読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 結婚 > 結婚の条件 > フリーター結婚は考えられる?男女別に抱えるハードルを分析

フリーター結婚は考えられる?男女別に抱えるハードルを分析

フリーター結婚は考えられる?男女別に抱えるハードルを分析

好きな仕事しかしたくなかったり、夢を追い続けたかったりする人はフリーターとしての人生を選ぶこともあります。しかし、フリーターでは自由と引きかえにさまざまな障害を抱えてしまいがちです。特に、結婚については安定した生活を計算できる正社員以上にハードルが高くなってしまいます。また、男女によって結婚後抱えるハードルの違いも見受けられます。ここでは、フリーターが結婚するうえでのハードルや、対策について解説していきましょう。

フリーター男性と結婚するハードルとは

フリーターは正社員とは違い、雇用の安定性が保証されていません。会社が人件費を削減したいと考えたときに解雇されるリスクが高いです。一家の大黒柱としての活躍を期待したい男性がアルバイト生活を続けているなら、女子は結婚をためらうのも仕方ありません。もちろん、全ての女子が裕福な生活を望んでいるわけではなく、収入が苦しくても自分が稼いでもいいと考える人もいます。また、生活が不安定でも好きな人と一緒にいられれば幸せだとする考え方もあるでしょう。

しかし、女性が正社員で男性がアルバイト生活を続けている状態は、じわじわとすれ違いを生み出します。女性が必死で働いているのに、男性がわずかな収入しか家に入れてくれないとなれば「男のくせに」「どうして私だけ」という不満が押し寄せてきます。ほかの家庭の男性とも比較せずにはいられないでしょう。家族のために毎日汗水たらして働いているよその旦那を見て、「うらやましい」と思うようになってしまいます。ふとしたきっかけで、「あの家の旦那さんは」と口にしてしまうと、夫婦間に亀裂が生じかねません。「男性がフリーター」という現実は、愛情だけでは乗り越えられない要素もあると覚悟しなければ、結婚生活は上手くいかないでしょう。収入や仕事は男性を選ぶ決定的な要因ではないにせよ、全く気にしないのも考えものだといえます。

フリーター結婚は考えられる?男女別に抱えるハードルを分析

フリーター女性が考える結婚のハードル

フリーター結婚で問題になるのは男性側だけではありません。フリーター女性もまた、結婚に大きなハードルを感じています。まず、アルバイトを続けている女性は理想的な男性と出会える環境と縁がなくなりがちです。周囲の人間もアルバイトの人たちで固まっていくので、安定した収入のある男性とはなかなか出会えません。たとえ出会えたとしてもコンプレックスを感じてしまい、アプローチまで踏み切れないパターンも見られます。

また、フリーターのまま結婚すると、生活の主導権を男性に握られてしまう可能性が高いです。貯金額が少なく、家に入れるお金もわずかな女性なら余計に男性の発言力に負けてしまいがちになるでしょう。結婚式にせよ、住居の選択にせよ、夫婦ともに「どちらがお金を出すのか」という考え方が根本にあります。直接口にはしなくても、男性の意見を優先して当然という空気が流れてしまいますし、反対できないまま受け入れるしかない女性はストレスをつのらせます。こうした日々の思いが、結婚生活で突然爆発しても不思議ではありません。

子供が生まれると夫婦の絆が強まり、関係が修復される可能性もあります。しかし、逆に夫婦の溝が決定的になるケースもあるでしょう。子どもの教育方針をめぐって行き違いになったときも「教育費は誰が払うのか」と男性に言われたら女性は反論が難しくなります。夫婦間の極端な収入格差は、高いほうも低いほうもフラストレーションをふくらませてしまう原因になりうるのです。

夫婦ともにフリーターで結婚するデメリットとは

フリーター同士の結婚でも当人が幸せならいいのかもしれません。しかし、現実問題として長く結婚生活を続けると収入と雇用形態は大きなハードルに変わるでしょう。たとえば、子供が生まれたとき、託児所代や診察費、ミルク代などは節約したくない支出です。また、フリーターには育児休暇制度は適用されない企業が圧倒的に多いです。子供ができても仕事を休むと収入がなくなるので、無理をして出勤しなくてはいけません。一番手がかかる幼児期に夫婦が両者とも仕事に出なければならないのなら、育児に大きな支障をきたしてしまうでしょう。

実家に頼れる夫婦なら、少しは生活が楽になります。しかし、フリーター同士の結婚は家族からも反対されやすく、関係性が悪化してしまうデメリットもありえなくはないのです。そうでなくても実家が遠く、支援を望めないようなら結婚生活には経済的な障害が連続します。

社会的信用が低いのもフリーターのデメリットです。高額ローンが組めないため、マイホームや家族が満足できるマイカーが購入できません。クレジットカードも契約できず、高い買い物が思うようにできない夫婦もいます。そのうえで家族が増えると、ますます日々のやりくりが難しくなるでしょう。

フリーター同士だと仕事の余裕がなく、夫婦間のコミュニケーションも減少していきます。「お金がなくても愛があれば」と思っていても、肝心の愛さえ弱まっていく恐れが出てくるのです。

正社員になるまで結婚を待つのもアリ

男女のどちらか、あるいは両方がフリーターでも結婚できないわけではありません。しかし、茨の道を歩む覚悟は必要でしょう。周りからしっかりと祝福され、長続きする結婚生活を送りたいなら、正社員になるまで結婚を待つのもアリです。

「夢が叶うまでは就職したくない」「嫌な仕事はしたくない」という人も中に入るでしょう。しかし、厳しい言い方をすれば、そんな考えが浮かぶ以上は結婚のタイミングにさしかかっていないのです。結婚とは夫婦で幸せな家庭を築き、守り抜く作業です。家庭を最優先に生きる決心がつかないうちは、結婚しても困難に突き当たるのが目に見えています。

心から相手と結婚したいと思うなら、収入面でも甲斐性を身につけようとするのが男性の自然な考え方でしょう。また、女性も少しでも家庭生活を支えるために、より収入が安定した仕事を探すのが珍しくありません。結婚する年齢は時代とともに高くなりつつあり、焦って結婚しなくても周囲が理解を示してくれるようになっています。ゆっくりと正社員として雇ってくれる仕事を見つけてから結婚しても遅くないでしょう。

結婚相手が正社員かフリーターかで、家族からの祝福も大きく変わってきます。今後、育児などのサポートを頼むうえでも家族との関係は良好に保ちたいところです。さまざまなメリットを考慮しても、フリーターから正社員に昇格してから結婚をする流れに損はないでしょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係