読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1000276
0
よい言葉は心のサプリメント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■あなたの人生は誰のものでもない、あなたが決めるしかない

『よい言葉は心のサプリメント』
[著]斎藤茂太 [発行]二見書房


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


平常心(びょうじょうしん)をもって一切(いっさい)の事をなす人、
これを名人というなり。
柳生宗矩(やぎゅうむねのり))/安土桃山、江戸初期の剣術家)

 世の中の人は、私のことを、よほどのんびりした人間と見ているフシがある。そう思われるのは、どうやら私の名前も一役買っていそうだ。私の名はサイトウシゲタ。モタではない。しかし父が歌人の茂吉なので、茂太もシゲタではなくモタと呼ばれることが多い。

 この「モタ」という名と、昨今の私の風貌から、なんとはなしに、モタモタとゆっくり、のんびり、という印象が生まれるらしい。これは、ありがたい誤解というものだ。

 私の家族をはじめ、身近にいる人なら誰も、私をいつも、ゆったりと構えた精神的にもゆとりある人間などとは思っていない。実際、かなり気は短いし、なにごとをするのにも、むしろせわしないほうである。

 患者を相手にする医師などというものは、そうそうのんびりしていてはつとまる仕事ではない。雑用も多いし、事務的な処理もいろいろこなさなければならない。それに、いまはかなり減ったが、いろんな会の役職にあって、そちらにもたびたび顔を出さなくてはいけない。だからといって、好きな旅行もやめるわけにもいかない。

 こんな環境で生きてきたからこそ、急いでもどうにもならないことも痛感してきた。あわてればあわてるだけよくない結果を招く、ということを知らされてきた。

 少なくとも、患者や人前では、なるべくあくせくするのはやめよう、のんびり構えるポーズをつけよう、と心してきた。

 忙しさにも限界がある。もうダメだ、これ以上は続けられないな、と思ったら、ひるむことはない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5918文字/本文:6610文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次