読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1000617
0
警察の表と裏99の謎
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
 30 取り締まりや検挙に「ノルマ」はあるのか?

『警察の表と裏99の謎』
[著]北芝健 [発行]二見書房


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 警察に「ノルマ」があるかどうかは、よく議論されるところだ。
「ノルマ稼ぎの取り締まりをしやがって……」

 違反者は腹いせに、こうののしる。

 交通違反に限らず「検挙率」という言葉が警察にはある。銃の摘発、飲酒運転、駐車違反などの交通違反、暴行事件、違法物品売買などの検挙で犯人逮捕が多いほど、その警察署の検挙率が高いということになる。

 ただし、検挙率は、犯罪の「認知件数」に対して「検挙件数」がどれほどあったかを表わすもので、認知件数を100として検挙件数が100件なら、単純計算では検挙率100パーセントということになる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:855文字/本文:1115文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次