性側は特に準備に気合が入ります。久し振りに会うからこそ、前回よりも少し成長した自分を見せ、相手が「おっ!」と嬉しくなるよう自分磨きに力を注ぎましょう。そして、会えた時は相手の仕事や状況を労い、日頃の感謝を伝えることを忘れないでください。また、面と向かっては恥ずかしいかもしれませんが、相手への想いをしっかり伝え、お互いがお互いを必要としていることを再認識する会話も大切です。普段離れているからこそ、そうした会話が日々の原動力になったり、二人の関係に自信を持てるようになったりします。貴重な時間ですので、不満をぶつけることや、いじけて怒るようなことは避けましょう。久し振りの再会にあたっては、サプライズでプレゼントやお土産を渡すことも大変喜ばれると思います。仕事やプライベートで普段使いできるものや、部屋に飾っておけるアイテムは、相手を近くに感じることができるのでおススメです。

遠距離恋愛を乗り越えて結婚へ

一般的に、遠距離恋愛の末に結婚できたカップルはわずか2割と少ない数値です。しかし、遠距離恋愛のカップルの約半数が1年未満で破局していることから、残り8割においてはこれら1年未満のカップルが占める比率が一番高くなっています。そのため、1年以上の交際期間であれば結婚に至る可能性は高くなるということが分かります。ただ、4~5年以上といった長い交際期間になると結婚のタイミングを逃したり、お互いへの気持ちが薄れたりする場合もありますので、先延ばしは避けましょう。今の恋人との将来を決めている人は、相手を信じ、相手の生活スタイルや状況を尊重し、そして自分の時間を有意義に楽しむことができれば、きっと遠距離恋愛を乗り越えることができます。会えないことや頼りたい時に頼れないことは確かに辛いですが、長続きするための努力を怠らず、寂しさをカバーし合えるほどの強い信頼関係を築くことで、人生のパートナーとして共に歩んで行ける自信が生まれます。

遠距離恋愛は確かに簡単なものではありませんが、日々の心掛けと配慮を忘れなければ、距離に負けない最高のカップルになることでしょう。 ]

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係