読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1000256
0
茂太さんの死への準備
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎ 民族で異なる「死後の世界」

『茂太さんの死への準備』
[著]斎藤茂太 [発行]二見書房


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 さて、キリスト教では、あの世をどう考えているのか。天国にしろ地獄にしろ、その具体的かつ詳しい記述となると、私の知るかぎり、聖書には見当たらないように思う。後世の人たちにイメージを植えつけたのは、聖書そのものより、画家や文学者たちであったろう。わけても天国のほうは「神さまや天使たちがいる空の高み」として、あまたの画家たちによって描かれている。空だから、彼らは雲に乗って、光をいっぱいに受けて輝いているのだ。

 地獄となれば、これは中世イタリアの詩人ダンテの『神曲』が、その記述の最たるものではないだろうか。博覧強記の彼がイメージを駆使して描いた地獄は、不思議なことに『往生要集』とかなり似ている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1427文字/本文:1725文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次