読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1000279
0
よい言葉は心のサプリメント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■医者や薬には頼ることができない自分の健康

『よい言葉は心のサプリメント』
[著]斎藤茂太 [発行]二見書房


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


食は生の根源にしてはじめなり。
まじめな人ほど食卓を大切に考えるものである。
(「論語」より)

 私はできるだけ食事はひとりでしないようにしている。家で食べるときは妻にそばにいてもらうし、外食するときは妻を同伴するか、気の合う、心おきなく話し合える友人たちと食事することにしている。それが、いちばんおいしいからだ。

 私は幸いに、何にでも首を突っこみたくなる性格だ。食べ物も、誰かがこれがおいしいといえば、必ず自分で試してみたくなる。また、どこどこのレストランがおいしかったなんていわれると、どうしてもそこへ行ってみたくなるのだ。

 私の健康管理は、すべてそういうところから始まる。

 適度に運動することがいいといえば、テニスにゴルフにとチャレンジする。食事も、あれがいいこれがいいといわれれば、なるほどと家庭で試してみたくなる。それで、やっぱりダメかとわかればそこでやめればいいし、なるほどなかなか効果があると思えば、そのまま続ければいいのだ。

 食事をおいしくいただくためには、まず当たり前のようだが、お腹がすいていることが第一条件である。なんだ、当たり前じゃない、という人がいると思うが、この当たり前のことができない人がいるのだ。たとえば、
「あまりお腹がすいていないが、朝だから朝食を食べよう」
「お昼のチャイムが鳴ったから、仕方がないけど昼食を食べようか」

 などといいながら食べはじめる人がいる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5044文字/本文:5638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次