読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1000002
0
県民性のおもしろ大疑問
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
県民性の大いなる謎を解いてみんなを丸ハダカにする!──まえがきにかえて

『県民性のおもしろ大疑問』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 先日われわれ素朴な疑問探究会の例会は、いつにない盛り上がりをみせた。

 発端(ほったん)は、ギャンブル好きの群馬クンが、突然「県民性クイ〜ズ!」と叫んだことである。彼がスリーヒント方式で問題を出すから、その人物の出身県を当ててほしいという。これに、負けず嫌いな広島クンが「出してみんしゃい!」と応じて、クイズ大会はスタートした。

 群馬クンの出した第一ヒントは「日本一、草野球が好き」というもの。これには、大阪クンが「大阪やな、PLもあるし」と答えたが、ブーを食らった。

 第二ヒントは「海外旅行をあまりしない」。すると、長野さんが「北海道!」と答えて、やはりブー。いささか理屈っぽい長野さんは「でも、北海道は自然が多いし、あえて海外にいかなくても……」と理論的な反論をはじめたが、それを尻目に名古屋クンが「もっとヒントがもりゃあたあで」とゴネりだす始末。

 第三ヒントは「美人が多い」という決定的なものだった。これには、香川さんが、誰よりも早く「秋田県人」と即答した。答えはもちろん正解だったのだが、香川嫌いの高知クンから、「香川のモンは、やっぱりへらこいわ(抜け目がない)」と嫌味(いやみ)をいわれることになった。

 そして、第二問は「大きな商品が大好き」「女性からプロポーズすることが多い」「結婚式は会費制」というヒントが出たのだが、はたしてあなたはわかるだろうか? その答えは本文で紹介することにしよう。

 というわけで、このクイズ大会をきっかけにして、われわれは県民性についての研究に没頭することになった。その成果が、この『県民性のおもしろ大疑問』としてまとまったわけである。いうまでもなく、二一世紀の日本にも、さまざな県民性が残り、また、時代が進むにつれて、新たな県民性も生まれてきている。
「なぜ、男っぽい鹿児島県人がよく花を買う?」「なぜ、長野県人は、払わない人も多いNHKの受信料を、まじめに支払っている?」「なぜ、沖縄県人はよくビデオを借りるか?」など、不思議な県民性はなぜ生まれてきたのか、その理由を解きあかしたのが、この本だ。

 この本で、県民性の“(つう)”となって、どの県の出身者とも、お互いの理解やコミュニケーションをさらに深めていただければ、幸いです。

素朴な疑問探究会
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:944文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次