読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1000058
0
県民性のおもしろ大疑問
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【水戸】には不美人が多いと言われるがその真相は?

『県民性のおもしろ大疑問』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昔から、水戸、仙台、名古屋は、美人不毛地帯といわれている。

 誰がいつ、なぜそういいだしたかは不明だが、同時に昔から「なぜ、水戸に不美人が多いか」という理由も伝わってきている。それによると、殿様の意向で、水戸の美人が、すべて秋田へ移ってしまったからだという。

 江戸時代、茨城の佐竹藩が領地を秋田へ移された。そのとき、殿様が水戸中の美人を集め、秋田へ連れていってしまったという。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:275文字/本文:463文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次