読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1000632
0
警察の表と裏99の謎
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
 45 ときに「警察官」と「検察官」が対立するのは、なぜか?

『警察の表と裏99の謎』
[著]北芝健 [発行]二見書房


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 読者は、警察と検察は共同歩調をとって被疑者を追い詰めていく、と想像しがちだろう。たしかに、ある事件が起これば警察は捜査を行ない、犯人を検挙して検察が基礎や控訴して刑事裁判が行なわれる。この流れのなかに、実は警察と検察官との「微妙な関係」が存在するのだ。

 検察官は、大きく検事と副検事に分かれる。検事は司法試験に合格し、司法研修を受けた者がなり、副検事は公務員として警察官などを経験し、法務省の選考に合格した者がなる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:983文字/本文:1192文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次