読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001595
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆美しくて不思議な環八雲 その実態はゲリラ豪雨を生む悪玉

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

暑い夏の日、環八通りの上空を道路に沿って連なるように浮かぶ雲の群れ。この環八雲が、実は恐ろしい存在だった。

キーワード…環八雲、大気汚染の象徴、ゲリラ豪雨

環八雲は汚染物質の塊か?

 都道311号線環状八号線、通称「環八通り」。この上空に連なるように発生する「環八雲」がアマチュア気象学者によって発見されたのは1969年のことだった。

 環八上空は自動車の排気ガスによる汚染物質が多く存在し、慢性的な渋滞も加わってヒートアイランド現象が加速された状態となっている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:326文字/本文:554文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次