読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001612
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆明日起こるかもしれない被害額25兆円の「東京大洪水」

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

全国の1級河川のなかで、最も人口密度が高い荒川が決壊。
首都崩壊を仮想したシミュレーションが語る衝撃の事実とは。

キーワード…建設省、荒川洪水氾濫シミュレーション『東京大洪水』、被害総額25兆円

建設省の恐るべきシミュレーション

 建設省(現在の国土交通省)関東地方建設局の荒川下流工事事務所が1999年に荒川が決壊した場合の想定ビデオを作成している。題して荒川洪水氾濫シミュレーション『東京大洪水』。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:620文字/本文:817文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次