読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

コラム目次

目次

犬耳コラム > 恋愛 > 好きなタイプ・嫌いなタイプ > 好きなタイプ(男 > ダメンズとの恋愛で失敗しがちな女性必読!付き合う前に見抜く方法

ダメンズとの恋愛で失敗しがちな女性必読!付き合う前に見抜く方法

ダメンズとの恋愛で失敗しがちな女性必読!付き合う前に見抜く方法

「人としてダメ」と思わず言ってしまいたくなるほど、致命的な欠点がある男性を総じて「ダメンズ」と呼びます。本来なら彼氏にしたくないタイプの男性たちですが、どういうわけかダメンズにばかり引き寄せられてしまう女性も少なくありません。ダメンズとの恋愛では精神的にダメージを追いがちで、好ましくない結末が高確率で待ち受けています。ここでは、付き合う前にダメンズを見抜くために、ダメンズの特徴や注意点について解説します。

ダメンズによく見られる欠点いろいろ

ダメンズとは幅広く「ダメな男性」を意味する言葉なので、ありとあらゆる欠点を抱えた男性があてはまります。もちろん、誰にも欠点はつきものですが、彼女を不幸に巻き込んでしまうほどの突出した欠点を抱えている男性こそ、「ダメンズ」と呼ばれてしまうのです。

よくある欠点はお金に関する問題です。貯金の習慣がなく、稼いだお金を全部使ってしまう男性は立派な「ダメンズ」でしょう。それでも定職につき、安定した収入があるなら改善の余地もありますが、そもそも仕事を転々として貧乏なダメンズも少なくありません。遊ぶお金がままならないダメンズは彼女さえも金づるととらえ、お金をたかってくることもありえます。

浮気性もまた、ダメンズによく見られる欠点でしょう。ダメンズは1人の女性を幸せにするという発想に乏しく、欲望の赴くままに数々の女性と親密な関係を築きがちです。なかには出会い系サイトやSNSなどを使ってまで浮気相手を求める人もいます。浮気性のダメンズを彼氏にすると、女性は度重なる裏切りに苦しむことになります。

社会人としての能力が欠如しているのもダメンズの特徴です。会社でもやる気がないので出世の見込みが望めません。恋人ができても発奮することなく、楽をすることばかり考えています。また、デートの準備もまともにできず、上手にエスコートしてくれないので、彼女を常に苛立たせてしまうでしょう。

ダメンズとの恋愛で失敗しがちな女性必読!付き合う前に見抜く方法

ダメンズにハマりやすい女子の特徴

ダメンズにはまりがちな女性の特徴は、まず、母性本能が強すぎる性格です。基本的に女性には母性本能がそなわっているため、立場の弱い人間を見かけると「かわいそう」「守ってあげたい」という想いが働くことがあります。生活能力が低いダメンズはまさに、母性本能を刺激する存在だといえるでしょう。そして、母性本能を愛情と勘違いしているために、ダメンズの欠点を目にしても「愛嬌」と思い込んでしまうのです。

自己評価が低い女性もまた、ダメンズにハマる傾向があります。ルックスやステータスに自信のない女性は、社会人としてきちんとしている男性に対してコンプレックスを抱きがちです。ダメンズのほうが一緒にいて安心できますし、頼られることで自意識が満たされもするのです。また、「この人くらいしか私を相手にしてくれない」と思い込んでいるので、ダメンズから酷い仕打ちをされても別れようというなかなか発想が浮かびません。

視野の狭い女性もダメンズを恋人にしてしまいます。彼女たちは「顔がいい」「性格が面白い」など、一面的な部分しか見えていないので、欠点に気付かないままダメンズと交際し、後悔しがちです。また、他にも魅力的な男性がいるのに比較をせずダメンズを選んでしまうのも、視野が狭い女性ゆえの失敗だといえるでしょう。このタイプの女性にとって、付き合っている間はダメンズが理想の彼氏に見えていますが、別れてから思い返して愕然とするのです。

付き合う前に分かる!ダメンズのサイン

ダメンズと付き合って悔やまないためには、ダメンズのサインを見抜くことです。日常的な言動からダメンズは特徴的なサインを出しているので敏感に反応しましょう。まず、「お金がない」のは分かりやすいダメンズの特性です。もちろん、夢があって低収入の仕事をしたり、フリーターを続けたりしていてお金がない人はダメンズにあてはまりません。しかし、特に理由もなく金欠になりがちな男性はダメンズの可能性が大です。計画性がなく、刹那的に行動しやすいダメンズは金づかいが荒くなります。しっかりと仕事をしているはずなのに貯金がない男性は要注意だといえるでしょう。

一般的なマナーが身についていない人にもまた、ダメンズのサインが浮かんでいます。社会人になれば、ほとんどの人はマナーを学び、大人として成長していきます。しかし、向上心が弱いダメンズは大人らしい振る舞いを覚えようとしません。そのため、飲み会の席で目上の人に失礼を働いたり、女性への気づかいができなかったりします。「なんだか気がきかない人だな」と感じたら、ダメンズではないかと疑いましょう。

いろいろな意味での「ルーズさ」もダメンズに多い特徴です。ダメンズは周りのことを考えずに行動しているので、遅刻やルール違反を頻繁に犯します。また、ダメンズの服装が乱れがちなのも、世間の目を気にしていないからでしょう。デートに遅れて悪びれる様子がない男性はダメンズかもしれません。

ダメンズを避けるには第三者の意見をしっかり聞く

どんなに気をつけてもダメンズに引っかかってしまう女性は珍しくありません。むしろ、好きになっている最中は相手がダメンズだとすら思っていないケースも多いでしょう。恋愛の恐ろしいところで、一度好きになってしまうと情熱が冷めない限り、相手の欠点さえも魅力的に映ってしまいます。また、自分の想い人の言動を好意的にとらえようと思考が働くので、ますます欠点を見抜くフィルターが曇っていくのです。ダメンズを好きになった女性は、第三者の意見にも耳を貸さなくなります。確かに、自分の恋人を悪く言われていい気がしないのは当然でしょう。しかし、ダメンズから抜け出すために重要なのはまさに第三者からの冷静な言葉のです。

恋愛の渦中にいない友人や家族からは、ダメンズのありのままの姿が見えています。第三者は致命的な欠点を美化することも、嘘や誤魔化しを信用することもありません。ダメンズが好きな女性以上にダメンズを冷静に分析できているといえるでしょう。「ダメンズにハマりやすい」自覚がある人は、好きな男性ができた時点で第三者に相談するのがおすすめです。食事や飲み会で引き合わせてみるのも効果的でしょう。そして、第三者の言葉に反抗せず、まずは受け入れてみると男性の実態がつかめてきます。自分の恋愛傾向を振り返り、他人の意見を参考にできる冷静さを持てば、ダメンズとは距離を置けるようになります。

関連する記事
関連するコラム
カテゴリから探す
・恋愛
・人間関係