読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 母性本能 > 母性本能 > 思わず胸キュン!母性本能をくすぐる男性の特徴とは?

思わず胸キュン!母性本能をくすぐる男性の特徴とは?

思わず胸キュン!母性本能をくすぐる男性の特徴とは?

しっかりしていて頼りがいのある男性は魅力的です。しかし、男性が時折見せる頼りない仕草や行動にも、「カワイイ!」「放っておけない!」と魅力を感じてしまう女性も多いでしょう。「頼もしい」や「カッコいい」とは違うのに胸キュンしてしまうのは、男性に母性本能をくすぐられているからです。そんな男性に思わず恋をしてしまう女性も少なくないはず。そこで、母性本能をくすぐる男性に共通する特徴と、なぜ魅力を感じてしまうのかを見ていきましょう。

母性本能とはいったい何なの?

「カワイイ!」「放っておけない!」と感じてしまう男性に、女性はなぜ母性本能をくすぐられるのでしょう。そもそも母性本能とはいったい何なのでしょうか。

生き物はみな自分の子孫を残す本能を持っています。その本能は自分自身の命を守ろうとする本能と同じく、とても強いものです。そして、この本能が母親によって子どもに向けられるとき、それを母性本能と呼びます。女性には母性がそなわっていて、子どもを目の前にすると自然に世話をしたくなったり保護してあげたくなったりするということです。

女性は自分の子どもに限らず弱いものをみると放っておけない傾向が強く、それも母性本能にもとづくものだと言われています。普段男性は女性よりも強いものだと考えている女性でも、男性のふとした仕草や行動から感じる弱さに「放っておけない」と感じることが多いのはこの母性本能のためなのです。

思わず胸キュン!母性本能をくすぐる男性の特徴とは?

子どもみたい!母性本能をくすぐる基本パターン

母性本能をくすぐる男性の特徴は子どもっぽさです。たとえば二人きりになったとき、子どものように甘えてくる仕草に嬉しくなってしまう女性は多いでしょう。また、ご飯を食べるときに無邪気に「おいしい!」といいながら頬張る姿を見て、思わず顔がほころばせている女性もいるはずです。時には「どうしても今会いたいよ」と駄々をこねる男性に困らされながらも憎めない可愛さを感じることもあるでしょう。こういった言動から感じる幼さに、思わず「守ってあげたい」と母性本能をくすぐられてしまうのです。

また、危なっかしい男性にも母性本能はくすぐられます。子どもを心配する母親のような気持ちです。女性は「どうしてそんな無茶するの!」と責めながらも実際には魅力を感じてしまいます。心配でヒヤヒヤしてしまう感覚が「自分がついていないとダメなんだ」と思わせ、その男性から目を離せなくなってしまうことにつながるのです。これも守ろうとする母性の働きです。

ただ、「子どもっぽい」のではなく本当に「子ども」そのもののような男性には、女性が恋愛感情を抱くことはあまり多くないでしょう。求めているのはやはり大人の男性だからです。大人の男性が「子どもっぽい」表情や仕草を見せるからこそ魅力的なのです。

ギャップにしびれる!母性本能を呼び覚ます意外性

普段は見せない意外な男性の姿を見たとき、女性が母性本能をくすぐられることも多々あります。普段はしっかりしていて周囲から頼もしく思われている男性が、二人きりの時に見せる弱気な姿をいとおしく感じてしまう女性は多いでしょう。また、あまり愛想が良くない少し怖そうなタイプの男性が、ふとした瞬間に子どものような笑顔を見せて惹きつけられてしまったという経験のある女性もいるはずです。完璧に見える男性の弱点や、強そうな男性の柔らかい側面を目にすることで嬉しくなってしまうのです。それはやはり、弱いものや可愛いものを守ろうとする母性の表れと言えるでしょう。

この場合に女性が惹きつけられる原因の大きな要素は、男性の見せるギャップです。自分の抱いていたイメージにはなかった意外な弱点や柔らかさを見つけることで、女性の心は揺さぶられます。いつもは助けなどいらないように見える男性を守ってあげられるのだと気づいて母性が刺激されるのです。特に、男性がそのギャップを見せるのは自分だけだと思うと女性は大きな喜びを感じます。また、「ほかの人に見せない笑顔をひとり占めしたい」という気持ちになることもあるでしょう。自分の母性だけが男性を守り、そのかわりに自分だけが可愛い姿をみることができるという感覚は、女性の恋愛感情を駆り立てることにもつながるのです。

まっすぐな明るさに感動!母性をくすぐる純粋さ

まっすぐな明るさも母性本能をくすぐります。何かに真剣に取り組んでいたり、ひたむきに努力を重ねていたりする男性の姿に、女性は思わず応援したくなってしまいます。その人の努力をサポートして何とか目標を達成させてあげたいと思うのです。この場合、精神的なサポートや身の回りの世話をしたいという形で母性本能があらわれます。また、自分の苦手なことをなんとかうまくやろうと努力している姿も母性をくすぐります。たとえば、男性が苦手な料理を一所懸命作っている姿は不器用であればあるほど可愛く見えるものです。それが女性のために作っている料理なら、なおさら愛しくみえることでしょう。これは苦手なことに不器用に取り組んでいる子どもを応援する母親の気持ちと通じます。さらに、無邪気な明るさにも女性は惹きつけられます。素直に「楽しい!」「嬉しい!」と感情を表現する純粋な子どものような笑顔は、女性自身を楽しく嬉しくさせるでしょう。子どもが素直に喜んでいる姿に母親が目を細めるように、男性の明るい表情に女性は母性をくすぐられるのです。

支えてあげたい!それが母性本能のはたらき

母性本能をくすぐる男性に共通していることは、いずれも女性が「支えてあげたい!」と思うような面を持っていることです。まっすぐな明るさに女性は素直な気持ちで応援したくなり、子どもっぽさは守りたいという思いにつながります。さらに、普段とはギャップのある可愛い笑顔や、二人きりのときにしか見せない甘えや弱さは、その男性に対して自分にしかできない役割があると女性に感じさせます。これらの「支えてあげたい!」と願う女性の気持ちは、母性と強く関係していると言えるでしょう。

このような気持ちをかき立てる男性は、意識的にこのような行動をしているわけではありません。意図的ではないからこそ、女性は母性本能をくすぐられるのです。時には子どもっぽい男性に困らされても、そんな男性を守って支えていきたいと感じる人は、母性本能の強い女性なのかもしれません。そんな女性は、母性本能をくすぐる男性にとってもきっと魅力的に感じられることでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係