読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > LINE > LINE > 好きな人の心をつかむ!やりとりが続くLINEの恋愛テクニック

好きな人の心をつかむ!やりとりが続くLINEの恋愛テクニック

好きな人の心をつかむ!やりとりが続くLINEの恋愛テクニック

LINEは日常的に使用している人も多い、便利な連絡ツール。電話に比べると相手の時間を拘束しにくく、気軽に連絡を入れやすい点が魅力です。何気なく使用しているLINEも、好きな男性に送るときは、緊張してしまうという女性も多いのではないでしょうか。男性の心をくすぐるちょっとした工夫を盛り込むことで、LINEのやりとりをより楽しいものにできるはずです。ここでは好きな人の心をぐっと引き寄せるLINEの恋愛テクニックや、注意したいポイントをご紹介します。

好きな男性に送るLINEテクニック【1】内容・文面について

好きな人にLINEを送るときは、内容や文面を慎重に考えることがポイントです。内容は「相手が返答しやすいもの」を意識しましょう。「おなかが空いた」や「眠い」というような内容は、相手が「だから何?」とどんな返答をしたらいいのか困ってしまいます。相手の心をつかむには、楽しい話題を選ぶことが重要です。相手が思わず笑ってしまうような面白い話題を提供することで、好印象を与えられるでしょう。それから「今日こんなニュースがあったけど知っている?」というような、相手が「YES」か「NO」で答えやすい内容を送るのも良い方法です。LINEはつい感情のままに文章を送ってしまいがちです。しかし、自分だけではなく相手にとっても楽しい話題を選ぶことが、好印象につなげるコツです。それから、文面に「相手の名前を入れる」こともおすすめの恋愛テクニックです。人は名前を呼ばれると、無意識に反応してしまうもの。対面したときだけではなく、文面においてもその効果は絶大です。普段何気なく送っているあいさつにも、一工夫してみましょう。具体的には「おはよう」というあいさつをLINEで送るときに「○○くん、おはよう」と名前を入れるだけでOKです。このひと手間を加えるだけで、相手の興味をぐっと引きやすくなります。

好きな人の心をつかむ!やりとりが続くLINEの恋愛テクニック

好きな男性に送るLINEテクニック【2】スタンプの活用

文章でのやりとりは表情や声のトーンが伝わらないため、お互いの様子がわかりにくいという特徴があります。そのため言葉の選び方によっては、意味をはき違えて捉えられてしまうこともあるでしょう。意思の疎通をスムーズにするためには「スタンプで感情を表現する」方法がおすすめです。LINEでは多種多様なスタンプが販売されており、そのときの会話や雰囲気に合わせたものを使用できることが魅力です。文字だけでは伝わりにくいニュアンスも、笑顔や泣き顔といったスタンプを送ることで、感情を豊かに表現できます。特に好きな男性に送るスタンプは、かわいいデザインのものが良いでしょう。男性があまり使わないかわいいデザインを選ぶことで、女性らしさをアピールできます。なかでもハートは、男性をドキッとさせたいときに役立つスタンプです。会話を終えるとき、「また話そうね」という言葉の後に、ハートのスタンプを送るだけで男性の心をくすぐることができます。ハートのほかに、動物や花のデザインも女性らしさが伝わると男性に高い人気があります。2人だけの特別感を演出したいなら、相手の好きな芸能人やアニメのスタンプを送るのも良い方法です。男性は自分の趣味を覚えていてくれたことに、大きな喜びを感じるでしょう。それに好きなスタンプを送ることで相手のテンションが上がり、会話が弾みやすくなるかもしれません。

好きな男性に送るLINEテクニック【3】LINEを送るベストなタイミング

LINEはいつでも気軽に送れる点がメリットです。しかし、いつでも送れるとはいうものの、相手の気持ちをつかみやすいタイミングというものが存在します。LINEを送る効果的なタイミングは、ずばり「好きな人と会った直後」です。好きな人と会った直後は気持ちがいっぱいになり、そのまま相手を放置していませんか。会った直後に感謝のLINEを入れることで、あなたの存在をより強く意識させられます。男性は長文が苦手な人も多いので、内容をシンプルにまとめてメッセージを送りましょう。内容は「会えて楽しかった」という感謝の気持ちをメインに伝えると好印象につながります。それから「また会いたい」という内容を盛り込んでおくと、次の約束を取り付けやすくなります。男性は女性を誘うときに「断られたらどうしよう」と不安を感じやすいもの。また誘って欲しいと声をかけておき、男性が誘いやすい状態を作っておきましょう。また、相手からLINEのメッセージが届いたら「すぐに返事をする」ことも重要です。恋愛テクニックのなかには、あえて返事をじらすという方法があります。しかし、その方法は場合によっては「返事にルーズな人」という印象を与える恐れがあります。それに何日も返信をしないと「脈がないのかな」と恋愛対象から外されてしまう場合もあるので注意しましょう。送られてきたメッセージにすぐ反応を示すことで、相手に対する興味の強さをアピールできます。もしも返事が早すぎると驚かれてしまったら「ちょうどあなたのことを考えていたの」と返せば、思わず男性もキュンとしてしまうはずです。

好きな男性に送るLINEテクニック【4】避けるべきNG行動

LINEはうまく活用することで、相手との距離をぐんと縮めやすくなります。しかし、その一方で配慮に欠けたLINEを送ってしまうと、相手の気持ちを遠ざけてしまう原因につながるので注意が必要です。楽しいやりとりを行うためにも、NG行動をしっかり確認しておきましょう。まず注意しなければならないのが、「LINEを夜中に送る」というNG行動です。相手が寝ている時間にLINEを送ってしまうと、睡眠の妨げになってしまう可能性があります。もしも寝ていなかったとしても、就寝前はプライベートタイムとしてゆっくり1人の時間を満喫したい人も多いでしょう。気持ちを落ち着けて過ごしているときに、「ひまだからかまって」というような自分本位なメッセージを送りつけると、相手の気分を損ねてしまうかもしれません。夜遅い時間帯の連絡は緊急時にのみ行い、ダラダラと会話が長引かないように意識することが大切です。いつでも話せるような日常会話は、日中に楽しむようにしましょう。それから、もうひとつ注意しなければならないのが「返事を催促する」というNG行動です。自分からLINEを送るときは、時間に余裕があるときを選ぶという人は多いでしょう。しかし、LINEを送った相手が、必ずしも自分と同じように時間にゆとりがあるとは限りません。社会人になると仕事やプライベートの都合で、すぐに返信ができないケースはよくあることです。なかなか返信がこないと寂しいという気持ちは理解できますが、そこはぐっと気持ちをおさえて、相手のペースを尊重することが大切です。このときに「返事はまだ?」や「ちゃんとメッセージを読んだ?」というようなメッセージを送ってしまうと、相手に負担やプレッシャーを与えてしまいます。気持ちの良いやりとりを楽しむためにも、LINEは相手の都合を考えたうえで送ることが重要です。

LINEの恋愛テクニックを駆使して2人の関係を進展させよう!

会話はキャッチボールだと表現されることがありますが、それはLINEにおいても同じことです。どんなに面白いメッセージでも、相手が返答に困ってしまうような内容では、うまく会話が続かなくなってしまいます。LINEで2人の関係を進展させるには、紹介した恋愛テクニックを盛り込むのはもちろん、相手の気持ちや都合を尊重する意識を持つことが重要です。読んだ相手が笑顔になるようなメッセージを送って、2人の関係をより親密なものにしていきましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係