読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1000628
0
警察の表と裏99の謎
2
0
2
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
 41 どんな猛者警察官も「公安」に入ると、「マイルド」になる理由は?

『警察の表と裏99の謎』
[著]北芝健 [発行]二見書房


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ



 こわもての暴力団を威圧するほど迫力をもつ「組織犯罪対策第四課」の刑事は、ときにはガチンコでヤクザと対立の構図を描くこともある。交番勤務の警察官でも、荒っぽい性格の持ち主もいる。しかし、そんな猛者警察官でも、「公安」に抜擢されたとたんに、おとなしくなる。些細なことでは「実力行使」をしなくなるものだ。

 その理由は、推薦を受けて訓練を受け、公安に配属されることはエリートコースだからだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:280文字/本文:472文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次