読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 友情 > 友達から恋人 > 友達から恋人になるのはアリ?メリット・デメリットも解説

友達から恋人になるのはアリ?メリット・デメリットも解説

友達から恋人になるのはアリ?メリット・デメリットも解説

友達として見ていた男性に異性を感じてしまう瞬間はありませんか。友達という関係を崩すには勇気が要るものです。ダメだった場合のことなど心配する人も多いでしょう。実際に友達から恋人になることはアリなのでしょうか。そこで、友達から付き合いを始める場合のメリットとデメリットについて解説します。友達や家族など周囲との関係や影響なども交えて書いてみたいと思います。男友達が気になっている人は参考にしてみてください。

アリ!友達から恋人になるケースは珍しくない

結論から言うと、友達から恋人になるのは十分アリです。恋人にとどまらず結婚するケースも決して珍しいことではありません。同級生や幼なじみから恋人に発展して結婚まで進むというのは、アニメやドラマの話だけではないということです。そもそも友達になったきっかけを考えてみましょう。相性が良い、気が合う、趣味や好みが一緒など何らかの理由があります。つまり、男友達でいられる相手は一緒にいて心地よい相手ということです。

もちろん、友達から恋人になったという人や結婚したというカップルには相応のきっかけがあります。特に付き合いが長くなってしまうとなかなか異性として見ることができず、お互いの気持ちに気づきにくいかもしれません。しかし、何かのきっかけができると一気に恋愛の対象として気持ちが加速します。友達から恋人になったカップルの多くは、自分の気持ちに気づくための何らかのきっかけを経験しています。ずっと友達だった相手を異性として意識している自分に気づく瞬間は、ほとんどの人が戸惑うようです。

友達や幼なじみだった2人が恋人や夫婦へと変化する理由はそれぞれ違います。小さい頃から家族ぐるみで付き合いがある場合は、お互いの両親や兄弟のすすめで意識することもあるでしょう。同級生の場合は相手に恋人ができた時に自分の気持ちに気づくというケースも見られます。一旦自分の気持ちを認めてしまうと、理解しあえる最良の相手に変わります。

友達から恋人になるのはアリ?メリット・デメリットも解説

おすすめはいっぱい!友達から恋人になることのメリット

友達から恋人になったという人の多くはたくさんのメリットを感じています。そのひとつが安心感です。人柄を良く知っているので一緒にいて楽ですし、浮気しやすい相手かどうか判断しやすいのもメリットと言えるでしょう。家族同士が仲の良い幼なじみの場合は家族に紹介しやすい上に、結婚する場合も両親の了解を得やすいのもメリットです。

また、何人かの仲良しグループで交流していた場合には、友達に紹介するのが楽なだけでなく、みんなに喜んでもらえるケースが多く見られます。仲間内でも「あの2人いい感じなんじゃない?」と言われていた2人なら、結婚に進んでもさらに大きな祝福を受けるでしょう。生活圏がほぼ同じなので、付き合うようになって相手の好みに合わせるという窮屈さを感じないのもメリットのひとつです。

友達から恋人になると、好みや趣味に関しても摩擦が起こりにくいと言えます。男性の中には付き合ってから変わってしまう人もいます。しかし、友達として性格や人柄を知っているので、付き合ってから「あれ?こんな人だった?」というギャップが少ない傾向があるのです。家族や友人など周囲から反対されることがほとんどないため、自分の生活をほとんど変えることがありません。友達から恋人になるメリットは、とにかく楽の一言に尽きるのではないでしょうか。

でも実際は?友達から恋人になることのデメリット

友達から恋人に発展するのはメリットが多いという印象ですが、デメリットもあります。それは異性としてのドキドキ感に欠けてしまうことです。付き合い始めたばかりなのに、すでに何十年も連れ添った夫婦のような落ち着きに物足りなさを感じる人もいるでしょう。一緒にいて自然体なのは良いことですが、せっかく恋人ができたのにときめきがないことに不満を覚えてしまうかもしれません。しかし、一緒にいて楽、自然体で気を使わないということは贅沢なデメリットだとは思いませんか。

友達から恋人になる最も大きなデメリットと言えば、セックスに対して積極的になれないという面が考えられます。実際に友達から結婚に発展した夫婦の場合は、子どもを作る前からすでに家族という感覚が強くなってしまいがちです。セックスの対象として考えにくくなってしまうと、子どもを持ちたい場合はデメリットになります。こうして考えると「やはり友達から恋人になると異性として見ることは無理なの?」と考えてしまうかもしれません。しかし、それは違います。恋人関係になって一旦異性として意識するようになれば、嫉妬もしますしドキドキがまったくないわけではありません。相手が自分以外の異性と親しくしていても無関心という人は少ないでしょう。恋愛の相手という感情はしっかり持てるケースがほとんどです。

大事なのはきっかけ作り!男友達に意識させるには?

友達から恋人に進展させるきっかけで大切なのは、男友達に自分を異性として意識させることです。まず、見た目から変えてみるのもいいでしょう。あまりファッションに気を使っていない女性なら、女子力を上げることです。髪型を変えてみたり女子力の高い服装にしたり、方法はいろいろあります。メイクをしていなかったなら、メイクするだけでも変化に気づいてくれるはずです。恋の相談をするという人もいますが、やり方や相手の性格によっては逆効果になるのでおすすめできません。「きれいになったのは好きな人ができたから」と誤解されてしまいます。同じ相談をするなら、内容は仕事のことなどが無難でしょう。悩みがないのに無理に相談内容を作る必要はありませんが、弱い一面があるという意外性を見せると異性として意識する男性は多いものです。自分は頼られているという印象を与えてみましょう。悩みを相談する際のポイントは、「こんな弱い面があったんだ」「支えてあげたい」と相手に思わせることです。

相談を通して弱い一面を見せるのもひとつの手段ですが、それよりも女性としてきれいになることの方が異性として意識する可能性は高くなります。「最近きれいだな」と思ってくれるようになればまず成功です。友達から恋人になるのは自然体でいられる上に周囲とも良い関係が築けます。男友達を振り向かせるには、女子力を上げるなど異性として意識させることから始めてみましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係