読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1000112
0
県民性のおもしろ大疑問
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【和歌山県人】が敬語を使えない理由とは?

『県民性のおもしろ大疑問』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 温暖な和歌山県で育った人たちは、性格的に温厚で、おだやかな人が多い。意識調査をすると、「生活の苦労がなければ、働きたくない」という人が全国でいちばん多く、じつにのんびりしている。

 ところが、話してみると、ぞんざいなイメージが残る。これは、べつに性格の問題ではなく、和歌山県人が敬語やていねい語が下手だからである。

 その証拠に、長くつきあってみると、言葉づかいとちがって、物腰のやわらかい、義理がたい人が多いと、評判は悪くない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:257文字/本文:471文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次