読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1000290
0
よい言葉は心のサプリメント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■コツコツとゆっくり、決してあわてない

『よい言葉は心のサプリメント』
[著]斎藤茂太 [発行]二見書房


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


私の会う人たちの多くは、ある点で私に勝っている。
その点において、私はその人から学ぶところがある。
(エマーソン/アメリカの詩人)

 他人から評価されたり頼りにされたりすると、誰でも悪い気はしないものだ。逆に、社会から自分は評価されていない、頼りにされていない、どうでもいい人間だと感じたとき、当然に不平不満が強くなり、落ちこむことになる。

 こういったとき問題なのは、自分が自分をどう評価しているかである。したがって、自分の現在の実力や姿をある程度客観的に評価できるかどうか、これがポイントになる。

 誰でも若いうちは自己評価が高すぎるものだ。そのため、人の自分への評価が低いと感じると、どうしてもそれが不平不満となって現われる。

 もちろん、そのためになんとか認めてもらおうと努力して、向上しようとするエネルギー源にもなるから、いちがいに否定はできないが、あまりに自分自身を信じすぎて、会社や他人様(ひとさま)の評価を全面的に否定するだけでは、やはり問題は解決しないだろう。

 それには実際、本当に自分が自分の考えているような力を持っているのかどうか自分を見つめ直してみる。要するに潜在的能力など、人は誰も認めてはくれないのだ。

 自分には人にはないこんな才能があると思っていても、人にその能力を認められていないと思っている人がいたならば、それはもっと自分を磨く努力が必要になってくるのかもしれない。

 たとえば、本当にやりたいことがあれば、いろいろと勉強してみるとか、ことあるごとにそれを人やもしくは会社にアピールしてみるとか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5199文字/本文:5857文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次