読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1000116
0
県民性のおもしろ大疑問
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【福島県】の県民性が三つに分かれているワケとは?

『県民性のおもしろ大疑問』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 福島県には、三つの県民性があるといわれる。「浜通り」とよばれる太平洋側の地域、会津(あいづ)市を中心とした地域、そして福島市を中心とした「中通り」とよばれる地域では、それぞれキャラクターがかなりちがうのだ。

 もともと、この三つの地域は、明治維新直後は別々の県で、後に三県合併したという経緯がある。意識調査によると、福島県人自身も、七四%の人がいまでも「ちがいがある」と答えている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:434文字/本文:625文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次