読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 好きなタイプ・嫌いなタイプ > 好きなタイプ > 好きなタイプを聞かれた時は恋のチャンス!相手に応じた理想的な回答とは?

好きなタイプを聞かれた時は恋のチャンス!相手に応じた理想的な回答とは?

好きなタイプを聞かれた時は恋のチャンス!相手に応じた理想的な回答とは?

男性は女性に対して「好きなタイプは?」といった問いかけをしてくる場合があります。何気ない質問ですが、安易に答えてしまうのは考えものです。その答えひとつで恋愛のチャンスが広がったり、狭くなったりする可能性があるからです。まず大事なのは、質問をしてきた男性が恋愛対象に含まれるか否かです。それによっても返す答えは変わってきます。そこで、相手に応じた質問の答え方や、これを言ってしまうと逆効果なNG回答などについて解説をしていきます。

なぜ男性は女性に好きな異性のタイプを聞くのか?可能性の高い3つのパターン

男性から好きなタイプの異性を尋ねられた場合、その男性があなたに好意を抱いている可能性は非常に高いと言えるでしょう。そもそも、興味がなければ、そんな質問は出てこないはずです。ただ、その好意にもレベルの違いがあり、それによって質問の意図も微妙に変わってきます。まず、相手の男性が明確にあなたを好きだと思っているケースです。その時はあなたの好みを聞き出し、その好みに自分を寄せていこうという意図があります。次に、明確に好きというわけではないものの、ちょっと関心がある程度の時は自分が相手のタイプに当てはまるかを確認するために質問をします。その結果、脈ありと判断すればさらなるアプローチをかけてきますが、自分とは合わないと感じた時はおそらくそれ以上踏み込むことはないでしょう。さらに、会話が途切れた時その場を盛り上げるために好きなタイプを尋ねるケースがあります。この手の話題は話を広げやすいので、話題に困った際には比較的よく使われます。そうした場合は、そこから恋愛に広がっていく可能性は低いと言えます。

好きなタイプを聞かれた時は恋のチャンス!相手に応じた理想的な回答とは?

多くの男性に共通する好きな女性のタイプとその本音を聞き出す方法

逆に、女性から好みの異性を問われた場合、多くの男性は「優しい人」とか「気遣いのできる人」といった無難な答えを口にします。しかし、本音は別のところにあります。大多数の男性は美人でスタイルのよい外見の優れた女性が好きなのです。もちろん、女性にもイケメンに対してうっとりするといった心理はあります。ただ、現実の恋愛では外見よりも価値観の合う人、尊敬できる人、一緒にいて落ち着ける人といった具合に、その内面を重視する傾向が強いと言えます。おそらく、女性は恋愛の先に結婚を見据えて現実的な判断をするケースが多いからでしょう。一方、男性が恋愛においてより重視するのは周囲からの評価です。「あんな美人と付き合えるなんてうらやましい」とまわりから思われたいのです。ちょうど、女性が服やアクセサリーで虚栄心を満たそうとするように、男性は恋人でそれを行おうとする傾向があります。もちろん、そんなことを堂々と言えば大抵の女性はドン引きしてしまうので、「好きな異性のタイプは?」という質問に対しては無難なものになってしまうというわけです。それでは男性の本音を聞き出すのにはどうすればよいかというと、好きな女性芸能人の名を挙げてもらうのもひとつの手です。直接的な質問よりも答えやすいので、本音が出る可能性があります。そして、その芸能人のどこが好きかを尋ねていけば、気になる男性の好みも次第に見えてくるでしょう。

好きな人に好みのタイプを聞かれた場合は遠まわしにアプローチすることが大切!

それでは、好きな男性から好きな異性のタイプを尋ねられた場合はどうすればよいのでしょうか。相手が自分に好意を持っていると確信しているのなら思い切って「あなたみたいな人」というのもよいでしょう。そうすれば、晴れて相思相愛の関係です。しかし、実際はそこまで確信がもてない場合が多いはず。そこで、次善の策として「読書好きな人」、「メガネをかけている人」、「スポーツの得意な人」といった具合に相手に当てはまる特徴を挙げていく手もあります。そうすれば相手も「自分のことを言っているのかも」と思い、アプローチがしやすくなります。また、「自分に正直な人が好き」といった答えも効果的です。この台詞には「無理して私の好みや都合に合わせなくてもよい」というニュアンスが含まれているため、束縛されるのが嫌いな男性にはぐっとくるものです。他には、好みのタイプを述べるという形を借りて、自分の特徴をアピールする方法もあります。例えば、スポーツ観戦の好きな人、お酒の飲める人などといった具合です。裏を返せば、これはスポーツ観戦やお酒が好きと言っているのと同じなので、相手の男性も次のアクションが取りやすくなります。

好きではない人に好みのタイプを聞かれた場合!好感度を下げない無難な回答を用意しておこう

好きでもない相手から好みの異性を尋ねられた場合、もし好意を寄せられているのならアタックされても困ってしまいます。しかし、だからといってわざと悪印象を与える答え方をするのはおすすめできません。その発言が好きな男性に伝わった時に、彼からの評価も落としてしまうことになりかねないからです。また、その時点では意中の相手がいなかったとしても、人の巡りあわせは意外なところからやってくるものです。その男性を通して素敵な出会いがある可能性を考慮すれば、なるべく当たり障りのない答えを述べるのが得策だと言えるでしょう。例えば、「一緒にいて楽しい人」や「価値観の合う人」などといった感じです。もし、「具体的には?」と突っ込まれた場合は実例として、男性から人気のある男性芸能人を挙げておくのが無難です。

好きなタイプを聞かれた時に避けたいNGの回答

好きなタイプを尋ねられた時は恋愛の可能性を広げるチャンスである反面、NGの回答をしてしまうとそのチャンスを一気に遠ざけてしまうことになります。例えば、「大手会社に勤めている人」などといった高望みな回答です。このように、相手に高いステータスを求める女性は大抵の男性から引かれるものです。仮に、意中の男性が大手の会社に勤めており、アピールのための発言だとしても「興味があるのは自分の肩書だけか」と誤解される危険性があります。同様に、「車を持っている人」といった答えもお金持ちが好きと言っているように聞こえかねないのであまり好ましくありません。また、「背が高い人」などのように、本人の努力でどうにもならない点をタイプとして述べてしまうと、恋愛の可能性を自ら狭めてしまいます。その上、背の低い男性がその場にいた場合は不用意に傷付けてしまい、無神経な女というレッテルを貼られかねません。さらに、最悪なのは自己中心的な回答です。「多少のわがままは笑って許してくれる人」、「私の愚痴を何時間でも聞いてくれる人」といった答えは、もはやタイプではなく付き合うための条件になっています。これでは聞いている男性はうんざりするばかりです。以上のように、好みのタイプを答える際はいかに男性の気持ちに寄り添えるかが重要になってきます。しかし、だからといって嘘をつけと言っているわけではありません。口から出まかせの耳当たりの良い回答をしても、そのメッキはすぐに剥がれてしまうでしょう。大事なのは自分の本心を偽らない範囲で相手の好感を得られる答えを探すことです。試行錯誤繰り返しながら自分に合った答え方を見つけ、恋の勝利者を目指していきましょう。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係